アフィリエイトで稼ぎやすいテーマの探し方と選び方

今回はアフィリエイトで稼げるテーマ、稼ぎやすいテーマについて紹介していきます。一般的には稼げるテーマには一流のアフィリエイターや大手企業などがが群がっているため、参入するのはかなり難しいのが現状です。

ただ、切り口を変える事で十分稼ぐ事は可能なので、その方法も幾つか紹介していきます。

稼げるテーマでどれくらい稼げるのか?

一般的に稼げるテーマというのは「単価が高い」ジャンルや「欲しい人が多い(非常にニーズがある)」ジャンルです。1件で5000円とか1万円とかの商材もあるし、もっと高い報酬が貰える商材もあります。単価の高い商材を狙えるキーワードで検索結果の1ページ目に表示(上位表示)できれば月に100万円軽く超える事もあります。

また、単価はちょっと低くても「欲しい人が多い(ニーズがある)」ジャンルは成約数が伸びるので、これもかなり稼げるジャンルになりますよね。

例えば「カードローン」「クレジット」「FX関連」「薄毛や育毛」「ダイエット関連」「自動車関連」「保険」「引っ越し」など探せば結構色々あります。

但し、これらのテーマで真っ向勝負するにはかなりのサイトの力が必要になります。前述したようにこういうテーマには大手の企業や、一流のアフィリエイターが群がっているし、全く知識がない場合には1から勉強する必要があります。

結局テーマ選びで失敗すると無駄な時間と労力を使う事になるので、どのようにテーマを選ぶのか?という部分をもう少し解説していきます。

テーマの選び方とキーワード選定

基本的な部分としてアフィリエイトで稼ぐためには集客が必要になる訳ですが、集客の基本としては「よく検索されるキーワードで検索結果の1ページ目に表示させる(上位表示)」になります。

よく検索されるキーワードで上位表示できれば自動的に検索経由での訪問者が来るようになります。キーワード選定についてはこちらの記事を参考にして下さい。
狙ったキーワードで上位表示!集客に欠かせないSEO対策の基本

ただ、先ほど書いたように大手企業や先輩アフィリエイターに勝つのは難しい。そこで必要なのが狙うキーワードを変えるという事。幾つか例を出して見ていきましょう。

キーワードを限定して切り口を変える

それではいくつかキーワードを限定して切り口を変えるやり方を紹介していきます。キーワード選定をきちんとしているという場合には次のような事も考えてみましょう。

地域を限定する

狙うキーワードに地域名を入れて大手サイトの取りこぼしを狙う方法。例えば「メンズエステ おすすめ」とかで狙うのではなく、もっと細かく「メンズエステ おすすめ 東京」など。

もちろん「メンズエステ おすすめ」で上位表示できる方が検索流入は増えますが、地域を限定する事で上位表示の難易度を下げる事ができます。もっと地域を限定することでさらに上位表示を狙う事ができます。需要があるかないかは別にして。

数ある商材から1つの商材に絞る

結構需要がある資格系のアフィリエイト。しかも無料の資料請求などで報酬が発生する案件も多いため、成約率も結構高い案件の1つです。

これは「美容関連商品」などの案件も同じ感じで紹介する商材を絞って紹介していく事で自然とキーワードも絞られ、上位表示の難易度を下げる事ができます。

例えば「資格」というキーワードではなく、「英会話」だけでもかなり多くの商材やサービスがあるので、狙うキーワードを絞りレビューや比較をする事でコンテンツができていきますよね。

最新の情報を狙う

格安SIM、格安スマートフォンなどはまだよくその仕組などを知らない人も多いですし、これから伸びていく分野なので参入を狙うのも面白いです。このような最新の情報はまだまだ知らない人も多いので狙い目。

また、専門的な用語などは調べてみても分かりにくい物も多いため、初心者でも分かりやすく解説する事ができれば需要のあるサイトになるのは間違いありません。

とりあえず3つ程紹介しましたが、それ以外にも実例をみながら紹介してみましょう。

需要からテーマを探す方法

困っている人に解決するための情報を提供するのがアフィリエイトで稼ぐコツ。つまり困っている人を探して何に悩んでいるのか?という部分を解決できるコンテンツは需要があります。

例えば「在宅ワーク」まずはこれを見てみましょう。
在宅ワークの口コミ

見てもらえば分かると思いますが、在宅ワークの口コミで検索するとこのページが上位表示されています。

このようにYahoo!知恵袋には色々な悩みが投稿されているので、ここから需要や悩みを探っていくとコンテンツを作る1つのネタになります。

さて、上記のページを見た人が在宅ワークしたいと思うでしょうか?実際在宅ワークしたいとか副業して年収を増やしたいという需要はかなりあると思いますがこんなページを見てしまうとやる気が無くなりますよね。

だからこそ「在宅ワーク体験レビュー」のブログを作成するというものアリ。既存の在宅ワーク紹介のブログは多々ありますが、詳しい内容や、やり方、辞め方等の情報があるブログなどがいいかな。体験レビュー型で。

そこで、そのみんなが知りたい部分をまとめて1つ1つの在宅ワークの詳細を体験レポートしていきます。

  • 数ある在宅ワークの資料請求から電話の対応等
  • 仕事の内容とかかった時間
  • それにどれくらいの収入になるのか?
  • 本当に安全な業者であるのか?

これを各在宅ワーク業者別にレポートします。もちろん途中経過は写真をアップしたり、詳しい仕事の内容、業者の対応をメモ。実際自分が1週間くらいやってみて次の業者を体験する。辞め方も詳細にレポートする。

初心者にも分かり易いブログを作ればかなり良質で豊富なコンテンツが出来上がるので、後はキーワード選定とコンテンツ次第で稼ぐコンテンツにはなります。

ユーザーの行動を予想してコンテンツを作成する

もう一つ例を上げておきましょう。今度は逆の考え方。例えば「転職系」のアフィリエイトをしたいという場合には転職する人が考える事はなんだろう?辞表の書き方とか検索するのではないだろうか?

じゃあ、辞表の書き方を分かりやすく解説するサイトを作ったらどうだろう?そこから転職サイトを紹介するという感じに誘導できないだろうか?みたいな切り口でブログ作成も可能ですよね。

この場合も「転職」というビッグキーワードではなく、「辞表 書き方」みたいなマイナーなキーワードでアプローチできるので難易度はグッと低くなります。

こういうのもやはりYahoo!知恵袋などからアイディアを拾える事が多いので、活用してみる事をおすすめします。

具体的にどのようなサイトを作ったらいいのか?という部分はこの記事も読んでおきましょう。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。