サイトやブログの記事を即インデックスさせるFetch as Google

今回はSearch Consoleの機能「Fetch as Google」の使い方について紹介していきます。この機能で新しい記事でもGoogleにすぐにクロールしてインデックスしてね!というリクエストを送る事ができるので非常に便利です。

Googleにインデックスされるまでは検索結果には表示されないので、記事を書いたら即インデックスさせるようにしておきましょう。

この「Fetch as Google」でできる事は主に2つです。

  • インデックスのリクエスト
  • レンダリングチェック

レンダリングについて簡単に説明しておくと、ブラウザを使って訪問者が見るサイトとGooglebotが見るサイトが違う場合があるため、GoogleBotにはサイトがどのように映っているのかを確認する機能です。

JavaScriptやCSS、画像などの読み込みでエラーを起こしていたりしてGooglebotが取得できない場合はその状況の詳細をチェックできるという機能。

そもそも普通の「アクセス解析」などはユーザーの数や動きを把握するツールですが、「Search Console」はユーザーではなく、主にGooglebotの動きを計測するツールというイメージを持っておけばOKです。

インデックスを急ぐ理由

まず、基本的な部分ですが、いくら記事を大量に公開しても検索エンジンにクロールされてインデックスされないと検索結果には反映されません。時間が経てば自然にインデックスされる場合が多いですが、中にはインデックスされにくいページや時間のかかるページもあります。

ただ、インデックスを急ぐ最大の理由としてはは、1秒でも早くコンテンツをインデックスさせ、自分のコンテンツがオリジナルであることをGoogleに認識してもらうという部分です。これは最近多いコピーコンテンツに対する対策でもあるという事です。

最近コンテンツをコピーされたという方も多いですが、問題になるのはオリジナルである自分のサイトよりもパクった他人のサイトが上位に表示されてしまう事もあるという点。

なので、できるだけ早くインデックスさせて自分がオリジナルであるという事をGoogleに認識してもらう必要があるという訳ですね。それではSearch Consoleの「Fetch as Google」の使い方を紹介していきましょう。

Fetch as Googleの使い方

まずはSearch Consoleの管理画面から対象サイトを選択し、左の項目から「クロール」⇒「Fetch as Google」をクリック。

fetch-1

それで新しく更新した記事(ページ)のURLを入力して「取得」をクリック。

fetch-2

ステータスが完了になったら、「インデックスの送信」をクリック。

fetch-3

「送信方法の選択」という画面になるので、通常は「このURLのみをクロールする」にチェックを入れて「送信」。

fetch-4

もう1つの選択肢「URLと直接リンクをクロールする」というのは選択したURLがリンクしている他のすべてのページもインデックスして欲しい時に使うのですが、この「URLと直接リンクをクロールする」が使えるのは1か月に10件までなので注意。

最終的にステータスが「完了」になっていればOK。

fetch-5

レンダリングのチェック方法

レンダリングは毎回チェックする必要はありません。サイトやブログで大きな変更をした場合やrobots.txt(検索エンジンのクローラにアクセスされたくないサイトのコンテンツを指定できるファイル)などを使用する場合のチェックとして使います。

Search Consoleの管理画面から対象サイトを選択し、左の項目から「クロール」⇒「Fetch as Google」をクリック。

fetch-1

それで新しく更新した記事(ページ)のURLを入力して呼び出すGooglebotの種類を選択。

fetch-7

  • PCの見え方をチェックする場合は「PC」を選択
  • スマートフォンからの見え方を確認する場合は、「モバイル: スマートフォン」
  • フィーチャーフォン(ガラケー)の見え方をチェックする場合は「モバイル: cHTML」もしくは「モバイル: XHTML / WML」

選択できたら「取得してレンダリング」をクリック。「取得してレンダリング」はちょっと時間がかかるので待ちます。

fetch-8

取得したURLの「行」をクリックすると、取得したURLの詳細を確認できます。

fetch-9
後はレンダリングタブを選択をすると結果がこのように表示されます。今回はスマートフォン表示の見え方をチェックしてみました。

fetch-10

このようにGooglebotでの見え方(左)と訪問者の見え方(右)がチェックできるので、これが大体同じであればOKです。また、下にスクロールしてみると取得できなかったり、ブロックされているリソースが表示されています。

fetch-11

レイアウトに影響するcssや画像、JavaScriptファイルがなければ問題はないです。

また、robots.txt(検索エンジンのクローラにアクセスされたくないサイトのコンテンツを指定できるファイル)などを使ってブロックしてるリソースがある場合はレンダリングで影響がないかどうかチェックしておく事をおすすめします。

次回はアクセスアップにもつながる検索アナリティクスについて解説していきます。

WordPressの始め方
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

ブログの更新はこちらから

サイトやブログの記事を即インデックスさせるFetch as Google”に10件のコメントがあります。

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


  1. MARY

    しげそう様、ご丁寧にどうもありがとうございました。
    とても親切なご回答に感謝しています。Seesaaって全部無料なのですごくイイナって思っていたのですが、こちらのサイトを読み込んでいくうちにいろいろリスクもあることを知り、最近ワードプレスへのお引越しも考えるようになりました。
    またいろいろ読みながら勉強させていただきたいと思っています。
    取り急ぎになりますが、本当にありがとうございました。

  2. しげぞう 投稿作成者

    MARY様

    コメントありがとうございます。レンダリングチェックというのは「私たちが普通に見ているサイト」ではなくて、「Google的にどんな風に見えているか?」というのをチェックできます。重要な部分なのに、Google的には見えてなかった(認識されてなかった)って事にならないようにって感じです。

    で、サイトの1ページって実は色々なファイルを読み込みます。画像のファイルとかCSSのファイルだったり、スクリプトとか色々読み込んで1ページを構成しています。

    そのうちGoogleに読み込ませる必要のないファイルってのがあります。読み込ませてもいいんですが、その分表示速度が遅くなったりするので、不必要な部分は読み込ませないようにしている部分とかもあります。

    Seesaaブログの場合も何をブロックしているかわかりませんが、何か必要ないファイルを読み込ませないようにしているのだと思います。

    URLに並んでいるのはブロックしているファイルのURLです。レンダリングして見えている部分で大きな問題がなければ大丈夫と思いますし、無料ブログであればなおさら自分でブロックしてない限りは大丈夫かと思います。

  3. MARY

    しげそう様、とても分かりやすい情報をいつもありがとうございます。
    私はまったくの初心者なのですが、このサイトを見ながらまずはSeesaaで趣味の範囲のブログをつくってみたりして、活用させていただいていました。
    それで、Search Consoleのことでちょっとわからないことがあるので質問させてください。
    Fetch as Googleのレンダリングのチェックが、今まで普通にステータスが「完了」だったにも関わらず、ここ数日「一部」になることが続いています。特にモバイルのほうはズラズラっと7つくらいよくわからないURLが表示されていて、さっぱり理解できず苦しんでいるのですが、何かチェックすべきポイントなどありますか?
    グーグルのヘルプやほかのサイトだと、コメント内容が専門的すぎて困っていた一方、しげぞう様の言葉がすごくわかりやすかったので、質問させていただきました。
    お手すきの時で結構なので、よろしくお願いします。

  4. しげぞう 投稿作成者

    ブラウン様

    返信ありがとうございます。自分で追加した覚えがないのであれば多分noindexにはなっていないと思います。ブラウザの拡張機能とかでnoindexを調べる機能とかもありますが、簡単なのは自分のブログを表示させ、何もない所で右クリック、「ページのソースを表示」をクリック。ページのソースコードがズラリと表示されます。

    後は表示されたソースからnoindexがないか探します。ページ内検索で(「Ctrl」と「F」を一緒に押すと検索窓がでます)noindexと検索してみると良いと思います。

    もしnoindexの記述があればその前後の部分も含めて教えて下さい。