アメブロでリンクが貼れない時や上手く表示されない場合の対処法

今回はアメブロでアフィリエイトする場合に通常のリンクやアフィリエイトリンクが上手く貼れないというメッセージが多いのでその対処法について説明しておきます。

リンクだけでなくて画像などもごちゃごちゃしたコードだけ表示される場合もあるかもしれません。

考えられるケースは2つあります。

  • HTML表示タブに切り替えてないケース
  • 禁止タグを使っているケース

上記2つのケースのそれぞれの対処を紹介してみます。

スポンサーリンク

ケース1.HTMLタブに切り替えていないケース

これはブログを書くモードが「通常表示」のままリンクコードなどを貼り付けるとうまく表示できません。

プレビューでみるとリンクコード自体が表示されるのはこれが原因。

↓こんな感じでリンクコードのまま表示されます。
アメブロでアフィリエイトリンクが貼れないケース1

これの対処方法は記事を書く時のモードをリンクを貼る時に「HTML表示」に切り替えてからリンクを貼ればOK。

アメブロでアフィリエイトリンクが貼れない場合の対処1

とりあえず、ごちゃごちゃしたコードを貼る時は「HTML表示」モードに切り替えてから貼るという事だけ覚えておけばOK。それ以外は「通常表示」モードに戻してもOK。

ケース2.禁止タグを使っているケース

アメブロは禁止タグが多いため、禁止タグが含まれたリンクなどはうまく貼り付けができません

禁止タグを含むコードを貼り付けてプレビューや公開しようとするとメッセージが表示されます。

アメブロでアフィリエイトリンクが貼れない場合の対処2

アメブロの禁止タグ一覧

アメブロの禁止タグはヘルプんも書かれてます。

アメブロの禁止タグは以下の通りです。
これらのタグは、「記事内」「メッセージボード」「フリースペース(プロフィール・ブログ)」「自己紹介」ではお使いいただけません。
設置したいタグに禁止タグが含まれている場合は、フリープラグインをご利用ください。
また、Google Analyticsは外部サービス連携で設置をしてください。

・html
・head
・body
・frame
・frameset
・iframe
・object
・param
・server
・javascript
・form
・input
・embed
・textarea
・script
・meta
・button
・option(フリースペース、自己紹介のみ禁止)
・title(自己紹介ではご利用になれます)

参考:Amebaヘルプ

挿入したコードに上記コードが含まれていないか確認してみて下さい。

ヘルプにも書かれているように記事内で使えない禁止タグもフリープラグインでは使う事ができます。

広告リンクだと禁止タグの「iframeタグ」もしくは「script」タグが含まれている物もあります。

「iframeタグ」や「script」タグやが使えるのはサイドバーの「フリープラグイン」しかありませんので、この「フリープラグイン」に広告を設置するか、これら禁止タグを含まない広告タグを探すという2通りの対処が必要になります。

以上がアメブロで通常のリンクや広告リンクが貼れない場合の対処方法でした。

最終更新日:2018/07/18

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。