エックスサーバーの料金は高い?一括だけでなく、毎月払える?費用を安く抑えて利用するには?

エックスサーバーの料金は高い?一括だけでなく、毎月払える?安く利用するには? XSERVER(エックスサーバー)

エックスサーバーは安定・安心感のあるサーバーで人気のレンタルサーバーですが、料金が他のサーバーと比較してちょっと高め。

ということで今回は安くなる料金の支払い方法について紹介していきます。

  • エックスサーバーでは初回何ヶ月契約が必要?
  • 料金の支払い方法は?
  • 一括ではなくて毎月の支払いにできる?
  • エックスサーバーを安く利用するには?
  • エックスサーバーの代わりになる安いサーバーは?

など主に料金関係について解説していきます。

キャンペーンは確認しましたか?

エックスサーバーはキャンペーン内容次第でめちゃくちゃ安く始めることができますので、最初にキャンペーン内容を「必ず」確認しておいてください。

※12月9日(金)までのキャンペーンあり

■エックスサーバーキャンペーンページ
https://www.xserver.ne.jp/

追記:2022年8月よりエックスサーバーの全プランで初期費用は廃止になりました

これまでエックスサーバーでは3,300円の初期費用がかかっていたのですが、2022年8月より全プランで初期費用が廃止になりました。

■変更日時
 2022年8月4日(木)12時

■対象サービス
 エックスサーバー 全プラン

■変更内容
 初期費用 3,300円 → 0円

エックスサーバー契約時の支払いは一括ではなく毎月払える?最低何ヶ月の契約が必要?おすすめの契約期間は?

エックスサーバーの支払いについて、初回は3ヶ月の契約が最短になり、初回のみ一括で支払う必要があります。

最短利用期間はありますか?
はい、少なくとも3ヶ月以上ご契約いただく必要があります。
なお、2回目以降の「更新時」に限り、クレジットカード、または翌月後払い(コンビニ/銀行)での1ヶ月自動更新設定が可能です。

例えばスタンダードプランの初回3ヶ月契約にすると、新規契約の際に必要な料金は3,960円(初回3ヶ月契約)で、これが初回契約時にかかる最低料金です。

「毎月支払いにしたい」という方は契約時だけ3ヶ月契約し、その後は自動更新という支払いがおすすめです。

もちろん余裕があるなら最初から長期契約の方が安くなります。

初心者の方におすすめの契約期間は12ヶ月です。

サイト用の独自ドメインなどは12ヶ月単位での取得・更新になるので、サーバーの契約も同じく12ヶ月をおすすめしています。

契約期間初期費用(税込)料金(税込)合計(税込)
3ヶ月0円1,320円×3ヶ月3,960円
6ヶ月0円1,210円×6ヶ月7,260円
12ヶ月0円1,100円×12ヶ月13,200円
24ヶ月0円1,045円×24ヶ月25,080円
36ヶ月0円990円×36ヶ月35,640円

ということで

  • 3ヶ月契約なら3,960円
  • 12ヶ月契約でも13,200円

で始めることができます。

MEMO

もちろんエックスサーバーのキャンペーンがあれば、もっと安く始めることができます。

自動更新設定しておけば2回目の支払いは安くなる

2回目以降も支払いについては自動更新設定がおすすめです。

クレジットカードの自動更新設定を利用すると、契約期間が6ヶ月以内であれば手動更新よりも割安になります。

  • 自動更新なし:3ヶ月契約(月額1,320円)
  • 自動更新あり:1ヶ月更新(月額1,100円)

自動更新にすることで1ヶ月あたり220円安い計算になります。

また、自動更新についても1ヶ月更新、24ヶ月更新、36ヶ月更新があり、長期の契約を更新したほうが安くなります。

たとえばスタンダードプランの場合、「1ヶ月更新」の更新料金は「1,000円(税抜)」ですが、
「24ヶ月更新」の場合は月あたりの料金が「950円(税抜)」、
「36ヶ月更新」の場合は月あたりの料金が「900円(税抜)」となり、
エックスサーバーをより安く利用することが可能です。

『自動更新設定』における、「3ヶ月更新」「6ヶ月更新」「12ヶ月更新」「24ヶ月更新」「36ヶ月更新」への対応のお知らせ|エックスサーバー

ということで、2回目以降も支払いは自動更新にしておくと良いです。

※自動更新の支払い方法は「クレジットカード」と「あと払い(ペイディ)」が利用できます。

MEMO

クレジットカード持っていないという方は「楽天カード」がおすすめです。

還元率も高く、年会費がずっと無料、さらに学生さんや主婦の方でも作成できるクレジットカードです。

楽天市場での買い物でポイントが2倍、入会ポイントも5000ポイントもらえます。

■楽天カード公式サイト
https://www.rakuten-card.co.jp/

月初に申込みをすると約1ヶ月分お得

よくある質問にもあるのですが、契約してから実際に課金されるのは翌月1日からです。

そのため、できるだけ月初に申込みすることで最大1ヶ月近く無料で利用できる計算になります。

エックスサーバー安くするには?

Q:実際の契約(課金)はいつからになりますか?

A:ご利用料金はお申し込み日の翌月1日から起算いたします。

(例)7/15ご利用開始 → 8/1が料金の起算日となります。

よくある質問 新規契約|エックスサーバー

安く利用するには

キャンペーンは確認しましたか?

エックスサーバーはキャンペーン内容次第でめちゃくちゃ安く始めることができますので、最初にキャンペーン内容を「必ず」確認しておいてください。

※12月9日(金)までのキャンペーンあり

■エックスサーバーキャンペーンページ
https://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーの支払い方法は?

エックスサーバーの申込みには2通りあります。

  • 通常の申込み
  • クイックスタートでの申込み

「クイックスタート」での申込みは申込みと同時にWordPressの設置も完了するという初心者には嬉しい機能ですが、クイックスタートの申込みは「クレジットカード」での支払いが条件となってます。

「通常の申込み」の場合の支払い方法は

  • クレジットカード
  • 銀行振り込み
  • ペイジー
  • 翌月後払い(Paidy)

上記4つの支払い方法が選択できます。

Paidyはメールアドレスと携帯番号だけで決済完了するシステム。

クレジットカードのように購入した商品の代金は、翌月まとめて支払う仕組みです。

Paidyの料金の支払い方法は「口座振替」「コンビニ決済(手数料あり)」「銀行振込(手数料あり)」が選択できます。

実際の費用の支払い方法ですが、「エックスサーバーアカウント」にログイン。

右上の「料金支払い」を選択し、サーバーを選択し、契約期間を選択、「支払い方法を選択する」をクリック。

エックスサーバー支払いページ1

決済方法を選択して「決済画面に進む」を選択。

エックスサーバー支払いページ2

後はそれぞれの支払い方法の画面の案内に従って支払いを完了させたらOKです。

エックスサーバーの料金支払いは「自動更新」ができる方法を推奨

サーバーの料金は支払いを忘れるとサイトが見れなくなってしまいますし、サイトが表示されない時間が長いほど検索順位にも影響する場合あります。

そのため、料金の支払い方法は自動更新ができる「クレジットカード」もしくは「Paidy」がおすすめです。

自動更新にしておくことで払い忘れを防ぐことができます。

クレジットカード持ってない方は「楽天カード」のような年会費がずっと無料で、ポイント還元率が良いカードを作っておくと便利です。

楽天カード
※楽天カードは主婦・学生も申込可能です。

楽天カードは目的別に2枚目の作成も可能ですし、入会特典のポイントももらえます。

■楽天カード公式サイト
https://www.rakuten-card.co.jp/

【図解】エックスサーバーの申し込みからWordPressブログの始め方、使い方まとめ
レンタルサーバー「エックスサーバー」の使い方をまとめたページです。 エックスサ...

エックスサーバーの月額料金が高いと思うなら「シン・レンタルサーバー」も検討を

エックスサーバーからリリースされている新しい「シン・レンタルサーバー」はエックスサーバー管理画面も同じで、高スペックでありながら料金がエックスサーバーよりも安いプランがあります。

シンレンタルサーバー

  • エックスサーバーのシステムを引き継ぎ
  • 管理画面などもエックスサーバーと同じ
  • 表示速度はもちろん爆速
  • 初期費用が無料
  • 月額料金も770円~
  • 無料お試し10日間あり

初期費用が無料で月額料金も770円~となってますのでおすすめです(私も別サイトで利用してます。)。

「エックスサーバー」と何が違う?

「シン・レンタルサーバー」は革新性、「エックスサーバー」は安定性に重点を置いたサービスです。

「シン・レンタルサーバー」では、新機能の迅速な実装を目指す一方、「エックスサーバー」では、新機能の採用は膨大な検証データを元に慎重に導入が検討されます。

12ヶ月までの料金の比較。

 シン・レンタルサーバー
ベーシックプラン
エックスサーバー
スタンダードプラン
初期費用無料無料
3ヶ月990円1,320円
6ヶ月990円1,210円
12ヶ月880円1,100円

■シン・レンタルサーバー
https://www.wpx.ne.jp/shin/

【図解】エックスサーバーの申し込みからWordPressブログの始め方、使い方まとめ
レンタルサーバー「エックスサーバー」の使い方をまとめたページです。 エックスサ...

以上エックスサーバーの料金支払いと代替サーバーの紹介でした。

サーバー申込みの前にキャンペーンは確認しましたか?

どのレンタルサーバーも現在キャンペーン中で安く始めることができます。

レンタルサーバーは申込み前に「必ず」キャンペーンを確認しておくことをおすすめします。

通常よりもかなり安くお得に始めることができる可能性があります。

■エックスサーバー ※12月9日(金)までのキャンペーンあり
https://www.xserver.ne.jp/

■ConoHa Wing ※12月5日(月)までのキャンペーンあり
https://www.conoha.jp/wing/

■ロリポップ ※12月31日(土)までのキャンペーンあり
https://lolipop.jp/

■mixhost ※期間限定のキャンペーンあり
https://mixhost.jp/

■シンレンタルサーバー ※12月22日(木)までのキャンペーンあり
https://www.shin-server.jp/

■スターサーバー ※12月29日(木)までのキャンペーンあり
https://www.star.ne.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました