【図解】アドセンスで「収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください」と表示された場合の対処方法

アドセンスで「収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください」と表示された場合の対処方法Googleアドセンス

Googleアドセンスで「収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください」と表示されたので対処方法を紹介していきます。

エックスサーバーではこのads.txtの対応がサーバーパネルの管理画面から設定できるようになりました

それぞれのサーバーでやり方が違ってくる部分もあるので、エックスサーバーとロリポップの場合でやってみます。

WordPressでの対応は簡単ですが、無料ブログでは対応できないところもあるのでその辺も書いてみます。

ads.txtとは?アドセンスで必要?

ads.txtは、自サイトの広告枠が、どのルートで取引しているのかを宣言するためのツールで、なりすましなど不正行為の防止に繋がります。

要はなりすましの偽サイトに広告が掲載されないようにads.txtを設置して不正を防止するというイメージです。

ads.txtの設置は今のところ必須というわけではないですが今後不正問題が大きくなる場合には必須になってくる可能性はあるかと思います。

ads.txt設置するための条件。設置できない無料ブログもある

ads.txtを設置するためには、ドメイン直下に「ads.txt」ファイルをアップロードする必要があります。

WordPressなどでは簡単に設置できるのですが、無料ブログなどの場合は設置できないところが多いですね。

Seesaaブログ・アメブロ、忍者ブログ・FC2ブログ・はてなブログなども2019年現在設置はできないと思いますので、無料ブログサービスを利用している方は問い合わせやヘルプなどで確認しておいて下さい(今後対応があるかも?)。

ads.txtファイルの問題の対処方法

AdSense アカウントにログインして管理画面の警告で「今すぐ修正」をクリック。

Googleアドセンスのads.txtファイルの問題を解決する手順1

下矢印をクリックしてメッセージを開き、下にある「ダウンロード」 をクリックするとads.txtファイルが自動でダウンロードされます。

Googleアドセンスのads.txtファイルの問題を解決する手順2

後はファイルをサイトのルートレベルのドメイン(例: https://example.com/ads.txt)にアップロードするのですが、利用しているサーバーで若干違いますので、エックスサーバーとロリポップの場合でやってみます。

エックスサーバーでads.txtファイルをアップロードする場合

アドセンスからダウンロードしたファイルを一度開いて確認しておきます。

「google.com, pub-◯◯◯◯◯◯, DIRECT, 1a1234b5678990」という感じになってるかと思いますのでそれをコピーしておきます。

コピーできたらエックスサーバーのサーバーパネルにログイン。

エックスサーバー

サーバーパネルの「ads.txt設定」をクリック。

adstxtファイルの確認方法10

対象ドメインを選択して「ads.txt直接編集」をクリックしてアドセンスからダウンロードしたads.txtの内容をコピペしたらOKです。

adstxtファイルの確認方法11

確認して保存を忘れずに。

ads.txtがきちんと設置されているか確認する

設置の確認には以下サイトを利用します(もちろん利用は無料です)。

Datasign

サイトのURLを入力して「チェック」をクリック。

adstxtファイルの確認方法2

「”ISO-8859-1″ は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。」と警告が表示されました。

adstxtファイルの確認方法3

警告を消すには「.htaccessファイル」の編集が必要です。

エックスサーバーのサーバーパネルへ移動して「.htaccessの編集」を選択。

adstxtファイルの確認方法6

対象サイトを選択。

adstxtファイルの確認方法7

.htaccessの編集タブに切り替えて以下のコードを追加。

<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

こんな感じになりました。

adstxtファイルの確認方法8

これで保存したら完了です。

再度チェックしてみると今度は大丈夫でした。

adstxtファイルの確認方法9

以上で設置は完了です。

Googleアドセンスの始め方。登録申請から広告設置までのまとめ
Googleアドセンスの申請方法から設置、設定の仕方までの記事をまとめてみました...

ロリポップでads.txtファイルをアップロードする場合

まずはロリポップのユーザー専用ページにログインしておきます。

ロリポップ!

ロリポップのユーザー専用ページの管理画面から「サーバーの管理・設定」から「ロリポップFTP」をクリック。

ロリポップでads.txtファイルをアップロードする手順1

対象サイトのフォルダをクリック。

ロリポップでads.txtファイルをアップロードする手順2

左上のアップロードボタンをクリック。

ロリポップでads.txtファイルをアップロードする手順3

「ファイルを選択する」ボタンをクリックしてアドセンスからダウンロードした「ads.txt」ファイルを選択し、「アップロード」ボタンをクリック。

ロリポップでads.txtファイルをアップロードする手順4

「wp-admin」や「wp-content」などと同じ並びに追加されていればOKです。

ロリポップでads.txtファイルをアップロードする手順5

ads.txtがきちんと設置されているか確認する

設置の確認には以下サイトを利用します(もちろん利用は無料です)。

Datasign

サイトのURLを入力して「チェック」をクリック。

adstxtファイルの確認方法2

「”ISO-8859-1″ は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。」と警告が表示されました。

adstxtファイルの確認方法3

警告を消すには「.htaccessファイル」の編集が必要です。

.htaccessファイルを編集

再度ロリポップのユーザー専用ページからロリポップFTP⇒「対象サイトのフォルダ」⇒「.htaccess」をクリックして開きます。

adstxtファイルの確認方法4

開いたら.htaccessファイルの一番上の方に以下のコードを追加。

<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

こんな感じになりました。

adstxtファイルの確認方法12

これで保存したらOKです。

再度チェックしてみると今度は大丈夫でした。

adstxtファイルの確認方法9

以上で設置は完了です。

参考:ads.txtを正しく設置! “ISO-8859-1” は誤った文字コードです|めぇめぇマネー

以上ads.txtファイルの対象方法と設置方法でした。

Googleアドセンスの始め方。登録申請から広告設置までのまとめ
Googleアドセンスの申請方法から設置、設定の仕方までの記事をまとめてみました...

コメント

  1. とても役に立ちました!無事問題が解決しました。

    ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました