【図解】Googleアドセンスの自動広告とは?設定・設置と使い方

アドセンスの自動広告の設定と設置方法

かなり今更感があるのですが、Googleアドセンスの新機能「自動広告」が追加されてるという事で久しぶりにアドセンス使ってみました。

これまでHTMLとか全く分からずアドセンスの広告設置に苦戦していた方でも簡単にアドセンス設置できるようになってます。

という事でアドセンスの自動広告の設定方法、WordPressや無料ブログへの設置方法、指定したページを除外する方法、それから注意点を図解で紹介していきます。

そもそも自動広告ってどんなもの?

「自動広告」はその名の通りサイトにコード1つ貼るだけで自動で広告を配信してくれる機能で、設置するとサイトの色々な場所にアドセンス広告が自動で掲載されるようになります

自動でページの構成を把握し、ページのレイアウト、ページ上のコンテンツの量、既存の Google 広告といったさまざまな要素に基づいて、自動的に新しい広告を掲載してくれます。

アドセンス側に完全おまかせ機能で、広告のサイズや出現場所は最適化されていく感じですね。

もちろんこれまではスマホの時は◯◯でPCの時は◯◯に!なんてスマホページとPCページで条件分岐しながらアドセンス設置してましたがそういうのも必要ない訳です。

自動広告のデメリットは?

個人的に感じている自動広告のデメリットですが、やはり意図しない場所に広告が表示されてしまうという事と、表示広告が多いという部分です(サイトやジャンルによる)。Googleもいつでも完璧という訳ではないので。

ただ、アドセンスでは広告の掲載率のコントロールができます(自動広告も対象)ので、掲載率を下げる事である程度対処は可能です。

広告掲載率

WordPressだけでなく無料ブログにも設置できる?

もちろんWordPressだけでなく、無料ブログとかホームページとかでも設置は可能です

ただし、設置にはHTMLの編集が必要なので「HTML編集ができる」というのが条件になりますのでHTML編集ができない無料ブログでは設置はできません

また、もともとアドセンスや広告を禁止している無料ブログでも設置はできません。

すでに設置しているアドセンスは外す必要はない

アドセンスの自動広告ですが、すでにサイトにいくつかアドセンス広告を貼り付けている場所があるならそれを外す必要はありません

すでに設置している場所を感知して別の場所へ広告を配信してくれますがあまり多くなりすぎないように注意(すぐに離脱される)。

アドセンス自動広告の設置手順と流れ

広告の設定⇒「自動広告」と進むと以下のようなページになります。

アドセンス自動広告設置1

自動広告の全般設定というページになります。

色々なタイプの広告が表示されてますが、最初は全部ON状態にしておきます(赤枠の所)。表示したくないタイプがあれば除外してもOKです。

アドセンス自動広告設置2

「新たしいフォーマットを自動的に取得する」にチェックを入れて「保存」。

アドセンス自動広告設置3

MEMO

Googleアドセンスでは色々なタイプの種類の広告が新たに追加されたりします。

そういう新しいタイプの広告が提供された時に、自動広告内でも新しいタイプの広告を表示するよ!っていうのが「新たしいフォーマットを自動的に取得する」という事です。

自動広告用のコードが表示されるのでこれをコピーしてサイトへ貼り付けしていきます。

アドセンス自動広告設置4

コード取得したら右下の「完了」をクリックしてこのページは閉じておいてOKです。

アドセンス自動広告設置5

一度閉じてしまって再度コードを取得したい場合には「広告の設定」⇒「自動広告」と進み、右上の「自動広告の設定」をクリックすると再度自動広告のコードが表示されます。

自動広告再度取得

自動広告コードの設置方法

自動広告の設置方法ですが、HTMLの「head」から「/head」の間にコードを設置していきます。

WordPressなら「header.php」、無料ブログなどであれば「HTMLの編集」を探せばこの「head」部分を探す事ができます。

MEMO

似たような部分で「heder」という部分もありますが、別物なので注意。

WordPressに自動広告を設置する場合

WordPressのheader.phpを開いて「head」から「/head」部分を探します。

私はいつも「/head」の直前にコードをいれます。

自動広告の設置方法

コードの設置ができたら保存してサイトをチェックしてみて下さい。しばらくして広告が表示されるようになります。

私のサイトで30分くらいかかる場合もありました。

無料ブログの場合(Seesaaブログ)

こちらもデザイン⇒CSS/HTMLの編集⇒適応中のデザイン⇒HTML編集から「/head」を探してその直前にコード追加。

自動広告の設置方法無料ブログ

コードの設置ができたら保存してサイトをチェックしてみて下さい。しばらくして広告が表示されるようになります。

私のサイトで30分以上かかる場合もありました。

サイトごとに配信する広告タイプを分けたい場合

先程自動広告の設定の時に全部のタイプの広告をONにしました(自動広告全般の設定)。

アドセンス自動広告設置2

この設定をサイト毎に変更したい!という時の設定が「詳細URL設定」です

例えば「Aサイトだけはじっくり読んで欲しいサイトだからうざいオーバーレイ広告いらないよね!」って場合とかに使えます。

「広告の設定」⇒「自動広告」と進み「新しいURLグループ」。

自動広告サイトごとに広告タイプ分ける

対象とするサイトにチェックを入れて選択し「次へ」。

自動広告サイトごとに広告タイプ分ける2

次の画面で自動広告で表示させる広告タイプが選択できるので、先程チェックを入れた対象URLでは「オーバーレイ広告」をOFFになるようにしてみました。

自動広告サイトごとに広告タイプ分ける3

という感じでURLごとに表示させる広告タイプを編集する事ができます。

また元々設定した自動広告全般の設定を編集したい場合は「広告の設定」⇒「自動広告」と進み鉛筆マークをクリック。

自動広告設定

再度全般設定ができます。自動広告全般の設定は、URL グループで指定されたページを除き、自動広告を使用しているすべてのページに反映されます。

自動広告全般設定

特定のページだけ自動広告を表示したくない場合の設定

特定のページだけ自動広告を除外するって事も可能です。

例えばお問い合わせページやプロフィールページなどアドセンス広告を表示しないほうがいいかなというページを指定して除外する方法です。

広告の設定⇒自動広告⇒「新しいURLグループ」を選択。

アドセンス自動広告除外URLの指定方法1

URLを追加をクリック。

アドセンス自動広告除外URLの指定方法2

アドセンス広告を表示したくないページのURLを入力して「追加」をクリック。

アドセンス自動広告除外URLの指定方法3

追加したURLが追加されているのでチェックを入れて「次へ」。

アドセンス自動広告除外URLの指定方法4

URLグループの広告設定ページになるので広告を全部OFFにして「次へ」。

アドセンス自動広告除外URLの指定方法5

この広告を表示しないグループに分かりやすい名前を付けて「保存」。

アドセンス自動広告除外URLの指定方法6

これで広告を除外するURLのグループができてそこに追加されたURLは自動広告が表示されなくなります。

アドセンス自動広告除外URLの指定方法7

ちなみにグループを編集する場合はアイコンをクリックしてペンのアイコンをクリックすれば修正ができます。

アドセンス自動広告除外URLの指定方法8

以上Googleアドセンスの自動広告とは?設定・設置と使い方でした。

Googleアドセンスの始め方。申請や審査から設置までのまとめ

最終更新日:2018/08/02

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。