WordPressカスタマイズまとめ

子テーマにfunctions.phpを追加する時の注意点

WordPressのカスタマイズやサイトの高速化、その他色々な機能を追加する時に必要になるのがfunctions.phpなのですが、子テーマに「functions.php」を追加する時には注意が必要です。

親テーマの「functions.php」の記述と子テーマの「functions.php」の記述が重複したり、記述ミスがあるとブログの表示が真っ白になったり、色々な不具合がある場合がありますのでちょっと解説しておきます。

子テーマにfunctions.phpを作成する

「functions.php」を追加する場合には他の子テーマのように親テーマの記述をコピーするのではなく、白紙で作成しておきます。つまり、ファイル名だけ書いて保存すればOKです。

親テーマと同じ記述をすると前述したようにブログが表示されない状態になります。まあ、記述をミスってもFTPからこのファイルの記述を元に戻すか子テーマの「functions.php」を削除すればOKですので心配は無用です。

js-6

ここまでできたらWordPressに戻り、「外観」⇒「テーマの編集(エディタ)」と進み、先ほど作成した「functions.php」を開きます。

js-7

js-8

functions.phpでは最初と最後に次の記述をしておき、この中に全ての処理を書いていきます。

<?php

//ここに処理を記述していきます

?>

以上子テーマに「functions.php」を追加する方法でした。