WordPressのバックアッププラグイン【BackWPup】の設定方法

今回は実際にプラグイン「BackWPup」をインストールしてバックアップの設定をしていきます。

前回の記事でWordPressのバックアップの基本的な部分について紹介しました。このプラグインで復元に必要な「データベース」と「関連ファイル」両方のバックアップが可能です。基礎的な部分やメリット、機能については前回の記事を先に読んでおいて下さいね。
【重要】WordPressバックアップの方法と種類

スポンサーリンク

「BackWPup」のインストールと有効化

まずはこのプラグインをインストールしておきましょう。WordPressの管理画面から「プラグイン」⇒「新規追加」と進み、検索窓に「BackWPup」と入力して検索します。「BackWPup Free – WordPress Backup Plugin」というのが表示されますので、これをインストールします。

バックアップ-1

インストールできたら「有効化」をクリックして有効化しておきます。

バックアップ-2

これで有効化はOKです。

ロリポップPHPのバージョンを確認する

このまま「BackWPup」の設定をして実際にバックアップをとるのですが、PHPのバージョンによってはエラーが出て上手くバックアップができません。

このブログを読んでいる方のほとんどがロリポップを使っていると思いますので、先にロリポップのPHPのバージョンを確認、変更しておく必要があります。ロリポップにログインしてユーザー専用ページに移動し、左側のメニューから「Webツール」⇒「PHP設定」をクリックします。

バックアップ-28

「phpバージョン」という部分があり、自分のドメインの右にphpのバージョンが表示されていると思います。このphpのバージョンが「5.4以上」でないとバックアップをとった時にエラーがでます。

これが「5.3」となっている場合は「5.4」に切り替えて「変更」をクリックします。これでphpのバージョン設定は完了ですが、反映されるまでに10分程度かかりますので、その間に「BackWPup」の設定をしてしまいましょう。

ちなみにエックスサーバーではそのままのPHPバージョンのままでもなぜかOKでした

それから念のため、このPHPバージョン変更後にサイトがきちんと表示されるか、プラグインはきちんと機能しているか確認しておくといいでしょう。

「BackWPup」の設定方法

BackWPupの最初の設定は項目が多いのでやや面倒ですが、初期状態のままでいい部分が多いので意外と簡単です。インストールして有効化した時点ではまだ設定がされてませんので、早速設定をして行きます。

WordPressの管理画面のメニューに「BackWPup」が追加されているのを確認して下さい。

バックアップ-3

この「BackWPup」にカーソルを合わせるとサブメニューが開きますのでその中から新規ジョブを「追加」をクリックします。何をバックアップするのか?という事(仕事の内容)を設定していく訳です。

ドロップボックス-7

一般設定

最初に「一般」というタブになっていると思いますがここで大まかなバックアップの設定をします。

最初にあるのが「このジョブの名前」という項目です。バックアップの仕事に名前を付ける事ができます。後で変更もできますし、特に思いつかない場合は初期状態のままでもOKです。

ドロップボックス-8

次の項目に「ジョブタスク」というのがあります。ここでバックアップするものを選択する事ができます。

この最初の2つ「データベースのバックアップ」「ファイルのバックアップ」はバックアップには必須です。前回の記事でも説明した「データベース」と「関連ファイル」がこの項目です。上の2つは必ずチェックをいれます。私は一応残りの項目もすべてチェックをいれてます。

ドロップボックス-9

「アーカイブ名(Archive name)」でバックアップする時のファイル名を設定できますが、私は初期状態のままにしてます。それから形式はメジャーな「Zip」を選択しています。

バックアップ-7

次の項目で「ジョブの伝送先」というのがあります。どこにバックアップしたファイルを保存するか?という設定です。

ほとんどの方は「DropBox」に保存すると思います。外部に保存しておく事でパソコンが壊れた場合でも安心です。そのため「DropBoxにバックアップ」を選択します。ドロップボックスを使った事がない方も後でインストールができますのでこのまま進んでもOKです。

ドロップボックス-10

次に「ログファイル」という項目がありますがこれは初期状態のままでもメールアドレスが入力されていると思います。アドレスが入力されていれば変更はしなくてOkです。「エラー」という項目はバックアップに失敗した時にメールでお知らせという機能です。

ドロップボックス-11

ここまでできたら「変更を保存」をクリックして変更を保存します。これで「一般設定」は完了です。

Schedule(スケジュール)設定

続きましてバックアップのスケジュールの設定をしていきます。何曜日の何時に自動でバックアップするという設定ができます。一番上にある「スケジュール」のタブをクリックします。

ドロップボックス-12

「ジョブの開始方法」という項目があるので上から2番目の「WordPressのcron」にチェックを入れます。これが自動でバックアップする設定になります。

ドロップボックス-13

この項目にチェックを入れるとその下にタイムスケジュールが表示されます。「スケジューラタイプ」は初期状態のまま「基本」でOKです。

ドロップボックス-14

その下にバックアップを毎日するか毎週するか毎月するかという設定があります。これは任意で選択。

私は今の所「毎週」を選択し毎週日曜日にバックアップをとるようにしてます(毎日ブログを更新するわけではないので)。

「日曜日」の右に「3」という数字がありますが、これは毎週日曜の朝3時にバックアップしますという設定です。

ドロップボックス-15

これでSchedule(スケジュール)設定は完了ですので、「変更を保存」をクリックして変更を保存します。

DB バックアップ(データベースバックアップ)設定

また一番上のタブから今度は「DB バックアップ(データベースバックアップ)」をクリックします。

ドロップボックス-16

ここでデータベースのどの情報をバックアップするかという設定をする事ができます。ここの項目は初期状態でOKですが、一応確認しておきましょう。

「バックアップするテーブル」で「すべて」をクリックしてすべての項目にチェックが入っている事を確認。

ドロップボックス-17

後の項目は初期状態のままで特に変更は必要ありませんので、「変更を保存」を保存。

ファイル(バックアップファイル)設定

次にバックアップファイルの設定に移ります。一番上のタブから「ファイル」を選択します。

ドロップボックス-18

ここではバックアップする「ファイル」を選択する事ができます。最初にも書いたようにWordPressの復旧には「データベース」と「関連ファイル」のバックアップが必要です。

このうち「関連ファイル」というのがこの項目です。まずは各項目の先頭のチェックボックスにチェックが入っていることを確認します。

ドロップボックス-19

その各項目の下に「除外」という項目がありますが、「除外」の項目に並んでいるチェックボックスにチェックを入れるとその項目はバックアップされません。そのため、「除外」部分のチェックは外しておきます。

ドロップボックス-20

本当はバックアップする項目が多すぎるとバックアップに時間がかかり、時間切れ(タイムアウト)でバックアップができない(エラーがでる)場合もあります。

なので不必要なファイルは除外する方がいいのですが、バックアップに必要なファイルと不必要なファイルは初心者には判断が難しいと思いますので、とりあえず分からない物はバックアップしておけばいいと思います。

つまり各項目の先頭だけチェックを入れて「除外」部分のチェックは外す。これでひとまず全部バックアップするという事になりますよね。

もちろんバックアップしなくていいものがあれば「除外」の各項目にチェックを入れてもいいです。例えば使っていないテーマフォルダとか、プラグインとか。

また、キャッシュ系のプラグインに関しては復元する時に邪魔になる場合もあるので、キャッシュ系のプラグインは除外しておいても良いと思います。

後は初期状態のままでいいので「変更を保存」をクリックして変更を保存。ここまでで一応重要なバックアップの設定はほとんど終了です。一番上のタブにまだ設定してない「XML エクスポート」と「プラグイン」などのタブがありますね。

ドロップボックス-21

この部分は初期状態のままで問題ありませんので最後にバックアップを保存するDropBoxの設定をして完了になります。

To: Dropbox(ドロップボックスの設定)

バックアップの設定はできたのでバックアップファイルを保存するドロップボックスの設定をしていきます。一番上のタブから「宛先:Dropbox」をクリックします。

ドロップボックス-22

「DropBox」を使った事がない方は無料で使えますのでここからアカウント作成、インストールが可能です。その場合は「アカウントを作成」をクリックしてアカウント作成をして下さい。

ドロップボックス-1

アカウントを作成する画面になるので必要項目を入力してアカウント作成。

ドロップボックス-2

後は指示に従ってインストールをしましょう。

ドロップボックス-3

既にアカウントを持っている方は「Dropboxのアプリへのアクセス」という部分の右の「DropBoxのアプリ認証コードを取得」をクリックしてログインします。

ドロップボックス-2

ログインしたらこのような画面になるので「許可」をクリック。

ドロップボックス-3

すると認証コードが表示されますので、これをコピーします。

ドロップボックス-4

この認証コードをコピーしたら再度WordPress側に戻って「Dropboxのアプリへのアクセス」の部分にこの認証コードを入力します。

ドロップボックス-5

認証コードを貼り付けたらそのまま下にスクロールしてバックアップのファイルを入れる「フォルダ名(半角英数字)+ スラッシュ(/)」と何個のバックアップファイルを残すか決めます。

私はシンプルなフォルダ名を付け10個のファイルを残すように設定してます。後は「変更を保存」をクリックして変更を保存。

ドロップボックス-6

これでDropBoxとの認証ができるはずですが、もし認証が上手くできない場合には再度DropBoxのアプリ認証コードを入力して変更を保存して下さい。

実際にバックアップをしてみる

すべての設定が終わったら実際にバックアップしてみます。最初に変更したphpのバージョンの反映に10分ほどかかりますので、コーヒーでも飲みながらしばらく待ってからやってみた方がいいと思います。WordPressの管理画面のメニューから「BackWPup」にカーソルを合わせるとサブメニューが開きますのでその中から「jobs」をクリックします。

バックアップ-30

ここに先ほど設定した名前の「job(ジョブ)」があるのでこれにカーソルを合わせると「Run now(今すぐ実行)」をクリックします。ちなみに隣にある「Edit(編集)」で先ほどの設定の編集ができます。「Run now(今すぐ実行)」をクリックするとバックアップがスタートします。

バックアップ-31

上と下の両方が100%になれば完了です。一応DropBoxの中身を確認しておきましょう。

バックアップ-32

バックアップ中に「Warning」か「Error」が出る場合があります。「Warning」が表示された場合でもバックアップは出来ている場合がほとんどです。一応警告というだけなんで。

ただし「Error」がでた場合はバックアップが上手く機能してませんので、原因を探す必要があります。

これはそれぞれ使用している環境やブログの容量によって違うのでこれはGoogle検索でエラーの一文を検索して解決策を探す必要があります。また、「Warning」も無くしたいという方は同じように内容を検索して解決策を探してみるといいでしょう。

環境によってそれぞれ警告内容も解決策も違ってくるので。

ちなみに最初PHPのバージョンを変更しましたよね、これを5.4以上に変更してないと次のようなエラーが表示されます。

  • ERROR: No MySQLi extension found. Please install it.
  • ERROR: Step aborted: too many attempts!

以上バックアッププラグインの紹介でした。

WordPressの始め方
サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

おすすめの無料セミナー

これまでお金に関する勉強をした事がない方は稼ぐサイト作りの前にお金に関する無料セミナーに参加してみて下さい。お金をためたり増やしたりするためにお金の知識があるとかなり有利。考え方の土台になる部分ですからね。

「1万円から始められる節約の方法」「お金に働いてもらう方法」「収入の2割を自動的に貯める方法」など、お金に関する基本的な知識が学べる2時間の無料のセミナーが毎日のように行われてますので、一度参加してみる事をおすすめします。

これまで全くお金の勉強していない方であればお金の知識を身につける事で考え方が大きく変化するはずです。無料の2時間程度のセミナーですが、内容は濃いのでおすすめです。
お金に関する教養無料セミナー

WordPressのバックアッププラグイン【BackWPup】の設定方法”に73件のコメントがあります。

※入院生活から復活しました!!またできるだけ返信しますのでよろしくお願いします(^^)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. 乃風

    FTPから消すのですね。なるほどぉ~~~~と思い、妙に感動してしまいました。(^^♪
    早速、FTPに行ってきました。全てが上手くいきました。本当にありがとうございました。

    消除出来ないプラグインは、大体不具合を起こすのですね。だから消除する時も心配なのですね。知りませんでした。「WP Super Cache」はずっと眠っていたので、気になってはいましたが。

    ともあれ、なんかうれしいです。ありがとうございました。

  2. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    返信ありがとうございます。削除できないプラグインはだいたい不具合を起こす事が多いです。なので、削除する時の不具合も心配なんですが、バックアップは取ってあると思いますので、FTPから消すのを試してみても良いかもしれません。「wp-content」⇒「plugins」と進み「WP Super Cache」のファイルを削除する形です。

  3. 乃風

    いつもありがとうございます。

    消除した方がいいのですね。わかりました。早速、全部(4つ)消除したのですが、「WP Super Cache」だけが消除出来ませんでした。何度か繰り返したのですが、結果は同じでした。これはどうしたらいいでしょうか?

  4. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    返信ありがとうございます。普段使わないプラグインは停止したまま残すのではなくて、削除しておく方がいいです。最近のバックアップは取っていると思いますので、プラグインは削除しても良いと思います。

  5. 乃風

    いつもありがとうございます、しげぞうさん。

    不具合が出るのを使うのは危険なのですね。そうでしたか。

    今しがた、「Autoptimize」を停止した時の表示スピードと「CSSコードの最適化」のチェックを外した時の差を調べてみたら、なんとPCもモバイルはたったの1しか変わらなかったんです。だったら尚更、そのプラグインは停止しておこうと思いました。

    様子を見て、上手く起動することもあるのですね。

    ずっと停止しておいて、その後、「Autoptimize」の更新が来たら、更新しておけばいいのでしょうか?

  6. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    返信ありがとうございます。ホントは不具合が出るプラグインは避けた方が無難です。私なら不具合のでるプラグインは使いません。確かに表示速度は大事なんですが、不具合がでるのは非常に怖いです。今くらいの表示速度であれば大きな影響はないと思われますので、プラグインは外してしばらく様子を見てみると良いかもしれません。

  7. 乃風

    あれから、何度もキャッシュを消除したのですが、やはり結果は同じで、壁紙は表示されませんでした。

    「CSSコードの最適化」にチェックを入れた時と、入れない時で、その表示スピードを計ってみたのですが、モバイルが10(83→73)も落ちてしまいました。PCはわずか4(90→86)落ちるだけですので、あまり変わらない感じがしますが。

    「Autoptimize」を停止して、消除して、それで新たに再インストールしても、結果は同じなのでしょうか?

    あるいは、「CSSコードの最適化」にチェックを入れておいて、表示されなくなった壁紙を再度入れなおす・・・ということは出来るのでしょうか?

    しげぞうさんのおっしゃる通りで、私も「CSSコードの最適化」にチェックを入れておきたいところだと思いました。

  8. 乃風

    まだ起きてらしたのですね。いつもありがとうございます。プラグインなどの更新時が一番ドキドキしますね。

    キャッシュをクリアした後で、再度挑戦ですね。繰り返して、復活することがあるのですね。そうでしたかぁ~・・・。じゃ、今後、もう少し続けてみます。

    あ、それと、今ふと思い出したのですが、ブラウザー(IE11)の方も、閲覧履歴の消除、やってみます。これは関係ないかな・・・。

  9. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    返信ありがとうございます。「Autoptimize」は他のプラグインや環境での相性みたいな物があると思います。できればCSSコードの最適化はチェックを入れたい所なので、キャッシュをクリアした後で再度挑戦してみて下さい。それでもだめならHTML コードを最適化だけでもOKです。

  10. 乃風

    こんばんは、しげぞうさん。

    ドロップボックスの方は全て解決しました。ありがとうございました。
    それと、背景画面も、たった今、復活しました。

    あれからログアウトし、時間を置いてからログインしてみたのですが、やはり結果は同じで、背景画面が表示されませんでした。

    それで、試しに「CSS オプション CSS コードを最適化」のチェックを外して、「変更を保存」をクリックし、その後、「変更を保存してキャッシュを消除」をクリックしました。そしたら、なんと、背景画面が復活しました。

    現在、「Autoptimize」の設定画面で、チェックマークが入っているのは、一番上の「HTML オプション HTML コードを最適化」だけですが、これでも大丈夫なのでしょうか?

  11. 乃風

    早々のお返事をありがとうございました。

    ドロップボックスの件ですが、この際だからゴミ箱も空にしちゃえ・・・と思い、カチャカチャと操作したら、「消除中」という表示と、その直ぐ上に数秒「消除終了」というのが表示されました。でも、「消除中」は出っ放しです。また後で見に行ってみます。でも、なんか大丈夫そうなので、安心しました。

    教えていただいた通りに、「Autoptimize」を有効化して、「JavaScript コードの最適化」という部分のチェックは既に外れていましたが、それで「保存」→「キャッシュ消除」をクリックしました。その後、表に行って見てきたのですが、背景画面は表示されませんでした。反映されるまで時間がかかるのかな・・・。一旦ログアウトして、もう少ししてから再度ログインしてみますね。また来ます。

  12. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    返信ありがとうございます。前回も書いたようにバックアップファイルは1つでもかなりの容量がありますので、削除するのにも少し時間がかかるかもしれませんね。

    それから「Autoptimize」は再度有効化して下さい。有効化したら「Autoptimizeの設定」画面を開いて、「JavaScript コードの最適化」という部分のチェックを外す(すでにはずしてあればそのまま)で一番下の「変更を保存してキャッシュを削除」というボタンをクリックして下さい。このキャッシュをクリアしたら症状は治るかと思います。

  13. 乃風

    背景画面が表示されなくなった原因、わかりました。「Autoptimize」だけが問題でした。とりあえず。今、停止した状態ですが、今後どうしたらいいのでしょうか?

    重複している可能性もあるかもしれない・・・と思って、現在停止しているプラグインが3つあるのですが、それを除いて、全てのプラグインを1つ1つ停止させて、確認していったのですが、やはり上記のプラグインだけが問題でした。

    それと、ドロップボックス、今、消除しているのですが、ずっと「消除中」が出っ放しで、なんか妙に長いんです。なんか変です。