【図解】Cocoonでアドセンス広告を設置する手順とその他広告の設定方法

Cocoonでアドセンス広告を設置する手順とその他広告の設定方法Googleアドセンスの登録や設置方法

Cocoonでは管理画面からアドセンス広告の設置ができます。自分の好きな位置にチェックを入れるだけなので本当に簡単です。

またアドセンスだけでなく、バリューコマースのLinkSwitchなどの設定もできますので、説明しながら設定していきます。

アドセンスの審査が終わっている前提で進めますので、まだアドセンスの申請、審査が終わってない方は先に済ませておいて下さい。

【図解】Googleアドセンスの申込み・登録申請方法から審査までの流れ
今回は実際にGoogleアドセンスに申込みして登録する流れを紹介していきます。 ...

先にアドセンスの広告作成をしておく

まずはCocoonで利用するディスプレイ広告を作成します。リンク広告も作成できる方は作成しておくと良いです。

※リンク広告は廃止されるという事でしたので、新規の方は作成できないかもしれません。

Googleアドセンスの管理画面から「広告」⇒「サマリー」⇒「広告ユニットごと」⇒「ディスプレイ広告」を選択。

Googleアドセンスで広告ユニットの作成手順3

作成する広告に名前をつけます。サイト名とサイズなどを名前にしておくと後から探しやすいです。サイズはレスポンシブにして保存。

Googleアドセンスで広告ユニットの作成手順2

広告のコードが表示されます。「HTML」と「AMP」の2つのコードが選択できますが、通常はHTMLのコードでOKです(AMPって何?って方はHTMLの通常のコードでOKです)。

Googleアドセンスで広告ユニットの作成手順4

作成したコードは「Cocoon設定」⇒「広告」と進み、アドセンス設定という部分の広告コードに貼り付け。

Cocoonでアドセンス広告を設置する手順2

Cocoonでアドセンス広告を設置する手順1

リンク広告を作成できる方は「リンクユニット用コード入力」をクリックしてリンク広告のコードも設定できます。

Cocoonでアドセンス広告を設置する手順7

Cocoonの広告設定をする

改めてCocoonの広告設定をしていきます。

「Cocoon設定」⇒「広告」と進みます。

Cocoonでアドセンス広告を設置する手順2

広告設定

「広告の表示」は全ての広告を表示にチェックを入れます。また、ラベルは「スポンサーリンク」もしくは「広告」を入力します。

Cocoonでアドセンス広告を設置する手順6

ラベルは広告の上に表示されるテキストです。アドセンス広告は「ユーザーがコンテンツと広告を簡単に区別できるようにすることが大事」なので、紛らわしい場所の広告にはラベル表示しておくのが無難です。

また、アドセンスでは「広告」「スポンサーリンク」どちらかのラベルしか使えませんので注意。

AdSense の広告ユニットには、「広告」と「スポンサーリンク」のいずれかのラベルを表示できます。他の種類のラベルは、現時点では許可されません。
参考:AdSenseヘルプ|広告のラベル表示

アドセンス設定

「アドセンス広告の表示」では全てのアドセンス広告を表示にチェックをいれます。最初に設置したアドセンスコードもきちんと入力されている事も確認。

Cocoonでアドセンス広告を設置する手順8

アドセンス表示方式は3種類があります。

  • アドセンス自動広告のみ利用:完全おまかせ
  • 自動広告とマニュアル広告を併用:自動広告&自分で位置を決める
  • マニュアル広告設定:自分で位置を決める

自動広告はやってみると分かりますが、文章の途中で広告が表示されたり、引用文の中に広告が表示されたりと、思わぬところにガンガン広告が出現します。

それが嫌であれば自分で位置を決める「マニュアル広告設定」か、自分で決める+自動広告を混ぜる「自動広告とマニュアル」のどちらかがおすすめです。

Cocoonでアドセンス広告を設置する手順9

広告の表示位置

広告の表示位置を決めていきます。基本的に効果的な配置はそのサイトによっても全然違います。

ただ、共通してよくクリックされるのが本文中と本文下です。タイトル周辺もクリックされやすい場所ですが、コンテンツを押し下げるのでそこで離脱される可能性も増えます。

広告の詳細でシングルレクタングル(四角形の広告1つ)、ダブルレクタングル(2つ並び)、記事内広告などが選択できるのですが、私のサイトではシングルレクタングルが一番成果が上がってるのでシングルレクタングルにしてます。

前述したようにサイトごとに違ってくるので色々試してみて下さい。

一応サンプル。

「インデックスページ(トップページ)」固定ページとかではなく、記事一覧とかになってるトップページ。

Cocoonでアドセンス広告を設置する手順10

  • ミドル(シングルレクタングル)
  • ボトム(シングルレクタングル)

投稿ページ・固定ページ

Cocoonでアドセンス広告を設置する手順11

  • タイトル下(リンク広告)
  • 本文中(シングルレクタングル)
  • 本文下(シングルレクタングル)

という感じす。

最後のショートコードの項目は有効にしておきます。

Cocoonでアドセンス広告を設置する手順12

ショートコードを有効にしておけば記事作成中に好きな位置に手動で広告を設置できます。

例えば見出しから見出しまでが長文になっている場所とかの間に1つ入れておこうかな?という事も可能です。

広告入れたい場所に

[ad]

と入力するだけなので簡単です。

バリューコマース

バリューコマースのLinkSwitchの設定項目です。

LinkSwitchは直接リンク(アフィリエイトリンク以外のリンク)をアフィリエイトリンクに変換してくれる機能です(アフィ案件あるものだけ)。

アフィリエイト案件あるの知らなくてこれまで直接リンクしかしてなかったというケース、そういう時に直接リンクが自動でアフィリンクになって報酬が発生するというやつです。

なのでいちいちASPへ行って案件探さなくてもとりあえず直接リンクしておけばOKなのでとても簡単で取りこぼしもありませんので設定しておいて損はありません。

※バリューコマースの無料会員登録済んでない場合は先に登録を

【無料会員登録】バリューコマース詳細ページ

バリューコマースの管理ページから「広告の作成/ツール」⇒「LinkSwitch」⇒「LinkSwitchの設定」と進みます。

LinkSwitchの設定1

一番下の「LinkSwitchを利用開始する」をクリック。

LinkSwitchの設定2

表示されたコードから番号部分のIDをコピー。

バリューコマースリンクスイッチのID

コピーしたIDをCocoonの広告設定ページの「LinkSwitch ID」のところに入力。

Cocoonでアドセンス広告を設置する手順13

広告除外設定

このページやカテゴリーには表示したくないという場合に設定ができます。

ここで除外しなくても記事作成の投稿画面の右下の方に「広告を除外する」というチェックボックスがありますのでここからでも個別記事単位で除外設定ができます。

Cocoonでアドセンス広告を設置する手順15

全部設定が終わったら一番下の「変更をまとめて保存」を忘れずに。

以上でCocoonのアドセンスとその他広告の設定は完了です。

関連【無料会員登録】バリューコマース詳細ページ

アドセンスの関連コンテンツが使える方は関連コンテンツも設置してみて下さい。

Cocoonにアドセンスの関連コンテンツを設置する手順。関連コンテンツはラベルに注意
今回はアドセンスの関連コンテンツ広告をCocoonに設置する手順と注意点について...

Cocoonでおすすめのプラグインもどうぞ。

WordPressテーマ「Cocoon」を使うなら最低限入れておきたいプラグイン12選+1
これまで7年ほどTwenty Twelveという公式テーマをカスタマイズして利用...

コメント

タイトルとURLをコピーしました