リンク切れをお知らせしてくれるプラグイン【Broken Link Checker】

WordPressで記事を作成していくと過去の記事にリンクを貼ったり、外部のサイトにリンクを貼ったり、画像を貼ったりしますよね。

でも時間が経過するとリンク先のページが削除されてしまっていたりして、リンク切れになってしまう事も多いです。自分で毎日確認する訳にも行きませんのでプラグインで対応しましょう。

スポンサーリンク
アフィリエイトBパートナー募集

「Broken Link Checker」の特徴

このプラグインはリンク切れをお知らせしてくれるプラグインです。自分では気づかないリンク切れをすぐに見つける事ができるので、非常に便利です。

また、リンク切れのまま放置する事はサイトの評価が落ちてしまう事もあるので対処が必要です。このBroken Link Checkerをインストールして設定さえしておけば普通のリンクはもちろん「YouTube」等の埋め込み動画、貼り付けた画像も対象にする事ができます。

「Broken Link Checker」のインストールと設定

まずはWordPressの管理画面から「プラグイン」⇒「新規追加」と進み、検索窓に「Broken Link Checker」と入力して検索し、「今すぐインストール」をクリックします。

リンクチェック-1

インストールできたら有効化しておいて下さい。

「Broken Link Checker」の設定方法

プラグインの有効化ができたら設定をしていくのですが、ほとんど初期状態のままでもOkです。一応中身を確認しておきましょう。WordPressの管理画面の「設定」の中に「Broken Link Checker」という項目が増えていますのでこれをクリックします。

リンクチェック-2

最初に「一般設定」を確認します。上にあるタブで「一般」を選択。

リンクチェック-3

ここは初期設定のままでも十分です。「Notification e-mail address」というのがリンク切れがあった時にお知らせを通知するメールアドレスです。

これは空欄になってますが、WordPressの一般設定で入力したメールアドレスに通知が行きます。それ以外のメールアドレスに通知したい場合はそのメールアドレスを入力して下さい。後の項目は初期設定のままでいいです。

リンクチェック-4

リンクエラーにカスタムCSSを適用するにチェックが入っている場合、リンク切れのハイパーリンクですよのような感じで打ち消し線で教えてくれますのでチェックを入れておくと良いでしょう。(デフォルトでは入っています)

次に「リンクチェック対象」というタブをクリックしてみます。

リンクチェック-5

リンクチェックの対象を選択できますが、これも初期状態のままでOk。任意で変更してもいいでしょう。

次に「リンク種類チェック対象」というタブをクリックして対象のリンクの種類を選択します。

リンクチェック-6

私の場合はYouTubeやその他動画の埋め込み等は使わないので初期設定のままにしてます。ここも自分のサイトに合わせてチェックを入れて変更してみて下さい。続きまして「プロトコル&API」のタブ。

リンクチェック-7

APIを使用してリンクをしている場合には該当するチェックボックスにチェックをいれましょう。以上が大まかな設定です。これで設定したリンクのリンク切れをチェックする事ができます。

リンク切れがあった時の対処

わざとリンク切れのリンクを貼ってみたところ、しばらくしてリンクエラー発生しました。WordPressのダッシュボードをクリックするとこのように表示されてました。

リンクチェック-8

「リンクエラーを発見しました」をクリックするとこのような画面になります。

リンクチェック-9

ここで、リンク切れに対処する事ができます。

URLを編集:編集して正しいURLに書きかえることができます
リンク解除:リンクを外します
リンクエラーでない:一時的にサーバーがダウンしていたなどの理由で探知された場合にクリックします
Dismiss:リンク切れでも気にせずそのままにします

普通はリンク切れのURLを編集して書き換えると思いますのでその場合は「URLを編集」をクリックして正しいURLに書き換えて下さいね。

WordPressの始め方
サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

おすすめの無料セミナー

これまでお金に関する勉強をした事がない方は稼ぐサイト作りの前にお金に関する無料セミナーに参加してみて下さい。お金をためたり増やしたりするためにお金の知識があるとかなり有利。考え方の土台になる部分ですからね。

「1万円から始められる節約の方法」「お金に働いてもらう方法」「収入の2割を自動的に貯める方法」など、お金に関する基本的な知識が学べる2時間の無料のセミナーが毎日のように行われてますので、一度参加してみる事をおすすめします。

これまで全くお金の勉強していない方であればお金の知識を身につける事で考え方が大きく変化するはずです。無料の2時間程度のセミナーですが、内容は濃いのでおすすめです。
お金に関する教養無料セミナー

リンク切れをお知らせしてくれるプラグイン【Broken Link Checker】”に10件のコメントがあります。

※入院生活から復活しました!!またできるだけ返信しますのでよろしくお願いします(^^)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. Nokaze

    クリック先がリンク切れになっているのですね。そういう場合、商品画像自体が真っ白に表示されるのかと思っておりました(今までがそうだったので)。ASPとそのASP内のどこのお店なのかはわかっているのですが、ただどの商品のことなのかがわからないんですね、そのURLを追跡しても表示されないので。

    わかりました。とにかくもう一度確認してみます。ありがとうございました。

  2. しげぞう 投稿作成者

    Nokaze様

    コメントありがとうございます。画像広告(バナー)がリンク切れになっているという事はおそらくバナーをクリックした先がリンク切れになってます。画像自体は普通に表示されていてもクリックした時の飛び先がリンク切れになっているパターンだと思いますので、広告の案件が終了していないか確認が必要かと思います。

    また、終了の案件でなければASPへの問合せですね。

  3. Nokaze

    いつもお世話になっております。

    リンクエラーが出たので、自分のサイト内で画像広告を確認したのですが、画像広告は普通に表示されていました。こういう場合も、リンク切れでないと判断してよろしいのでしょうか?

  4. 乃風

    しげぞうさん、実は私もそう思い、直ぐにメールを確認したのですが、今回は広告主から連絡がなかったんです。終了プログラムの方も、事前に確認したのですが、なかったんです。

    問題のその広告はフルーツのケーキだったのですが、国産のフルーツを使っており、もうシーズンが終わったから、今年の販売はとりあえずもう終わり・・・ということなのかな・・・と思い、結局、全く別のお店から別の商品で代用しました。しばらくしたら、そのエラーマークが消えてくれたので、よかったと思いました。

    お忙しいところ、ありがとうございました。

  5. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    コメントありがとうございます。通常掲載している広告というのは各ASPで提携するわけですが、ASPに登録しているメールアドレスに提携している広告主からのお知らせ(報酬の変更やプラグラムの終了など)が届くはずです。なので、ASPに登録しているメールから確認できますし、ASPによっては管理画面で「終了プログラム」という項目があり、そこに記載されているかと思いますので、一度確認してみると良いと思います。

    ポールシフト情報もありがとうございます。チェックしておきますね。

  6. 乃風

    あ、そうそうしげぞうさん・・・。明日、少しずつですが、ポールシフトが起こるみたいです。詳しくはツイッターの方に書いておいたので、見てくださいね。(^^♪

  7. 乃風

    いつもお世話になっております。乃風です。リンクエラーの対処方法です。今回、リンクエラーが2つ発生して、既にその2つの広告を消去したのですが、今後のために教えていただけると、ありがたいです。

    1つの記事に対して、2つか、3つの広告を載せているのですが、今回の場合、表から見て、普通に広告が表示されていたので、どの広告がリンク切れなのかわからず、各広告主のお店に行ったら、これまであった商品が表示されていなかったので、「どうもこれだぞ!」とわかったんです。確認方法はこれしかないのでしょうか?

  8. 乃風

    高度な設定などは特に必要ないのですね。分かりました。よし、これで今日はもっと先に進めます。なんか元気が出てきました。いつもありがとうございます。では行ってきます。

  9. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    コメントありがとうございます。基本的な設定で後は初期状態のままでOKです。高度な設定などは特に必要ないかと思いますので、そのまま続けて見てください。また何かあればコメント下さい。今後もよろしくお願いします。

  10. 乃風

    いつもお世話になっております。

    「Broken Link Checkerのオプション」という画面で、一般→リンクチェック対象→リンク種類チェック対象→プロトコル&API→「高度な設定」という手順で設定していったのですが、一番最後の「高度な設定」のところは、しげぞうさんの記事では説明が省かれていましたが、ここは初期設定のままでよろしいのでしょうか?