Amazonプライム無料体験登録方法と自動更新しない設定方法

Amazonプライム無料体験登録と解約の手順ネットショッピングのやり方

AmazonプライムはAmazonでの送料が無料、お急ぎ便も使い放題、プライムビデオが見放題だったりと特典盛りだくさんの会員製プログラムです。

非常に特典が多いのが魅力のAmazonプライム会員ですが、最初は30日間の無料体験登録ができます

ただしAmazonプライムの30日無料体験はそのままの設定だと、30日過ぎた後に自動的にAmazonプライムに正式に登録されます(年会費がかかります)ので、無料期間だけ使いたいという場合は「自動更新しない設定」をしておく必要があります

という事で

  • Amazonプライムの無料体験登録の手順
  • 自動更新したくない場合の設定

それぞれ図解で紹介していきます。

試しに無料の30日間だけ使ってみようかな?という方向けの記事になります。

関連Amazonプライムの特典一覧

Amazonプライム無料体験はクレジットなしでも登録できる?

以前はクレジット・カードも必要でしたが、現在は支払い方法が「クレジット」「携帯決済」「Amazonギフト券」と増えています。

Amazonプライム無料体験登録と自動更新しない設定1

ちなみに携帯決済はdocomoまたはauです。という事でクレジットカードなくてもOKです。

※2019年の4月に会費が変更されてます。

 変更前変更後
年会費の場合3,900円(税込)4,900円(税込)
月会費の場合400円(税込)500円(税込)
参考:Amazonプライムの会費について

Amazonプライムの無料体験登録の手順

先にAmazonプライムの無料体験登録をしてから自動更新しない設定をしていきます

最初にAmazonプライムの無料お試しページを開いてみて下さい。

Amazonプライムの無料お試しページへ

上部の右側にある「今すぐプライム」という部分にカーソルを合わせるとメニューが開き「プライムを無料で試す」というのがあるので、それをクリック。

Amazonプライム無料体験登録と自動更新しない設定2

Amazonプライムは無料体験であっても先に支払方法を決めておく必要があるようです。

前述したようにクレジットカード以外でもAmazonギフト券とか携帯払いの項目もありますね。

Amazonプライム自動更新しない設定3

クレジットカード追加してみました。すでに住所登録してある場合は「登録済みの住所」、まだ、住所を登録してない場合は「新しい住所」を選択し入力。

Amazonプライム自動更新の設定-6

「無料体験に申し込む」をクリック。ここまで登録すれば完了です。登録完了のメールが来ました。

Amazonプライム自動更新の設定-7

さて、ここからが注意点で説明した部分。この「無料体験」は30日で終了しますが、その後正式会員に自動で切り替わる設定になっていますので、そのまま放置しておくと年会費が請求されてしまいます。無料の30日間だけ使いたいという場合はこの自動切り替えを停止しておく設定をしておく必要があります

Amazonプライムの自動更新をしない設定方法

Amazonのトップページに移動します。

Amazonトップページ

「アカウントサービス」をクリック。

Amazonプライム無料体験登録と自動更新しない設定6

「プライム」という項目を選択。

Amazonプライム無料体験登録と自動更新しない設定7

左のメニューに「自動移行しない」という項目があるのでこれをクリックしてみます。

Amazonプライム無料体験登録と自動更新しない設定8

「特典と会員資格を終了」をクリックしてみます。

Amazonプライム無料体験登録と自動更新しない設定9

「無料体験が終了する2017/12/30に会員資格が終了します。」となっていたので、「特典と会員資格を終了」をクリックしました。

Amazonプライム無料体験登録と自動更新しない設定10

とりあえず無料体験の1ヶ月は使えて自動で更新もされない設定にできました。

Amazonプライム無料体験登録と自動更新しない設定11

プライムについては継続するかまだ分からないって場合には「会員資格が終了する3日前にEメールでお知らせします」の選択も良いと思います。お知らせが来た時に自動更新したくない場合には会員資格を終了させたらOK。

Amazonプライム無料体験登録と自動更新しない設定12

これで設定は完了です。これで無料体験分だけを利用する事ができるようになります。設定忘れないように一度ページも確認を。

Amazonプライムの無料体験申し込みページを見てみる

以上Amazonプライム無料体験登録と自動更新しない場合の設定方法まとめでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました