ブログの表示スピードを調べる方法

WordPressは非常に多機能で自由度が高いのですが、多機能な分ブログの表示は重くなっていきます。特にプラグインが増えてくると余計に色々なCSSファイルやjavascript等が挿入されますので重く遅くなってしまう原因になります。

しかしながら工夫次第でWordPressの高速化をする事もできますのでこれからその方法について色々書きたいと思います。

訪問者の方は自分の知りたい情報を検索して来てくれる訳ですが、サイトの表示に時間がかかってしまうと数秒で閉じてしまいます。これは明らかにチャンスロスですし、表示速度というのは検索順位にも影響してくると言われている部分です。

スポンサーリンク

サイトの表示速度を調べる方法

まず2つのチェックサイトがありますのでそれぞれ自分のサイトのURLもしくは個別のページのURLを入れて調べてみましょう。1つ目はサイトの表示にかかる時間を計測してくれる「GTmetrix」というサイトです。
GTmetrix

page-speed-1

URLを入力して「GO」をクリックすると表示速度が計測できます。

page-speed-2

現在「5.6秒」のようです。対策をすれば1秒台か2秒台くらいには行けそうです。それでも何もしていない時は10秒以上かかっておりました。

まずはこれを何度か計測してみて大体の平均時間をメモしておいて下さい。1つ1つ対策していけばどんどん表示速度は上がるはずです。

続いてページの表示速度を邪魔している物を調べるのが2番目のサイト「PageSpeed Insights」です。
PageSpeed Insights

page-speed-3

ここも同じようにURLを入力して「分析」をクリック。

page-speed-4

モバイルとPCのタブで成績を見る事ができます。ここも工夫次第で90点前後にはなると思います。

詳細をクリックしてみると、このサイトではレンダリングブロックつまり、サイトの読み込みを邪魔している部分を指摘してくれますのでその原因を解消する事で得点を上げる(表示速度の改善)をする事ができます。

ps-1

このように表示されます。これはサイトの「head」部分にこれだけのCSSやJavaScriptの記述があるという事です。

プラグインを多数利用していると自動的にプラグインのCSSやJavaScriptが「head」部分に追加されていきます。それらが読み込みを邪魔しているという訳です。

その他ページの表示速度を上げる為の対策を指摘してくれます。詳しくはこれから対策をして行きますのでそれを読み進めると理解できるようになるでしょう。

とりあえずこの2つのサイトを利用して表示速度とそれを邪魔している要素を把握しておきましょう。難しい言葉が出てきて意味が分からないと思いますが、これから1つ1つ対策をしながら解説していこうと思います。

サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

おすすめの無料セミナー

これまでお金に関する勉強をした事がない方は稼ぐサイト作りの前にお金に関する無料セミナーに参加してみて下さい。お金をためたり増やしたりするためにお金の知識があるとかなり有利。考え方の土台になる部分ですからね。

「1万円から始められる節約の方法」「お金に働いてもらう方法」「収入の2割を自動的に貯める方法」など、お金に関する基本的な知識が学べる2時間の無料のセミナーが毎日のように行われてますので、一度参加してみる事をおすすめします。

これまで全くお金の勉強していない方であればお金の知識を身につける事で考え方が大きく変化するはずです。無料の2時間程度のセミナーですが、内容は濃いのでおすすめです。
お金に関する教養無料セミナー

ブログの表示スピードを調べる方法”に4件のコメントがあります。

※入院生活から復活しました!!またできるだけ返信しますのでよろしくお願いします(^^)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. 乃風

    ここのサイト内で見たそのプラグインは、よく似た別のプラグインでした。

    早速、「Unveil Lazy Load」を入れて、有効化してみました。なんか、一気にスピードが上がりましたよ。驚きました! ただその後、「PageSpeed Insights」で調べたのですが、数値がわずか2だけ上がって、「60/100」と表示され、依然として「修正が必要!」と表示されました。なんだかよくわかりません。これはこれでいいのでしょうか?

    今後は、今のこの状態で今までと同じ方法で広告画像を載せても問題ない・・・ということなのでしょうか?

    ともあれ、表示スピードが上がって、なんかちょっとうれしいです。ありがとうございました。

  2. 乃風

    しげぞうさん、早々のお返事をありがとうござました。「EWWW Image Optimizer」は、当初から使っています。・・・となると、「Unveil Lazy Load」ですね。分かりました、やってみます。既にその記事はここサイトでざっと見たのですが、やはりあれでよかったのですね。「プラグイン同士の相性ってあるのかなぁ~・・・」と思い、戸惑ったんです。とにかくやってみます。ありがとうございました。再計測したら、また来ますね。

  3. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    コメントありがとうございます。画像の圧縮で言うと「EWWW Image Optimizer」というプラグインで圧縮できますが、使ってますか?

    また、使っているのであれば「Unveil Lazy Load」というプラグインも入れてみて下さい。こちらは有効化するだけでOkです。画面に表示してない画像の読み込みを遅らせるプラグインで高速化に貢献すると思います。

    とりあえずこれを試して再計測してみて下さい。また、コメントの返信は週明けになるかもしれません。すみませんがよろしくお願いします。

  4. 乃風

    しげぞうさん、いつもお世話になっております。今回、A8の広告を載せたら、やけに重くなってしまいました。(>_<)。「PageSpeed Insights」で調べたところ、PC表示スピードが「58/100」です。「画像に適切なフォーマットと圧縮を選ぶことで、データ サイズを大きく削減できます。次の画像(4つ)を最適化すると、サイズを 471.3 KB(83%)削減できます。」と表示されました。そして、「gzip や deflate を使用してリソースを圧縮することで、ネットワークで送信されるバイト数を減らすことができます。」とも表示されました。

    データーを削減圧縮し、高速化をする一番の方法とその手順を教えていただけないでしょうか。

    ちなみに、あの「靴」の広告と、下の方にある「スイーツ」の広告画像は、各企業先のオリジナルの広告ではなく、私が気に入った画像を各会社のURL内から(正当に)選んで、私のサイドバーに載せた画像広告です。あれこれと考えて、操作し、そして今日も日が暮れそうです。しげぞうさんに聞いた方が速いと思い、また今日もここに来ました。よろしくお願いします。