Facebook個人ページとFacebookページの違い

ブログのアクセスアップには欠かせないSNSとの連携なんですが、今更ながら「Facebookの個人ページ」と「Facebookページ」の違いについて解説してみたいと思います。というのもFacebookって実名登録が必要なんでしょ?と思っている人が周りに結構多いのでその辺をちょっと解説。

もちろんFacebookの個人ページは実名登録が必要という事になっていますが、Facebookには「Facebook個人ページ」とは別に「Facebookページ」という2種類があります。

それで「Facebookページ」っていうのが実名登録ではなく、ブログ名とかサイト名で作成する事ができます。ちなみに面倒だったけどこのブログのFacebookページも作成してみました。
http://www.facebook.com/affiliate150

これはブログのアクセスアップさせるために非常に有効な手段になります。このブログももっと早くFacebookページ作成しとけばよかったのですが、面倒だったので後回しになってました。もったいない。

Facebookページとは?

まず基本的な部分を簡単に説明すると、「Facebookページ」っていうのは「Facebook個人ページ」とは違ってブログ名サイト名で登録することができます。主にサイトの宣伝用とか企業の商品、サービス、店舗の紹介用に利用される場合も多いですね。

さて、ここで気になるのは「Facebookページ」を作成したらそれを作成した「個人」が特定されるのではないか?という事ではないかと思います。これについては次の2点だけ気をつけておけば「Facebookページ」を管理している個人を特定する事はできません。

  • 「Facebookページ」の設定で「オーナーや管理人」を追加設定しない
  • OGPの設定で個人のIDを使わない

「Facebookページ」では管理人・オーナーを追加設定できますが、デフォルトでは設定されていませんし、OGPの設定に関してはまた別記事で書くので順番に読んで行けば大丈夫でしょう。それでも心配であれば「Facebookページ」は複数作成できるので、テスト用のFacebookページを作成してみて確かめてみる事をおすすめします。

Facebook個人ページとFacebookページの違い

さて、「Facebook個人ページ」と「Facebookページ」には幾つか違いがありますが「Facebookページ」の特徴を書いておきます。

  • 実名以外での登録が可能(サイト名・ブログ名など)
  • Facebookページで「いいね!」を押してくれた人は友達ではなく「ファン」という扱いになる
  • 個人ページへ直接「いいね!」をしたり書き込みを行う事はできない
  • インサイト(アクセス数やいいね!数を調べる機能)が使える
  • 投稿した内容は検索エンジンの検索対象

ちょっと補足しておくと個人ページに直接「いいね!」はできないので、「いいね!」をしたい時には個人のアカウントに切り替える必要があります。ただ「個人ページ」ではなく「Facebookページ」には「いいね!」できます。

だいたい大まかな違いを書いてみましたが、一番のメリットは「実名以外での登録が可能」という部分と「投稿した内容は検索エンジンの検索対象」という部分です

つまりこの「Facebookページ」を公開すると検索エンジンでも拾われるので集客には非常にメリットがあるという事です。もちろん拡散されることもありますよね。

それでは次回から実際にFacebookページの作成方法やその他設定等が色々あるので何回かに分けて説明していきます。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。