ブログの表示スピードを調べる方法

WordPressは非常に多機能で自由度が高いのですが、多機能な分ブログの表示は重くなっていきます。特にプラグインが増えてくると余計に色々なCSSファイルやjavascript等が挿入されますので重く遅くなってしまう原因になります。

しかしながら工夫次第でWordPressの高速化をする事もできますのでこれからその方法について色々書きたいと思います。

訪問者の方は自分の知りたい情報を検索して来てくれる訳ですが、サイトの表示に時間がかかってしまうと数秒で閉じてしまいます。これは明らかにチャンスロスですし、表示速度というのは検索順位にも影響してくると言われている部分です。

スポンサーリンク

サイトの表示速度を調べる方法

まず2つのチェックサイトがありますのでそれぞれ自分のサイトのURLもしくは個別のページのURLを入れて調べてみましょう。1つ目はサイトの表示にかかる時間を計測してくれる「GTmetrix」というサイトです。
GTmetrix

page-speed-1

URLを入力して「GO」をクリックすると表示速度が計測できます。

page-speed-2

現在「5.6秒」のようです。対策をすれば1秒台か2秒台くらいには行けそうです。それでも何もしていない時は10秒以上かかっておりました。

まずはこれを何度か計測してみて大体の平均時間をメモしておいて下さい。1つ1つ対策していけばどんどん表示速度は上がるはずです。

続いてページの表示速度を邪魔している物を調べるのが2番目のサイト「PageSpeed Insights」です。
PageSpeed Insights

page-speed-3

ここも同じようにURLを入力して「分析」をクリック。

page-speed-4

モバイルとPCのタブで成績を見る事ができます。ここも工夫次第で90点前後にはなると思います。

詳細をクリックしてみると、このサイトではレンダリングブロックつまり、サイトの読み込みを邪魔している部分を指摘してくれますのでその原因を解消する事で得点を上げる(表示速度の改善)をする事ができます。

ps-1

このように表示されます。これはサイトの「head」部分にこれだけのCSSやJavaScriptの記述があるという事です。

プラグインを多数利用していると自動的にプラグインのCSSやJavaScriptが「head」部分に追加されていきます。それらが読み込みを邪魔しているという訳です。

その他ページの表示速度を上げる為の対策を指摘してくれます。詳しくはこれから対策をして行きますのでそれを読み進めると理解できるようになるでしょう。

とりあえずこの2つのサイトを利用して表示速度とそれを邪魔している要素を把握しておきましょう。難しい言葉が出てきて意味が分からないと思いますが、これから1つ1つ対策をしながら解説していこうと思います。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

ブログの更新はこちらから

ブログの表示スピードを調べる方法”に1件のコメントがあります。

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


  1. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    コメントありがとうございます。画像の圧縮で言うと「EWWW Image Optimizer」というプラグインで圧縮できますが、使ってますか?

    また、使っているのであれば「Unveil Lazy Load」というプラグインも入れてみて下さい。こちらは有効化するだけでOkです。画面に表示してない画像の読み込みを遅らせるプラグインで高速化に貢献すると思います。

    とりあえずこれを試して再計測してみて下さい。また、コメントの返信は週明けになるかもしれません。すみませんがよろしくお願いします。