WordPress見出しの使い方とカスタマイズ

今回はWordPressの見出し部分の装飾を紹介していきます。この見出し部分のカスタマイズで記事の見た目や印象もかなり違ってきますので色々なサンプルを作ってみましょう。

また、この装飾は記事タイトルやサイドバーのタイトル等にも応用できます。カスタマイズの前にまずは基本的な見出しの説明をしておきます。

スポンサーリンク

見出しの使い方

記事を作成する時に記事タイトルを決めますよね、そのタイトルで記事を書く訳ですが、その記事中にさらに見出しを設定する事ができます。私の場合はこの部分です。

見出し-1

これは見出しタグ「h1」から「h6」を使って「大見出し」「小見出し」まで細かく見出しを使う事ができます。記事作成中に見出しを入れたい部分でこのように記述します(テキストエディタの場合)。

<h2>見出しのタイトル</h2>

TwentyTwelveのテーマを選んでいる方は記事のタイトルが「h1」になってますので、記事内の見出しは「h2」から使う事になります。WordPressでは選ぶテーマによって記事タイトルが「h1」のテーマがほとんどですが、時々「h2」になっているテーマもありますので確認が必要かと思います。

確認の仕方は自分のブログを表示して記事タイトル部分にカーソルを合わせて「右クリック」⇒「要素を検証」をクリックすると記事タイトルの要素が表示されます。

タイトル検証

記事タイトルが「h1」となっている場合には記事中の見出しは「h2」や「h3」「h4」などを使っていく事になります。

先ほど書いたようにTwentyTwelveの記事タイトルは「h1」で設定されてますので、記事内の見出しタグは「h2」以下を使って行きます。この場合は「h2」以下は何度も使ってもOKですので、私は「h2」と「h3」だけ多用してます。

見出しの装飾の方法

基本的に装飾はWordPressの「外観」⇒「テーマの編集」⇒「スタイルシート(CSS)」に変更する記述をすればOKです。

また、スタイルシートに関しては下に書いてある物が優先的に反映されますので、重複する記述をしても下に書いた物が反映されます

なので、記述をする場合にはスタイルシートの一番下にコードを追加してみてください。

見出しの装飾方法は覚えると非常に簡単です。次の4つで見出しの装飾が可能ですので装飾をする前に下記4つを把握しておきましょう。

  • 「border-top」上に線を入れる。
  • 「border-bottom」下に線を入れる。
  • 「border-left」左側に線を入れる。
  • 「border-right」右側に線を入れる。

実際の書き方としてはスタイルシートに書きますが、サンプルとして次のコードの組み合わせで色々できます(まだ追加しない)。

.entry-content h2 {
border-top:1px solid #000000;  
border-right:1px solid #000000;  
border-left:1px solid #000000;  
border-bottom:1px solid #000000;}

それぞれ「px」の部分が線の太さ、「#」の部分でカラーを指定します。この2つの要素を変更する事で色々な装飾が自分できるようになります。後は見出しタイトルの位置を調整するという流れになります。実際に私の場合の見出しを例に解説してみます。

私のブログで使っている見出しの装飾は見出しの左側の線だけ使ってますので、「border-left」だけを使ってます。子テーマのスタイルシート(style.css) の一番下にこの記述を追加します(下に書いたものが優先的に反映されるので)。

/* 見出しh2 */
.entry-content h2 {
border-left: 5px solid #1F5E73;
padding: 0 0 0 15px ;
line-height: 2;
font-size: 18px;
background-color: #fff;}
  • 「border-left」で5pxの太さの線を左にして色指定。
  • 「padding」で見出し内の文字の余白調整「上、右、下、左」の順番。
  • 「line-height」で見出し部分の高さを指定。
  • 「font-size」で文字の大きさを調整。
  • 「background-color」で背景色を指定。

これでこんな感じの「h2」の見出しがこのようになります。

見出し-1

えっと、これは「h2」の装飾ですが、「h2」の部分を「h3」に書き換えると「h3」の装飾になります。ブログのタイトル、サイドバーのタイトルでも応用ができます。

  • サイトタイトルに使う場合は.site-header h1 に追加。
  • 記事タイトルに使う場合は.entry-header .entry-titleに追加。
  • サイドバータイトルに使う場合は.widget-area .widget h3に追加。

それから見出しのタイトルが元々左はしにくるようになってますので、「padding」で見出しのタイトルの位置を調整します。「padding」の部分に数字を入れる事で「上、右、下、左」の余白、つまり間隔を空けることができます。

今回の場合は左から15px余白を指定したので、見出しタイトルが右に15px移動します。「padding」は時計周りに余白を決めますので、「上、右、下、左」の順番になっている事だけ覚えておきましょう。それと変更する場合は「px」を書き忘れない事。

私のサンプルのように左側だけに線を入れる事もできますし、上下に線を配置することもできます。

先ほど紹介した「border-top」「border-right」「border-left」「border-bottom」の4つを上手く使って線の太さやカラーを装飾してみて下さいね。それから「solid」の部分を「dotted」に変更すると「実線」ではなく「点線」で表示する事も可能です。

見出しやタイトルの背景に画像を使う場合

見出しやタイトルの背景に画像を使いたい方は前もって画像をアップロードして画像の編集画面の右側に表示されている画像のURLをメモ帳などに貼り付けて用意しておいて下さい。

見出し-2

画像ファイルのURLを調べておいて子テーマのスタイルシート(style.css) に次のように記述します。

/* 見出し背景画像 */
.entry-content h2 {
background-image:url(http://画像URL);
background-repeat: repeat;
padding: 0 0 0 15px ;
line-height: 2;
font-size: 18px;}
  • 「background-image」で背景に画像を指定
  • 「background-repeat」で画像を繰り返しで表示
  • 「padding」で見出しのタイトルの左に余白(右にずらす)
  • 「line-height」で見出しの高さを指定
  • 「font-size」で文字の大きさを指定

とこのようにする事で見出し部分の背景に画像を使う事もできます。

見出し-4

それから見出し部分の左にワンポイントで画像を使う方法もあります。

見出し-5

このように小さめの画像を見出しの左に設置する事もできます。この場合は子テーマのスタイルシートにこのように記述します。

.entry-content h2 {
background-image: url(http://画像URL);
background-repeat: no-repeat;
background-position: left center;
padding: 0 0 0 40px ;
line-height: 2;
font-size: 18px;
background-color: #fff;}
  • 「background-image」見出しに画像を設置
  • 「background-repeat」繰り返しは無し
  • 「background-position」ポジションは左の中央
  • 「padding」左に40pxの余白(画像の幅が32pxだったので)
  • 「line-height」高さを指定
  • 「font-size」文字の大きさを指定
  • 「background-color」さらに背景色を付けたい場合に記述

このように設置する画像のURLと場所を指定して、「padding」で見出しタイトルの位置調整をする事ができます。必要であれば背景色も変更してカスタマイズしてみて下さいね。以上で見出し部分のカスタマイズは終了です。

サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

おすすめの無料セミナー

これまでお金に関する勉強をした事がない方は稼ぐサイト作りの前にお金に関する無料セミナーに参加してみて下さい。お金をためたり増やしたりするためにお金の知識があるとかなり有利。考え方の土台になる部分ですからね。

「1万円から始められる節約の方法」「お金に働いてもらう方法」「収入の2割を自動的に貯める方法」など、お金に関する基本的な知識が学べる2時間の無料のセミナーが毎日のように行われてますので、一度参加してみる事をおすすめします。

これまで全くお金の勉強していない方であればお金の知識を身につける事で考え方が大きく変化するはずです。無料の2時間程度のセミナーですが、内容は濃いのでおすすめです。
お金に関する教養無料セミナー

WordPress見出しの使い方とカスタマイズ”に29件のコメントがあります。

※入院生活から復活しました!!またできるだけ返信しますのでよろしくお願いします(^^)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. しげぞう 投稿作成者

    yuimama様

    返信がすごく遅くなってすみません!今確認してみたらすでにCSSもうまく機能しているようですが、もし何か出来ていない部分や反映されていない部分があれば再度コメントいただけたらありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

  2. yuimama

    しげぞう様

    はじめまして。
    ブログに見出しをつけたくて、こちらのブログにたどり着きました。

    しげぞう様の下記の部分をコピーして、スタイルシートの一番下に貼り付けしましたが、記事に書いてもうまく反映されませんでした。
    文字のサイズだけ反映されて大きくなりましたが、他は反映されませんでした。
    また、しげぞう様のブログのような見出しのところの四角い枠はなしに左側の線だけあるようにしたいのですが、どのようにしたらよいでしょうか?
    当方のブログは下記になります。

    ご教授いただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

  3. しげぞう 投稿作成者

    チキン様

    返信ありがとうございます。それ私もよくやります(笑)反映されてよかったです。また不具合や分からない事があればいつでもコメント下さい。今後ともどうぞよろしくお願いします。

  4. チキン

    h2タグの記述をよく見て見ると『.entry-content』の『.』の部分が抜けていたので追加した所うまく記述内だけに反映されました!
    初歩的なミスでお時間をとらせてしまい申し訳ないです!
    今、コチラのサイトを拝見させて頂きながらTwentyTwentyのテーマをカスタマイズ中なので、またどこかでコメントすると思います。(初心者なので)
    その時はまた宜しくお願い致します。

  5. しげぞう 投稿作成者

    チキン様

    コメントありがとうございます。通常は記事タイトルに「h1」タグで、文章中の見出しは「h2」とか「h3」を使っていくテーマが多いのですが、一部のテーマで記事タイトルに「h2」が使われているテーマがあります。どちらが良いという問題ではないのですが、記事タイトルが「h2」になっている場合は文章中の見出しで「h3」とか「h4」を使っていく必要があります。

    記事タイトルが「h2」になっていれば当然記事タイトルもスタイルが反映されてしまいますので、まずはその部分の確認が必要ですね。要は記事タイトルに「h1」が使われているのか「h2」が使われているのか?これを調べてみて見て下さい。

    もし分からない場合にはブログのURLを教えてもらえると助かります。コメント公開時にはURLは削除しますので、どうぞよろしくお願い致します。

  6. チキン

    いつも楽しくブログを拝見させて頂いています。
    この度、ブログをカスタマイズする際にコチラのサイトを見てしているのですが、h2タグをスタイルシートに記述した際、記事本文以外にタイトルにも反映されてしまいます。
    何か記述の仕方がおかしいのでしょうか??

  7. しげぞう 投稿作成者

    理子様

    コメントありがとうございます。スタイルシートに記述ができていればブログを表示させて「Ctrl」と「F5」を一緒に押してリロードしてから確認されて下さい。テーマによっては見出しタグ「h2」が記事タイトルで使われているテーマもあるかもしれませんし、反映されないという場合にはお手数ですが、URLを教えて頂けると助かります。コメント公開時にはURLは削除しますので、どうぞよろしくお願い致します。

  8. 理子

    初めまして。
    ここに書いてある通りに、スタイルシートの一番下に変更を記述しましたが、変化がありません。書いてある通りにしただけなので、何がいけないのか、さっぱりわかりません。

  9. しげぞう 投稿作成者

    見出し変えたい様

    コメントありがとうございます。説明不足すみません。基本的にスタイルシートのコードは下に書いた物が優先的に反映されるので、スタイルシートの一番下にコードを追加していけばOKです。記事にも説明を少し追加しておきました。わざわざコメントありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。