Search Consoleのリンク否認ツールの使い方

Search Consoleのリンク否認ツールの使い方Search Consoleの登録や使い方

前回の記事でサイトへのリンクつまり他のサイトから自分のサイトに貼られているリンク(被リンク)の調べ方を紹介しましたので、今回はSearch Consoleのリンク否認ツールの特徴や使い方を紹介していきます。

ちなみに前回の記事はこちら。

Search Consoleでサイトへの被リンク数や内部リンクを調べる
検索順位を決定する大きな要因の1つが被リンク。 今回はSearch Consoleで、自分のサイトへの被リンクを調べる方法について紹介していきます。被リン...

リンク否認ツールとは?

まずは前回の記事でも書きましたが、他のサイト(ドメイン)から自分のサイトへリンクを貰うのが被リンク。この被リンクは自然に付いた物であれば問題は全くないですし、強いサイトからの被リンクは検索順位的にもいい影響がある場合も多いです。

ただ、悪質なリンクを意図的にそして大量に送り、相手の順位を下げてやろうというネガティブSEO(逆SEO)的な手法もあります。このような方法で自分のサイトの順位が下がる場合というのはほとんどないと言われていますが、まれにそれが原因と思われる順位下落があるという報告もあるようです。

私のサイトも海外から大量の怪しい被リンクがついているサイトがあるため否認ツールで被リンクをコントロールしてます。

リンク否認ツールは必要?どんなときに使う?

実際にこのリンク否認ツールを使う場面というのはほとんどありません。

Search Consoleのリンク否認ツールのヘルプにもこのように書いてあります。

Google では、第三者のサイトでの操作がウェブサイトに悪影響を及ぼさないようにすることに注意を払って取り組んでいます。

また、ヘルプにもこのように注意書きがあります。

これは高度な機能であるため、慎重に使用する必要があります。使い方を間違えると、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。ご自分のサイトに対して、スパム リンク、人為的リンク、品質が低いリンクが数多くあり、それが問題を引き起こしていると確信した場合にのみ、バックリンクを否認することをおすすめします。ほとんどの場合、Google では詳しい情報を提供されなくても、どのリンクが信頼できるものかを評価することが可能なため、標準的なサイトのほとんどではこのツールを使う必要はありません。

被リンクが原因で問題が発生していると「確信」した場合のみ使ってねって感じになっていますよね。

被リンクの調査をする

「リンクの否認」ツールを使うにはSearch Consoleにサイトを登録する必要があります。もちろん無料で使えるツールで他にも色々便利な機能がたくさんあるので、これは登録しておく事をおすすめします。登録方法はまとめページから探して下さい。

Search Consoleの登録から使い方までのまとめ
Search Consoleは自分のサイトのページのインデックスをお願いしたり、サイトに重大なエラーがないかチェックできたり、サイト内の構造に問題がないか?とい...

リンクの否認ツールは1つ1つの「URL」もしくは「ドメイン」を指定する事ができるので、例えば怪しいドメインから短い期間に大量の被リンクがあったというような場合にはドメイン単位で否認する事ができます。

Search Consoleの管理画面から対象サイトを選択して左のメニューから「リンク」をクリックして右上の「外部リンクをエクスポート」⇒「最新のリンク」をクリック。

Search Consoleで外部リンクのエクスポート1

「CSV」もしくは「Googleドキュメント」を選択してダウンロードできます。

MEMO

「最新のリンク」はサイトへのリンクの内最近検出されたものを検出日でソートされた一覧です(最大100,000行)。

ダウンロードしたファイルを開いてみるとリンク元と日付が表示されてます。

Search Consoleで外部リンクのエクスポート3

この中から怪しげなドメインやリンクを探していく訳なので、かなり大変です。

明らかに怪しいドメインであればドメイン自体を否認すればOKですが、これだけ数が多いとそれも大変。

記事の途中でも書いたように「Google では、第三者のサイトでの操作がウェブサイトに悪影響を及ぼさないようにすることに注意を払って取り組んでいる」訳なので、明らかにリンクが悪影響を与えていると確信した場合や不自然なリンクでペナルティーを受けている場合以外は特に必要ないかなと思います。

リンク否認ツールの使い方

否認するリンクのリストでテキストファイルを作成。Windowsに最初から入っているメモ帳でもOKです。

書き方はこんな感じです。

# spamdomain1.com のオーナーに 2012 年 7 月 1 日にリンクの削除を依頼。しかし返事が得られなかった。
domain:spamdomain1.com
# spamdomain2.com のオーナーはほとんどのリンクの削除に応じてくれたが、一部削除できていないリンクが残っている。以下がその一覧。
http://www.spamdomain2.com/contentA.html
http://www.spamdomain2.com/contentB.html
http://www.spamdomain2.com/contentC.html

参考:ウェブマスター向け公式ブログ

1行に1個づつ、URLやドメインを指定します。「#」はコメントで「#」の後ろに書かれているURLやメッセージは反映されないので説明書きというかメモ代わりに使います。

ドメイン単位で否認する場合には上記の例にあるように「domain:spamdomain1.com」と記述すればそのドメインからのリンク全てを無効化できます。

作成したテキストファイルに名前を付けて「保存」。

テキストファイルの保存ができたらSearch Consoleのリンク否認ツールのページへ移動します。

Search Consoleリンク否認ツール

対象のサイトを選択して「リンクの否認」をクリック。

Search Consoleのリンク否認機能の使い方1

次の画面で注意書きがあるのでよく読んで「リンクの否認」をクリック。

Search Consoleのリンク否認機能の使い方2

それで先ほど作成したテキストファイルを選択して「送信」でOK。

Search Consoleのリンク否認機能の使い方3

送信が済むと「ファイルの削除」や「ダウンロードして編集」もできますし、問題無ければ「完了」をクリックして終了。

Search Consoleのリンク否認機能の使い方4

さらに否認リンクを追加したい場合は一旦ダンロードしてそれに追加して再度送信する感じです。

何度も書いたように普段このツールを使う事はほとんどないと思いますが、不自然なリンクでペナルティーを受けてSearch Consoleにメッセージが来たりした場合や、明らかに悪質なリンクが大量に張られて悪影響を受けているという場合のみ使用を検討したらOKです。

Search Consoleの使い方まとめページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました