Amazonアフィリエイトリンクの作り方3種類をまとめて紹介

Amazonアソシエイトリンク作成方法アフィリエイトASP

今回はAmazonアソシエイトでのアフィリエイトリンクの作り方を図解で紹介してみます。

早速リンク作成の手順として今回は3種類のリンク作成方法をやってみます。

  • 使い勝手の良いテキストリンク(短縮URLも)
  • 通常の商品リンク
  • カエレバやRinkerなど無料ツールを使ったリンク作成

この3通りです。状況によって使い分けができると稼ぎやすいと思いますので、その理由も一緒に解説していきます。

スポンサーリンク

使い勝手の良いテキストリンク

実は商品を指定したリンクではなくて、任意のページのリンクってのが一番使い勝手が良くて効果的に使える事が多いです

任意のページというのは商品ページはもちろんですが、ヘルプページなども全てアフィリンクにできます(コレ重要!)。

Amazonや楽天などのアフィリンクっていうのは一度クリックされれば何を購入されても成果になります。要はクリックされたらいいので、商品ページだけでなくてヘルプページとかAmazonのトップページへのリンクでも作って上手く誘導できたらOK。AmazonだとCookieの有効時間24時間以内。

cookie(クッキー)とは?cookie 有効期限と効果的な使い分け 

という事で使い勝手の良いテキストリンク作成します。

アソシエイトツールバーの設定をしておく

アソシエイトツールバーを使うので設定をONにしておきます。

Amazonアソシエイトリンク作成方法-10

メニューバーから「ツール」⇒「アソシエイトツールバー」⇒「アソシエイト・ツールバーの設定はこちら」をクリック。

ツールバーの表示がONに切り替え。既にONになっていればそのままでOK。

Amazonアソシエイトリンク作成方法-11

任意のページでリンクを作成

アソシエイトツールバーの設定が完了したらAmazonアソシエイトではなく、Amazon.co.jpの方へ移動

Amazon.co.jpへ

Amazon.co.jpのページの上部にアソシエイトツールバーが出現しています。

商品ページでもいいし、トップページでもヘルプページでもOKなので、適当なページで上部アソシエイトツールバーの「テキストリンク」をクリック。

Amazonアソシエイトリンク作成方法-13

トラッキングIDを選択してリンク作成。

Amazonアソシエイトリンク作成方法-12

ちなみにTwitterなどのSNSで紹介する場合は短縮URL。その他サイト(ブログ)で紹介する場合は通常リンクでOK。

生成されたコードを貼り付けて完了。

以上使い勝手の良いテキストリンクの作成方法でした。続きまして通常のリンク作成も紹介していきます。

商品単品のアフィリエイトリンクの作成

それでは通常の画像付きのリンクとテキストリンク作成方法。

テキストリンク・SNS用の短縮URLのリンク

メニューバーの「商品リンク」⇒商品名で検索。

Amazonアソシエイトリンク作成方法-1

検索結果からリンクにしたい商品を見つけたら「リンク作成ボタン」の右側の「▼」の方をクリック。

Amazonアソシエイトリンク作成方法-5

Amazonアソシエイトリンク作成方法-4

短縮URLをクリックすればTwitterなどでも使える短縮URLのリンクができます。

Amazonアソシエイトリンク作成方法-6

画像付きのリンク作成方法

メニューバーの「商品リンク」⇒商品名で検索。検索一覧からリンク作成したい商品の「リンク作成」をクリック。

Amazonアソシエイトリンク作成方法-2

テキストと画像、テキストのみ、画像のみ、と色々リンク作成できます。

枠線を表示させるか、大きいイメージを使うか等、アフィリエイトリンクの設定をする事ができます。

Amazonアソシエイトリンク作成方法-7

右側のプレビューでいちいち反映されるので、確認しながら選択してみて下さい。選択できたら、ページの下にアフィリエイトのリンクが生成されています。

ただ、この画像付きのリンクは使い勝手が悪いため、ほとんど使う事はありません

Rinkerやカエレバなど無料ツールを使ったリンクの作成

最近はAmazonだけのリンクを掲載してるサイトは少数派です。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングどのショップで購入するかは訪問者次第です。そのため、売上の取りこぼしがないようにAmazon、楽天、Yahoo!のリンクを一緒に作成するのが一般的です。

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなど商品を紹介する場合にはそれぞれのリンクをまとめて表示できるツールが便利です。

無料で使えるツール「Rinker(リンカー)」、「カエレバ」もしくは「もしもアフィリエイトのかんたんリンク」がおすすめです。

一番おすすめはRinker(リンカー)

Rinker商品リンク画像

Rinkerは上記のようなリンク作成が可能です(無料です)。Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングのボタン以外にも公式サイトのボタンなど自由にボタンを追加することも可能です。

■Rinkerを使うために必要なもの

  • WordPress(RinkerはWordPressのプラグイン)
  • Amazonアソシエイトのアカウント

WordPressを利用している方でAmazonアソシエイトのアカウントも持っている方はRinkerが利用できます。

条件を満たしている方はRinkerの利用がおすすめです。

Rinker(リンカー)のインストールから設定まで図解で紹介

カエレバ

カエレバリンク作成例

こちらも表示ボタンや背景などカスタマイズする事もできます(こちらも無料ツールです)。

■カエレバを使うために必要なもの

  • Amazonアソシエイトのアカウント(もしも経由でも可)

※Amazonアソシエイトの審査に受からないって方でも「もしもアフィリエイト」のAmazonプロモーションと提携したら利用できます

カエレバの基本的な使い方と注意点【図解】

もしもアフィリエイトの簡単リンク



上記のようなリンクが作成できます。

もしもアフィリエイトへの無料会員登録が必要です。もしもアフィリエイトでAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングとの提携をすることができます。

※もしもアフィリエイトの無料会員登録してないって方は今後必ず利用するASPの1つになりますので、登録済ませておくことをおすすめします。

もしもアフィリエイトの無料会員登録ページ

正直なところ「Rinekr」「カエレバ」、「かんたんリンク」を使えば本家Amazonのリンク作成は必要ありません

以上Amazonでのリンク作成方法でした。

【比較】Rinkerとカエレバの違いは?どっちを使うのがおすすめ?
Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなど商品を紹介する場合にはそれぞれのリンクをまとめて表示できるツールが便利です。 それぞれのショップのリンクをまとめて表示できる無料ツールは色々ありますが、現在私が使っているのが「Rinke...

関連Amazonアソシエイトの登録から使い方までのまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました