Seesaaブログの見出しタグの装飾【新システム】

通常ブログにはブログのタイトルや記事タイトルというのがあります。さらに記事本文中でも見出しを付ける事ができ、「h1」から「h6」というタグで見出しを使う事ができます。「h1」や「h2」等数字が小さい物ほど重要という事を検索エンジンにも使える事ができます。こんなやつです。

見出し-1

基本的に記事の途中で見出しを入れながら記事を書くとまとまりが出てきますし、見た目にも分かりやすいです。さらに見出しは検索エンジンにに重要な部分を使える事ができるので、基本的な部分も含めて紹介していきますね。

スポンサーリンク

見出しの使い方

使い方はまた別記事で紹介するとして、通常の無料ブログで多いのは「h1」にブログタイトル、「h2」に記事のタイトルが設定されていて、記事内の見出しには「h3」以降のタグを使う場合が多いです。

簡単に説明するとSeesaaブログの新デザインシステムの場合はこのようなイメージです。

  • ブログタイトル:h1 超重要
  • 記事タイトル:h2 まあ重要
  • 記事内見出し:h3~h6 普通

という感じで使う事が多いです。ブログタイトルや記事タイトルは自動でタグが入るので問題ないのですが、記事中で使う見出しタグは記事中で自分で挿入していく必要があります。記事中に見出しを入れるにはタグ編集エディタで次のように書けば見出しになります(h3を使う場合)。

<h3>ここに見出し</h3>

Seesaaブログの新システムの場合は記事内の見出しタグは「h3」以下を使って作成します。この場合は「h3」以下は何度も使ってもOKなので、私の場合には「h3」と「h4」だけ多用しているかな。

ちなみにWordPressでは記事タイトルに「h1」が使われているテンプレートが多いですが、無料ブログの場合大体は上記で説明した見出しタグが設定されているはずです。

ただ、見出しタグを挿入して見出しを作ってもスタイルシートで装飾しないと目立たないので先にスタイルシートで見出しタグの装飾をしておきましょう。

見出しの装飾の方法

見出しの装飾方法スタイルシート(CSS)で自由に変更できますが、次の項目を覚えると非常に簡単。次の4つで見出しの装飾が可能です。

  • 「border-top」上に線を入れる。
  • 「border-bottom」下に線を入れる。
  • 「border-left」左側に線を入れる。
  • 「border-right」右側に線を入れる。

書き方としてはこんな感じですが、まだ変更はしないで下さい。サンプルなので。

.article__content h3 {
border-top:1px solid #000000;  
border-right:1px solid #000000;  
border-left:1px solid #000000;  
border-bottom:1px solid #000000;}

それぞれ「px」の部分が線の太さ、「#」の部分でカラーを指定。この2つの要素を変更する事で色々な装飾が自分できるようになります。後は見出しタイトルの位置を調整するという流れです。実際にこのブログの場合の見出しを例に解説してみます。

Seesaaブログの管理画面から「デザイン」⇒「デザイン設定」⇒「適応中のデザインタイトル」をクリックして、「スタイルシート編集」のタブを選択。

新デザインパンくず-3

このブログで使っている見出しの装飾は見出しの左側の線だけ使っているので、「border-left」だけを使っている訳です。こんな感じの見出しにしています。

見出し-1

この場合はスタイルシートにこの記述を追加。

/* 見出しh3の装飾(個別ページ用) */
.article__content h3 {
  border-left: 5px solid #1F5E73;  
  padding: 0 0 0 15px ;
  line-height: 2;
  font-size: 18px;
  background-color: #fff;
  margin:25px 0 25px 0;
}

/* トップページ用 */
.article.article--entry h3 {
  border-left: 5px solid #1F5E73;  
  padding: 0 0 0 15px ;
  line-height: 2;
  font-size: 18px;
  background-color: #fff;
  margin:25px 0 25px 0;
}
  • 「border-left」で5pxの太さの線を左にして色指定。
  • 「padding」で見出し内の文字の余白調整「上、右、下、左」の順番。
  • 「line-height」で見出し部分の高さを指定。
  • 「font-size」で文字の大きさを調整。
  • 「background-color」で背景色を指定。
  • 「margin」で見出しの上下に余白「上、右、下、左」の順番。

えっと、これは「h3」の装飾ですが、「h3」の部分を「h4」に書き換えると「h4」の装飾になります。それから見出しのタイトルが元々左はしにくるようになっているので、「padding」で見出しのタイトルの位置を調整できます。

「padding」の部分に数字を入れる事で「上、右、下、左」の余白、つまり間隔を空けることができます。今回の場合は左から15px余白を指定したので、見出しタイトルが右に15px移動するという訳です。

「padding」は時計周りに余白を決める事ができるので、「上、右、下、左」の順番になっている事だけ覚えておけばOK。それと変更する場合は「px」を書き忘れない事。

それとトップページ用にもh3の装飾コードを書いていますが、トップページが抜粋記事で「続きを読む」というようなデザインの場合にはこの抜粋記事部分にはh3タグは反映されないので注意。

なので、トップページの抜粋記事を解除して全文を表示させ、「続きを読む」を無くすとh3は反映されるので、一度試してみると良いかも。
Seesaaブログのトップページの続きを読むを削除して全文表示させる【新システム】

それからこれはPCページにしか反映されないので、スマートフォンページも同じように見出しの装飾をしたい場合には管理画面から「デザイン」⇒「スマートフォン」⇒「デザイン設定」と進みます。

スマホCSS-1

それで適応中のデザインを選択するとスマートフォン版のスタイルシート(CSS)編集画面になるので、そこの一番下に先ほどと同じように次のコードを追加。

/* スマートフォン用のCSSに追加 */
.article-body h3 {
border-left: 5px solid #1F5E73;
padding: 0 0 0 15px ;
line-height: 2;
font-size: 18px;
background-color: #fff;
margin:25px 0 25px 0;
}

私の使っているサンプルのように左側だけに線を入れる事もできますし、上下に線を配置することもできます。先ほど紹介した「border-top」「border-right」「border-left」「border-bottom」の4つを上手く使って線の太さやカラーを装飾してみて下さい。

それから「solid」の部分を「dotted」に変更すると「実線」ではなく「点線」で表示する事も可能なので色々試してみてね。

WordPressの始め方
サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

おすすめの無料セミナー

これまでお金に関する勉強をした事がない方は稼ぐサイト作りの前にお金に関する無料セミナーに参加してみて下さい。お金をためたり増やしたりするためにお金の知識があるとかなり有利。考え方の土台になる部分ですからね。

「1万円から始められる節約の方法」「お金に働いてもらう方法」「収入の2割を自動的に貯める方法」など、お金に関する基本的な知識が学べる2時間の無料のセミナーが毎日のように行われてますので、一度参加してみる事をおすすめします。

これまで全くお金の勉強していない方であればお金の知識を身につける事で考え方が大きく変化するはずです。無料の2時間程度のセミナーですが、内容は濃いのでおすすめです。
お金に関する教養無料セミナー

Seesaaブログの見出しタグの装飾【新システム】”に43件のコメントがあります。

※入院生活から復活しました!!またできるだけ返信しますのでよろしくお願いします(^^)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. カワラ

    できました!しげぞう様この度は誠にありがとうございました!!

  2. しげぞう 投稿作成者

    カワラ様

    返信ありがとうございます。ブログを確認してみましたが、個別記事のタイトルが「h2」でこちらはスタイルが反映されています。それで、記事中の見出しに関しては「h3」が使われているようですので、次のようにスタイルシートに記述してアレンジして試してみて下さい。サンプルなので中身はお好きに変更して下さい。

    .blog h3 {
        font-size: 18px;
        font-weight: bold;
    }

    こんな感じで記事中の見出しの装飾はできると思います。変更したら「個別記事」で反映されているかを確認してみて下さいね。

  3. カワラ

    じげぞう様ご返信ありがとうございます。
    こちらが当方のURLです。

    お忙しい中ありがとうございます。