フッターの「Proudly powered by WordPress」をCopyrightに変更

WordPress公式のテーマを利用しているとサイトの一番下に「Proudly powered by WordPress」というリンクが付いています。今回はこの表記を「Copyright 自分のサイト名」という風に変更するカスタマイズを紹介します。

Copyright表記とは?

最初にコピーライト表記について説明しておきます。

コピーライト(Copyright)とは著作権のことで、ホームページやブログはもちろん、映画や音楽、本や漫画、絵や彫刻など、全ての作品に著作権があります。この著作権は、年齢、性別、プロ、アマ問わず誰が作った作品にでも、自動的に発生するものですから、わざわざどこかに著作権を申請する必要はありません。

一応ブログも著作物ですし、コピーライト表記はしておいた方がいいと思います、という訳で「Proudly powered by WordPress」をコピーライト表記に変更したかったのですよ。

「Proudly powered by WordPress」をCopyrightに変更

今回もサンプルとしてTwenty Twelveを使って解説していきます。使うファイルは「footer.php」ですので、子テーマに親テーマの「footer.php」をコピーして追加しておきます。それで子テーマの「footer.php」を開いて次の記述を探します。

この記述の1行目と4行目に「site-info」という部分がありますよね。この間に挟まれた部分がフッターの「Proudly powered by WordPress」を表示するコードです。そのため、この間に挟まれた部分を削除してコピーライト表記のコードを入れればOkという事です。

実際にはこのように記述します。

ちょっと右に長くなってますのでスクロールしてコピペして下さい。「2014」と書いている部分は自分がサイトを始めた年に変更して下さい。これでこのように表示されます。

コピーライト表記

このコードを入れておけば次の年になっても「2014-2015」と自動で変更してくれますので便利です。以上でフッターの「Proudly powered by WordPress」をCopyrightに変更にするカスタマイズは終了です。

最終更新日:2016/04/28

フッターの「Proudly powered by WordPress」をCopyrightに変更”に8件のコメントがあります。

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. しげぞう 投稿作成者

    まっさん様

    コメントありがとうございます。フッターの部分なんですが、ここはCSSとかは何もしてなくて、footer.phpのコピーライトの記述の直前に次の記述を入れてます。

    最後のbrは改行するための記述で、改行した後にコピーライトの記述が来るようにしてます。

  2. まっさん

    先程、Seesaaブログでのコピーライト表記の記事にコメントしてしまったのですが、こちらの記事に再度コメントさせていただきます。

    1週間ほど前からWordPressを始めたばかりで色々参考にさせていただいてます。

    たくさんの記事数かつ見やすいサイトデザインでユーザビリティがとても素晴らしいと思いました。

    今回の記事に少し似ている点で質問させていただきたいのですが、こちらのサイトのフッターに表記されているコピーライトの上に運営者情報・免責事項・個人情報保護方針・お問い合せとありますが、CSSの表記の仕方を教えていただけないでしょうか?

    大変失礼な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

    Seesaaブログの記事の方でしたコメントは削除して頂いて大丈夫ですので、こちらにお願いします。

    大変お手数おかけして申し訳ないです。