サイトの記事のインデックスをリクエストできるURL検査ツール(旧Fetch as Google)の使い方

サイトの記事のインデックスをリクエストできるURL検査ツール(旧Fetch as Google)の使い方Search Consoleの登録や使い方

今回はSearch Consoleにインデックスをリクエストする「URL検査ツール」を使っていきます。

以前のウェブマスターツールやSearch Consoleでは「Fetch as Google(フェッチ・アズ・グーグル)」と呼ばれていました。

現在のSearch Consoleでは「URL検査ツール」でインデックスのリクエストができます。

Googleにインデックスされるまでは検索結果には表示されないので、記事を書いたら即リクエストするのがおすすめです。

インデックスがなぜ必要なの?

基本的な部分ですが、いくら記事を大量に公開しても検索エンジンにクロールされてインデックスされないと検索結果には反映されません。時間が経てば自然にインデックスされる場合が多いですが、中にはインデックスされにくいページや時間のかかるページもあります。

他の記事からリンクを貼ったり、ブックマークされたり、後はサイトマップの送信したりすることでもインデックスされやすくなります。

インデックスを急ぐ最大の理由としては、1秒でも早くコンテンツをインデックスさせ、自分のコンテンツがオリジナルであることをGoogleに認識してもらうという部分です

別のサイトに記事内容をパクられて先にインデックスされてしまうとコピーコンテンツに検索順位で負けてしまう可能性もあるのでインデックスは早い方がいいです。

という事で今回は「URL検査ツール」でインデックスのリクエストをしていきますが、Search Consoleでまだサイトマップ登録してない方はサイトマップも登録しておくことをおすすめします。

Search Consoleへサイトマップを送信する方法
今回はサイトマップをSearch Console(ウェブマスターツール)に送信する方法を紹介していきます。 利用しているブログサービスで若干違いがある部分...

URL検査ツールでインデックスをリクエストする手順

やり方は簡単Search Consoleの1番上の「https://◯◯内のすべてのURLを検査」という検索窓に作成した記事のURLを入力してEnter。

インデックスをリクエストという部分をクリックしたらOKです。

Search ConsoleでFetchする手順1

インデックス登録をリクエスト済みと表示されたらリクエストは完了です。

Search ConsoleでFetchする手順2

しばらくしてから再度リクエストしたURLを検査してみるとインデックスされてる事が確認できます。

Search ConsoleでFetchする手順3

インデックスエラーがでる理由や原因は?

Search ConsoleでFetchする手順4

インデックスができない場合やエラーがでる場合があります。

  • インデックスしない設定にしている
  • リダイレクト(転送設定)している
  • 重複する内容の記事がある

などなど色々なケースがあります。

WordPressの表示設定で「インデックスしない」設定になっている初心者の方も意外と多いので注意です。

Search ConsoleでFetchする手順5

以上Search Consoleでインデックスをリクエストする「URL検査」の使い方でした。

Search Consoleの登録から使い方までのまとめ
Search Consoleは自分のサイトのページのインデックスをお願いしたり、サイトに重大なエラーがないかチェックできたり、サイト内の構造に問題がないか?とい...

コメント

  1. MARY より:

    しげそう様、ご丁寧にどうもありがとうございました。
    とても親切なご回答に感謝しています。Seesaaって全部無料なのですごくイイナって思っていたのですが、こちらのサイトを読み込んでいくうちにいろいろリスクもあることを知り、最近ワードプレスへのお引越しも考えるようになりました。
    またいろいろ読みながら勉強させていただきたいと思っています。
    取り急ぎになりますが、本当にありがとうございました。

  2. しげぞう より:

    MARY様

    コメントありがとうございます。レンダリングチェックというのは「私たちが普通に見ているサイト」ではなくて、「Google的にどんな風に見えているか?」というのをチェックできます。重要な部分なのに、Google的には見えてなかった(認識されてなかった)って事にならないようにって感じです。

    で、サイトの1ページって実は色々なファイルを読み込みます。画像のファイルとかCSSのファイルだったり、スクリプトとか色々読み込んで1ページを構成しています。

    そのうちGoogleに読み込ませる必要のないファイルってのがあります。読み込ませてもいいんですが、その分表示速度が遅くなったりするので、不必要な部分は読み込ませないようにしている部分とかもあります。

    Seesaaブログの場合も何をブロックしているかわかりませんが、何か必要ないファイルを読み込ませないようにしているのだと思います。

    URLに並んでいるのはブロックしているファイルのURLです。レンダリングして見えている部分で大きな問題がなければ大丈夫と思いますし、無料ブログであればなおさら自分でブロックしてない限りは大丈夫かと思います。

  3. MARY より:

    しげそう様、とても分かりやすい情報をいつもありがとうございます。
    私はまったくの初心者なのですが、このサイトを見ながらまずはSeesaaで趣味の範囲のブログをつくってみたりして、活用させていただいていました。
    それで、Search Consoleのことでちょっとわからないことがあるので質問させてください。
    Fetch as Googleのレンダリングのチェックが、今まで普通にステータスが「完了」だったにも関わらず、ここ数日「一部」になることが続いています。特にモバイルのほうはズラズラっと7つくらいよくわからないURLが表示されていて、さっぱり理解できず苦しんでいるのですが、何かチェックすべきポイントなどありますか?
    グーグルのヘルプやほかのサイトだと、コメント内容が専門的すぎて困っていた一方、しげぞう様の言葉がすごくわかりやすかったので、質問させていただきました。
    お手すきの時で結構なので、よろしくお願いします。

  4. しげぞう より:

    ブラウン様

    返信ありがとうございます。自分で追加した覚えがないのであれば多分noindexにはなっていないと思います。ブラウザの拡張機能とかでnoindexを調べる機能とかもありますが、簡単なのは自分のブログを表示させ、何もない所で右クリック、「ページのソースを表示」をクリック。ページのソースコードがズラリと表示されます。

    後は表示されたソースからnoindexがないか探します。ページ内検索で(「Ctrl」と「F」を一緒に押すと検索窓がでます)noindexと検索してみると良いと思います。

    もしnoindexの記述があればその前後の部分も含めて教えて下さい。

タイトルとURLをコピーしました