Googleアドセンス広告の設定と作成方法

Googleアドセンス広告の設定と作成方法

Googleアドセンスの審査が通過できたら早速広告の作成をしていきましょう。アドセンスでは色々なサイズの広告が用意されているので自分のブログのサイズに合った広告を作成していきます。

まだアドセンスの登録や審査も済んでいないという場合には先にこちらの記事からどうぞ。

Googleアドセンスの登録申請方法と審査通過後にやること

また、別記事でも紹介しますがカスタムチャネルという設定をしておく事でサイドバーや記事下、記事中に設置した広告がそれぞれどれくらいクリックされて効果を上げているのかレポートを見る事ができます。

広告を作成とカスタムチャネルの設定を1セットで考えておく事をおすすめします。まあこれはまた後でしましょう。

順番に説明していくのでまずはとりあえず広告を作成してみる事。やっている内にどのサイズが効果的なのかという事もレポートを見ながら判断できるようになるはずです。

アドセンスの広告枠の作成方法と手順

Googleアドセンスの管理画面から「広告の設定」をクリックし、「新しい広告ユニット」をクリック。

Googleアドセンスの広告作成の手順と流れ-1

通常の広告は「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択。

Googleアドセンスの広告作成の手順と流れ-2

先に広告に名前を付けて広告のサイズを決めます。これは単純に広告に名前を付けて管理しやすくするためなので、分かりやすい名前にしておきます。私の場合は「ブログ名+掲載位置(side,bottom)」等で名前を付けています。

Googleアドセンスの広告作成の手順と流れ-3

最初に表示されている広告サイズはアドセンスの推奨サイズの広告ですね。「推奨」と書かれたボタンを切り替えれば別のサイズも出てきます。

Googleアドセンスの広告作成の手順と流れ-4

個人的によく使う広告のサイズは以下です。

  • PCページの広告サイズ:336×280px
  • スマホページの広告サイズ:300×250px

サイズを指定しなくても「レスポンシブ」で広告作成しておけばスペースに合わせた広告が自動で表示されます

広告タイプの選択とその他の設定

広告タイプの選択。アドセンスで表示される広告には「テキスト広告」と「ディスプレイ(画像)広告」があるのですが、この両方つまり「テキスト広告とディスプレイ広告」というのが推奨されています。デフォルトではこの設定になっていると思いますのでこのままでOK。

Googleアドセンスの広告作成の手順と流れ-5

次に「テキスト広告のスタイル」という項目ね。これは先ほど広告タイプで「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択しましたよね。これだと「ディスプレイ広告」もしくは「テキスト広告」どちらかが表示されます。

この表示される広告が「テキスト広告」だった時のスタイル(リンクの色や背景色等)を決める事ができます。既に複数のスタイルが用意されているのでそこから選んでも大丈夫ですし、初期状態のままでもOKです。

Googleアドセンスの広告作成の手順と流れ-6

もっと細かく色を変更したいという場合には「広告スタイルの作成」をクリックしてリンクの色や背景色、フォントのサイズ等を自分で変更する事もできます。広告スタイルの作成ができたら「保存」を忘れずに。

Googleアドセンスの広告作成の手順と流れ-7

デザイン(スタイル)は初期状態のままでもOKです

カスタムチャネルの設定

冒頭でも説明したように作成する広告にそれぞれこの「カスタムチャネルの設定」というのをしておくと、設置した広告それぞれのレポートを個別に見る事ができます。簡単に言うと広告1つ1つに印をつけておいてレポートを個別にするようなイメージですね。

ただ、この設定は広告を作成して貼り付け後でも設定できるので後回し。この部分は飛ばしてもOK。別記事でカスタムチャネルの重要性やメリットも書きますのでそれを読んでから設定する事をおすすめします。記事のリンクは記事の最後に貼っておきます。

設定の保存と広告コードの取得

設定が終わったら一番下の「保存してコードを取得」をクリック。すると広告のコードが表示されますが、ここで「コードタイプ」という項目があり、「非同期」と「同期」が選択できるようになっています。ここでは「非同期」を選択。

このデフォルトの「非同期」にしておくとサイトの表示スピードに影響がでないというメリットがあるので余程な理由が無い限りはデフォルトのまま「非同期」を選択する事をおすすめします。

Googleアドセンスの広告作成の手順と流れ-8

表示されているコードをコピーしてブログに貼り付ければ完成です。貼り付け方は別記事で。

それから途中で飛ばした「カスタムチャネル」の設定方法はこの記事で。

最終更新日:2018/02/01

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。