Yet Another Related Posts Pluginで「タイトル」「内容」が選択できない場合の対処方法

今回は関連記事を表示させるプラグイン【Yet Another Related Posts Plugin】通称「YARPP」の設定で「タイトル」「内容」を「検討する」という選択ができない場合の対処方法を紹介します。

対処としてはデータベースの設定を1箇所変更するだけなのですが、念のため先にバックアップを取っておくと良いと思います。

YARPP自体は非常に精度の高い関連記事を表示させてくれるプラグインなのでこの「タイトル」「内容」を「検討する」事でその威力を発揮します。では解説スタート。

スポンサーリンク

設定画面のメッセージをチェックする

まずはWordPressの管理画面から「設定」⇒「YARPP」と進みます。YARPPの設定画面になったら画面上部にこのような表示されていると思います。

“Consider Titles” and “Consider Bodies” are currently disabled. As a result, “Pages” may not display in the “Related Posts” sections. Show Details [+]

このメッセージの最後の部分Show Details [+]をクリックして詳細を表示させて、「〇〇posts」という記述を探します。〇〇の部分は人によって違います。何度か登場しますので探してみてください。

YARPPエラー-2

この記述をメモしておいて下さい。

データベースにアクセスして設定を変更

さて、データベースにアクセスしてちょっとだけ変更をしなければなりません。今回はロリポップの例で説明します。

まずはデータベースにアクセスするための情報を調べましょう。データベースにアクセスするにはデータベースの「ユーザー名」とか「パスワード」とか「ホスト名」が必要なのでそれを調べに行きます。

ユーザー専用ページの左のメニューから「WEBツール」⇒「ロリポップFTP」と進みます。

YARPPエラー-4

それで現在利用している自分のフォルダを選択。

YARPPエラー-5

自分のフォルダを開いたら下の方にスクロールして行って「wp-config.php」というファイルを探します。似たような名前の「wp-config-sample.php」というのがあるので間違わないように「wp-config.php」を開きます。

YARPPエラー-6

この「wp-config.php」の中にデータベース(MySQL)の情報が書いてあります。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'database_name_here');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'username_here');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password_here');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

この「データベース名」「ユーザー名」、「パスワード」「ホスト名」の4つが必要なのでメモ、もしくはメモ帳にコピーしておきます。つまりこの部分ね。

データベース-1

これで今自分が書いているブログで利用しているデータベースの情報が分かりましたので、これを元にデータベースにアクセスしていきましょう。

データベースの設定を変更する

それではデータベースへアクセスしていきます。ロリポップからログインしてユーザー専用ページへ移動し、管理画面から「WEBツール」の「データベース」をクリック。

YARPPエラー-3

すると現在利用しているデータベースの一覧が表示されるので先ほど調べた「データベース名」を探し、右側の「操作する」をクリック。

データベース-2

確認画面になるので右の「phpMyAdminを開く」をクリック。

データベース-4

すると「phpMyAdmin」というページが開きますので、ここで先ほど調べた「ユーザー名」「パスワード」「サーバー」を入力して「実行」をクリック。

データベース-3

ようやくデータベースにアクセスできました。

ここで左上に自分の「データベース名」と「information_schema」という2つの項目があると思いますので自分の「データベース名」の方をクリックして下さい。

データベース-5

色々な項目がズラリ並んでいますが、この記事冒頭で書いたようにYARPPのエラーメッセージでコピーした「〇〇posts」という項目を探します。「Ctrl」+「F」で検索すると早いです。探したら「表示」をクリック。

データベース-6

「表示」できたら右上の「操作」をクリックします。

データベース-7

「テーブルオプション」の「ストレージエンジン」という項目を「MyISAM」に切り替えます。

データベース-8

切り替えたら忘れずに「実行」をクリックしたら完了です。

WordPressに戻ってYARPPの設定をしてみる

WordPressに戻って設定⇒YARPPへ移動。それで最初のエラーメッセージを開いて「create the fulltext indices」というボタンをクリックします。

データベース-9

これでYARPPの設定で「タイトル」「内容」を「検討する」が選択できるようになりました。
関連記事を表示させるプラグイン【Yet Another Related Posts Plugin】の設定方法

WordPressの始め方
サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

おすすめの無料セミナー

これまでお金に関する勉強をした事がない方は稼ぐサイト作りの前にお金に関する無料セミナーに参加してみて下さい。お金をためたり増やしたりするためにお金の知識があるとかなり有利。考え方の土台になる部分ですからね。

「1万円から始められる節約の方法」「お金に働いてもらう方法」「収入の2割を自動的に貯める方法」など、お金に関する基本的な知識が学べる2時間の無料のセミナーが毎日のように行われてますので、一度参加してみる事をおすすめします。

これまで全くお金の勉強していない方であればお金の知識を身につける事で考え方が大きく変化するはずです。無料の2時間程度のセミナーですが、内容は濃いのでおすすめです。
お金に関する教養無料セミナー

Yet Another Related Posts Pluginで「タイトル」「内容」が選択できない場合の対処方法”に2件のコメントがあります。

※入院生活から復活しました!!またできるだけ返信しますのでよろしくお願いします(^^)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. しげぞう 投稿作成者

    新井様

    いつもコメントありがとうございます。私も最初同じようにカチカチやってました(笑)。プラグインの不具合かなと思っていたのですが、色々検索したらヒント的な記事を見つけて解決する事ができました(??????)??

  2. 新井

     しげぞうさんへ
     この記事よかったです。
    検討したいのにーーーって思いながらカチカチクリックしていましたから。