ネットの画像の切り取り方と編集の仕方

このブログでも画像を見せながら手順を紹介する手法はよく使います。今回は初心者向けに画像の切り取り方やコピー、それと編集の仕方の基本を図解で解説していきます。

まず、画面に表示されている画像をそのまま撮れるのが、「スクリーンショット」という機能です。このスクリーンショットは非常に便利なので覚えておきましょう。スクリーンショットを実際に使いながら解説していきますが、その前に画像のコピーの方法についても紹介していきます。

画像をコピーする方法

まず先に「画像のコピー」や画像のアドレスを調べるための「画像のアドレスのコピー」のやり方を紹介しておきます。

コピーしたい画像を画面に表示したら、画像にカーソルを合わせて右クリックすると「名前を付けて画像を保存」「画像のコピー」「画像のアドレスのコピー」「画像の検索」というようなメニューが出てきます。

画像コピー-1

画像のコピー

ここで、メニューの中から「画像のコピー」をしておけば画像が一時保存されるので、後述するスクリーンショットで保存するのと同じです。なので、画像のコピーをしてペイントなどのツールで「貼り付け」ボタンをクリックすると選択した画像が表示されます。

名前を付けて画像を保存

その名の通り「名前を付けて選択した画像を保存」する事ができます。画像を編集する必要がない場合にはこれでもOK。ただし、画像には著作権がある場合が多いので注意が必要です。

これも後でペイントなどのツールで開き、編集する事は可能です。

画像のアドレスをコピー

これは自分のサイトの画像のアドレスを調べる時などに使います。他の方の画像のアドレスをコピーして自分のサイトに貼り付けるような事は直リンクになるのでやらないようにしましょう。これをやると相手にも非常に迷惑ですし、仮に元サイトで画像を削除された場合には自分のサイトでも画像が表示されなくなります。

上記が画像を保存する方法です。続けて画像を編集する場合には次の工程でやってみましょう。

画像編集のやり方

まずは切り取りたい画像のあるページにいきます。ページを開いたらキーボードに「PrtSc」というキーがありますよね。この「PrtSc」を押すと画像は一時保存されます。画面には何も出ないので保存されているか心配になると思いますがこれで一時保存はOK。

スクリーンショット-1

次にペイントというプログラムを起動します。「スタート」ボタンをクリックし、「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「ペイント」の順にクリックして、ペイントを起動。

スクリーンショット解説-1

ペイントを起動して、左上にある「貼り付け」をクリックすると、先程一時保存したページが貼り付ける事ができます。

画像コピー-2

切り取った画像の編集をする

このままだとページそのままが表示されているので、必要な部分を切り取る作業をします(トリミング)。上のメニューの中に「選択」という部分があるのでクリックし、「四角形を選択」をクリック。

画像コピー-3

次に使いたい部分を選択します。左クリックを押しながらカーソルを動かして切り取りたい部分を選択。

画像コピー-4

範囲を指定できたら選択した範囲内で右クリックして「トリミング」をクリックすると範囲をしてした所だけ切り抜かれます。

画像コピー-5

ちなみに間違っちゃった時には左上の戻るマークをクリックすると1つ前の状態に戻る事ができます。

スクリーンショット-7

重要な部分を丸や四角で囲ったりする場合は「図形」を選び、「塗りつぶし」なしを選択し、枠の色を選択してから範囲を指定すると枠ができます。「塗りつぶし」を選択すると選択した範囲を塗りつぶしも可能。

  • 「色1」は外側の枠の色。
  • 「色2」は範囲の内側を塗りつぶしする時の色。

画像コピー-6

後は上にサイズ変更というのがあるので、必要があればサイズを変更します。

スクリーンショット-9

最後に名前を付けて保存すればOKです。

スクリーンショット-10

スクリーンショット解説-2

保存できたらファイルのアップロードし、先程名前を付けたファイルを選択して、貼り付ければ完了。

以上が画像の切り取り方と編集の仕方です。

アクセスアップや集客に関する記事はコチラ。

WordPressの始め方
サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

ブログの更新はこちらから

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。