Amazonアソシエイトともしもアフィリエイト成果に違いがある?どっちを利用するのがお得?

Amazonアソシエイトともしもアフィリエイト成果に違いがある?どっちを利用するのがお得? もしもアフィリエイト

Amazon商品の紹介をする場合、

  • Amazonアソシエイトに登録してアフィリエイト
  • もしもアフィリエイトに登録してアフィリエイト

と2つのやり方があります。

どちらを使った方がいいの?という方が多いので、それぞれの違いについて紹介していきます。

Amazonアソシエイトと「もしもアフィリエイト」の違い

もしもアフィリエイトではAmazon商品のアフィリエイトができます。

Amazonアソシエイトと同じようにアフィリエイトができますが、いくつか違いがありますので紹介していきます。

※売上(紹介料率)はどちらも同じように発生し、成果として計上されます(違いはありません)。

1.審査と審査期間の違い

Amazonアソシエイトでは登録が済めばアフィリエイトリンク自体は作成できるのですが、180日以内に3件以上の売上が発生してからサイトの審査となります。

そのため、審査合格までにとても長い時間がかかります。

※ちなみに審査に落ちたとしてもその間発生した成果は受け取ることができます。

一方「もしもアフィリエイト」の方は提携の申請をすればすぐに審査されて数日以内に結果が出ます。

またAmazonアソシエイトでは審査落ちたのに、もしもでは受かったという話もあったりするので審査は「もしもアフィリエイト」が有利です。

MEMO

Amazonアソシエイトも「もしもアフィリエイト」も同時進行で審査の申請できるので始めての方は両方申請しておくことをおすすめします。

■Amazonアソシエイト
https://affiliate.amazon.co.jp/

■もしもアフィリエイト
https://af.moshimo.com/

2.最低報酬支払い金の違い

最低報酬支払い金というのは、指定された金額になるまで報酬は繰り越される仕組みです。

例えばAmazonアソシエイトの最低報酬支払い金は5,000円なので、報酬額が5,000円を超えるまではずっと報酬が繰越されていき、5,000円超えてから初めて振込されます。

もしもアフィリエイトの最低報酬支払い金は1,000円です。

■最低報酬支払い金

  • Amazonアソシエイト:5,000円
  • もしもアフィリエイト:1,000円

ということで、報酬が受取やすいのは「もしもアフィリエイト」です。

※どちらも振込手数料は無料です。

もしもアフィリエイト経由のリンクだとITPの影響を受ける?

「ITP」とはApple社のブラウザSafariに実装されているプライバシー保護を目的として、ユーザーの行動を追跡・分析するトラッキングの制限を行う機能です。

つまりiPhoneからの成果が発生しなくなる問題ですが、もしも経由のAmazonリンクはファーストパーティークッキーを利用しているためITPの影響は一切受けません(問い合わせで確認済)。

Amazonのスマホアプリからの売上は成果に反映される?

Amazonアプリでの成果に関しては成果にならないという意見も時々見かけますが間違いです。

上記Tweetの通り、もしも経由のリンクでもAmazonアプリでの成果は発生します。

つまり本家と同じように成果は問題なく発生するということです。

もしもアフィリエイト経由でのデメリットはある?

Amazon商品をアフィリエイトする場合、Amazonアソシエイト、もしもアフィリエイトどちらも成果に違いはありません。

ではどちらを利用してもOKなのか?

個人的には最初は「もしも経由」、ある程度売上が上がるようになったら「Amazonアソシエイト」を利用するのがおすすめです。

その理由はPA-APIです。

PA-APIはAmazonで取り扱っている商品の情報をプログラムによって自動で取得して処理することができます。

Amazonの商品を紹介するツール「カエレバ」や「Rinker」などのツールはこのPA-APIを利用してAmazonの商品検索機能からリンクを作成してます(していました)

↓Rinkerというのはこういうリンク作成するツール。

上記のようなリンク作成する時に必要になるのが「AmazonのPA-API」です。ただ、一定の条件を満たしていない場合商品リンクの作成機能が制限されて使用できません。

  • 売上が過去30日以内に発生しない場合に利用が制限される
  • 売上実績の発生がない場合は、PA-APIの利用開始ができない

参考:Product Advertising API について |Amazonアソシエイト

つまり、売上がコンスタントに発生しないとツールでの商品検索機能が使えないというわけです。

そのため、最初は「もしも経由」、売上がコンスタントに発生するようになったら「Amazonアソシエイト」に切り替えがおすすめです。

MEMO

商品作成ツール「Rinker」や「カエレバ」などはAmazonの売上がなくても利用可能です。

Amazon商品検索機能が使えないだけで、代わりに楽天商品検索でリンク作成できます。

Amazonの成果も普通に発生します。

以上Amazonアソシエイトともしもアフィリエイトの違いについてでした。

※Amazonアソシエイトも「もしもアフィリエイト」も同時進行で審査の申請できるので始めての方は両方申請しておくことをおすすめします。

■Amazonアソシエイト
https://affiliate.amazon.co.jp/

■もしもアフィリエイト
https://af.moshimo.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました