インデックス数を増やすためにできる5つの対策

今回は検索エンジンのインデックスについて解説しておきます。GoogleやYahoo!の検索結果に自分のブログや記事を表示させるにはインデックスされる必要があります。自分の記事を検索エンジンに認識してもらって登録してもらうというイメージです。

これは非常に重要なのインデックスの意味も含めて1つ1つ説明していきます。

スポンサーリンク

インデックス数とは?

Googleは、「クローラー」というプログラムを用いて、世界中のサイトのページ情報を取得し、そのページ情報を、Googleのデータベースへ登録(インデックス)しているので、通常は普通に記事を書いたり、更新していれば自然にインデックスされます。

当然インデックスされていないページは検索結果には出てきません。

インデックス数に関しては増えたり減ったりと増減を繰り返しながら少しずつ増えるというパターンが多いですが、記事を増やしてもインデックス数が増えないとか急激に減ったまま増えない場合もあります。

原因としてはサイトに問題があり、クローラーが訪問できない場合や、コピー(重複)コンテンツでインデックスする価値がないと思われる場合、もしくはスパム的なサイトの場合はペナルティーを受けてインデックスが削除されて減少する場合もあります。

なのでインデックス数が極端に減ったとかインデックス数が増えないという場合には原因を調べて対策する必要が出てくる訳です。

インデックスされてない状態のサイトは存在しないサイトと同じなので自分のサイトがどれくらいインデックスされているのか調べることから始めてみましょう。

サイトがインデックスされているか調べる

まずは検索エンジンにどれだけインデックスされているのかインデックス数を調べます。

site:自分のURL

これをGoogleの検索窓に入力してみてインデックスされているか調べる事ができます。インデックスされていれば自分のサイトのページがズラリと並ぶはずです。

また別の方法としてSearch ConsoleというGoogleの提供する無料ツールに登録して調べる方法もありますが、これはまた後から説明します。

インデックスされてない場合やインデックス数が明らかに少ない場合には自分から登録の申請をする事もできます。

一応簡易的な方法の1つです。

自分のブログのURLを登録して認証コードを入力するだけで完了です。

Googleインデックス

「bing」の方もサイトやページのURLを入力して認証文字を入力して「送信」をクリックするだけ。送信をクリックしたらページは閉じてもOKです。

インデックス数を増やす方法

インデックスを増やす方法はたくさんあります。まずはクローラーが自分のサイトを訪問して情報を収集するようにする必要がありますよね。

このクローラーは「張られたリンクを辿って訪問するパターン」と「サイトマップを通して訪問するパターン」の2通りあります。どちらも効果的ですが、おすすめはGoogleの提供している無料のSearch Consoleというツールを使う事です。

Search Consoleに関しては後程説明するとして、とりあえず張られたリンクを辿って訪問するパターンから見ていきましょう。

別のブログがあるならそのブログからリンクをする

被リンクがあるとインデックスはされやすいです。そのため、自分が別にブログを持っているならそこからリンクを貼る事ができます。ただし、自作自演の被リンクが多すぎるとスパムとして見られてしまう場合があるのでやり過ぎには注意です。おすすめはできません。

自分のブログのページをブックマークする

ソーシャルブックマークを使って、自分のページをブックマークする。ブックマークされるという事はブックマークサイトからリンクされる事になるので、これも被リンク効果が期待できます。

インデックスされるには検索エンジンのクローラーが自分のサイトへ訪問する必要がありますが、クローラーはリンクを辿ってくるのでこれも1つの方法になるよね。

例えばyahoo!ブックマークや、はてなブックマークを使ってブックマーク等。これもやり過ぎは禁物なので程ほどにしておきましょう。

pingの送信先を設定する

ping送信は記事を更新した時に「更新しましたよー」とお知らせする設定です。送信先が複数追加できるのでこの設定はやっておきましょう。Googleなどの検索エンジンにも通知する事ができます。

詳しくは別に記事を書いているのでそれを参考に。
ping送信の仕組みとping送信先を設定する方法

PubSubHubbubを利用する

「パブサブハバブ」と呼ばれるサービスで、コンテンツの更新を、随時検索エンジンに通知するサービスで、ほぼリアルタイムにコンテンツの更新を通知する仕組みなので、これは非常に便利。

ちなみにアメブロやLivedoorブログは特に設定しなくてもこれに対応しているみたいですし、WordPress利用している場合には「PuSHPress」もしくは「PubSubHubbub」というプラグインをインストールして有効化しておけばOKです。

Search Consoleに登録してインデックス数を増やす

さて、ようやく本題。「Search Console」はGoogleが提供している無料のツールで、「自分のサイトに重大なエラーがないか?」とか「どんな検索語句で自分のサイトが検索結果に表示されているのか?」「Googleは自分のサイトのどのキーワードを重視しているのか?」など色々調べる事ができる超便利なツールです。

また、インデックスに関しては次の事ができます。

  • サイトマップの送信
  • インデックス数を調べる(インデックスステータス)
  • Googleにインデックスをリクエストする(Fetch as Google)
  • クローラーがどれくらいの頻度で来てるか調べる(クロール統計情報)

「サイトマップ」はサイトの中にどんな記事やページがあるのかをリストにしたもので、検索エンジンにサイトマップを登録すると、サイトやブログで新規の記事を公開した時に検索に反映されやすくなります。

サイトの中にどのような記事があるのか把握してもらうために設置する物です。

sitemap-9

また「インデックスステータス」という機能で過去1年のインデックス状況や推移をグラフで見る事ができます。

インデックスステータス-2

「Fetch as Google」で、Googleにインデックスをリクエストできます。

fetch-5

「クロールの統計情報」で過去90日間クローラーが訪れた日やクロールした数などを調べる事ができるので、きちんと自分のサイトがクロールされてるかどうかを判断することができます。

クロールの統計-2

このようにSearch Consoleはサイト運営には欠かせない無料のツールなのでまだ使っていない場合は一度使ってみる事をおすすめします。

Search Consoleの使い方に関しても1つ1つまとめておいたのでそれを参考にしてね。
Search Consoleの登録から使い方までのまとめ

WordPressの始め方
サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

おすすめの無料セミナー

これまでお金に関する勉強をした事がない方は稼ぐサイト作りの前にお金に関する無料セミナーに参加してみて下さい。お金をためたり増やしたりするためにお金の知識があるとかなり有利。考え方の土台になる部分ですからね。

「1万円から始められる節約の方法」「お金に働いてもらう方法」「収入の2割を自動的に貯める方法」など、お金に関する基本的な知識が学べる2時間の無料のセミナーが毎日のように行われてますので、一度参加してみる事をおすすめします。

これまで全くお金の勉強していない方であればお金の知識を身につける事で考え方が大きく変化するはずです。無料の2時間程度のセミナーですが、内容は濃いのでおすすめです。
お金に関する教養無料セミナー

インデックス数を増やすためにできる5つの対策”に8件のコメントがあります。

※入院生活から復活しました!!またできるだけ返信しますのでよろしくお願いします(^^)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. しげぞう 投稿作成者

    初心者様

    コメントありがとうございます。これは削除する必要はないと思います。Search Consoleの「URLの削除」はそのような用途の機能ではなく、検索結果から対象のURLを一定期間隠すというようなイメージで良いと思います。なので、コメント頂いた1つ1つのURLをインデックスさせないようにするには「robots.txt」というファイルを用意してブロックする必要があります。

    ただ、これはちょっと専門的な知識が必要になりますし、余計な部分をブロックしてしまうと検索順位にも影響する場合があります。なので、これらは特に問題がなければこのままにしておいて良いと個人的に思いますが、普通は記事やカテゴリーなどがズラリ並ぶはずなので、ちょっと気になりますね。もし良かったら一度URLを教えて頂けると助かります。

  2. 初心者

    はじめまして。しげぞうさん。
    サイトがインデックスされているのか調べたのですが、
    site:自分のURLで検索すると
    Index of 自分のURL/wp-content/plugins
    Index of 自分のURL/wp-content/plugins/ckeditor-for-wordpress

    とたくさんヒットしました。
    これらのURLを削除するには、Search Consoleからひとつずつ「URLの削除」をしなければいけないのでしょうか。
    他に良い方法があれば、教えて頂きたいです。
    よろしくお願いします。

  3. しげぞう 投稿作成者

    >シェルター様

    コメントありがとうございます。始めたばかりの方にコメントを頂けるのは非常に励みになります。分からない点、できない部分等ありましたらURLと一緒にコメント頂けたら原因や対処をできるだけ返信できるようにしたいと思っています。もちろんURLはコメントの公開時には削除しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

  4. シェルター

    はじめまして❗記事読ませていただきました。
    僕はブログをはじめたばかりなのですが、非常に参考になりました❗良ければ僕のブログも見てください。宜しくお願いします

  5. しげぞう 投稿作成者

    >おかん様

    返信ありがとうございます。なるほど自分のサイトのトップページになってしまうという事ですね。ウェブマスターツールの「Googleインデックス」⇒「インデックスステータス」のページでもインデックス数を見る事もできますが、データが出てくるのにしばらく時間がかかりますのでしばらく待ってみるといいかもしれませんね。今悩んでいる事はしばらくすると「なんだこんな事か」と解決する事が多いですので、悩む事に時間を使うよりも先にどんどん進んでいくと良いと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。

  6. おかん

    しげぞうさん
    アドバイスありがとうございます☆
    焦らず気長に待ってみます♪

    自分のページとは変な言葉でした(^_^;)
    Googleで検索して出て来るようなタイトルと下に説明文とかではなく、入力したURLのサイトに直接移動してしまうのです。
    これも焦らずに待ってみます。
    その間違うサイト作りに励んでみます☆
    ありがとうございました

  7. しげぞう 投稿作成者

    >おかん様

    いつもありがとうございます。Fetch as Googleはインデックスを促すという機能なので確実にインデックスされるとは限りません。ただ、ほとんどのページはインデックスされるはずです。インデックスされないのは内容の少ない薄いページや明らかにスパム的なページだと思います。おそらくインデックスはされているのかもしれませんが、最初はインデックスされたり、一旦インデックスから消えたり不安定な時もありますので、特にやましい事がないのであれば心配はいらないと思います。URLを入力して自分のページが開くというのがよく分かりませんが、
    site:自分のサイトのURL
    を入力してみるとインデックスされたカテゴリーや記事が出てくると思います。

  8. おかん

    しげぞうさん、こんばんわ

    いつもお世話になります。

    検索エンジンにインデックスさせる方法なのですが、
    ウェブマスターツールでは、Googlebotの活動などでクロールされた回数とかが表示されるのですが、検索エンジンに自分のURLを入力してもサイトの記事やカテゴリー等ではなく、自分のページが開きます。
    Fetch as Googleですべてのページを送信したのですが、それでもインデックスされていないということは、どういうことなのでしょうか?
    アドバイスを頂きたいです。