JETBOYの口コミや評判から使い方までのまとめ

JETBOY2レンタルサーバー

月額290円から利用できるハイスペックなSSDレンタルサーバーJETBOY。

今回はJETBOYの特徴から使い方、口コミや評判まですべてまとめていきます。

スポンサーリンク

JETBOYの特徴は?どんなレンタルサーバー?

JETBOYのはハイスペックなサーバーを安い料金から使えるレンタルサーバー。

サーバーソフトに「LiteSpeed(ライトスピード)」を採用していて、HTTP/2にも対応。

最大28コアCPU・最大128GBメモリというハイスペックなSSD高速サーバーを手頃な価格から利用できるというのが最大特徴です。

1.LiteSpeed(ライトスピード)を採用

表示速度やレスポンスに関係してくるのがサーバーソフトウェアです。

サーバーのソフトウェアとして基本的なやつが「Apache」というものです。

Apacheを採用しているのがロリポップ、さくらのレンタルサーバー、バリューサーバーなど。

で、Apacheが処理しきれない同時の大量アクセスを処理できるようなWebサーバーを作ろうと開発されたのが「nginx(エンジンエックス)」です

「nginx(エンジンエックス)」を採用しているのがエックスサーバー、スターサーバーなど。

エックスサーバーエンジンエックス
参考:エックスサーバー

で、Apacheやnginxからさらに進化した「LiteSpeed(ライトスピード)」が第四のWebサーバーと言われてます。LiteSpeedはApacheの3倍以上の応答速度!

litespeed

この「LiteSpeed」を採用しているのがJETBOYです。

という事でサーバーの表示速度やレスポンス的にはApache < nginx < LiteSpeedという感じでイメージしてもらってOKです

2.無料SSLとHTTP/2に対応

JETBOYの特徴1

最近は多くのレンタルサーバーでも提供されている無料SSLですが、JETBOYでもすべてのプランで無料SSLが提供されてます。

サイトのSSL化(http⇒https)は当たり前の時代になってますので、無料のSSLは必須。

また、HTTP/2にも対応してますのでレスポンスも早いです。

http2のスピード

3.各種代行サービスがある

jetboy引越し代行手順

JETBOYでは初回3サイトまで無料でWordPressの引越しの代行をしてもらえるサービスがあります。

引越し以外でも代行サポートが充実してます。

  • WordPressサイト高速化診断
  • WordPressセキュリティ設定
  • WordPress不具合調査
  • WordPressサイトSSL化
  • バックアップデータからの復元作業

など。

JETBOYへWordPressの引越しは無料でお任せ!サーバー移転代行サービスの手順と注意点

JETBOYのデメリットは?

JETBOYのデメリットは3点です。

  1. 自動バックアップは1日前のデータが対象
  2. 新しいサービスなので実績が少ない
  3. プランのダウングレードができない

デメリット1.自動バックアップは1日前のデータが対象

基本的に自動バックアップ自体はどこのレンタルサーバーもやっているのですが、復元が有料というケースがほとんどです。

そんな中JETBOYは復元も無料なんですが一日前のデータしか復元することができませんので、手動でバックアップしておくと安心です。

最近は自動で定期的にバックアップ取ってくれるプラグインもありますのでこれらを活用するのも良いです。

デメリット2.新しいサービスなので実績が少ない

JETBOYは2015年12月から提供開始されたレンタルサーバーという事でまだ実績が少ないのがデメリットになります。

問題やトラブルが起きた時の対応ってとても大事なのでやはり実績のあるレンタルサーバーは人気があります。

デメリット3.プランのダウングレードできない

JETBOYではプランが細かく別れていて希望すればすぐアップグレードして機能の拡張ができますが、一度プランをアップグレードした時にダウングレードできません。

MEMO

デメリットはありますが、ハイスペックなサーバーを安い料金で利用できるのは大きなメリットです。

「とにかく安く始めたい」「サイトの表示速度も早い方が良い」という方にはおすすめです。

JETBOYの料金とスペック比較

冒頭でも書いたようにJETBOYはハイスペックなサーバーを安い料金(月額290円~)で利用する事ができるのが最大の特徴です。

よく比較されるサーバーと月額で比較してみると

  • エックスサーバー(X10):月額1,080円~
  • MIXHOST(スタンダード):月額880円~
  • ロリポップ(スタンダード):月額500円~:
  • JETBOY(ミニSSD):月額290円~

という感じです。

またJETBOYのプランはサイト規模に合わせていつでもスケールアップが可能。ディスク容量、データベース数以外にもCPU、メモリ、ディスクアクセス速度も併せて拡張できるので一番安いミニSSDで始めて問題ありません

プランミニSSDファーストSSDスタンダードSSDプレミアムSSD
月額料金
(1年契約の場合)
290円/月580円/月980円/月1,980円/月
初期費用
(キャンペン中の場合)
1,000円
(500円)
1,500円
(750円)
3,500円
(1,750円)
5,500円
(2,750円)
ディスク容量(SSD)5GB20GB40GB80GB
マルチドメイン10個無制限無制限無制限
MySQL
データベース
3個20個40個70個
サーバーソフトLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeed
HTTP/2
転送量の目安基本的に転送量は無制限ですが、共有サーバーなので著しく帯域が逼迫される場合には帯域制限をされる場合もあります。
バックアップ自動でバックアップ有り、復元も無料ですが一日前のデータしか復元することができません。

プランで迷う方は「プラン割り当てリソース」という部分でプラン別のPVの目安が書かれてますので、参考にしてみて下さい。

JETBOY各プラン別のPV数目安を見てみる

現在JETBOYは14日間のお試し期間もあるので一度お試ししてみて下さい。

JETBOYの登録から使い方

以上JETBOYの口コミや評判から使い方までのまとめでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました