キーワードの出現率が多いとペナルティー?

アフィリエイトに限らずどのサイトやブログであっても集客するために必要なのが「キーワード選定」。要はよく検索されるキーワードを調べて記事タイトルや文章中に入れる事で狙ったキーワードからの集客をしていきます。

このブログの場合も「アフィリエイト 稼ぐ」や「アフィリエイト ブログ」などのキーワードで検索すれば検索結果の1ページ目に表示されるのが確認できると思います。

このように狙ったキーワードで上位表示できれば集客は難しくはありません。

キーワード選定については別記事で詳しく書いているので、よく分からないという方は先に読んでおくことをおすすめします。
狙ったキーワードで上位表示!集客に欠かせないSEO対策の基本

キーワード使いすぎのペナルティーは存在する?

さて、キーワードは検索順位と密接な関係があり、一昔前にはキーワードを記事下に狙っているキーワードを大量に羅列するような手法や、ブログの説明文などにキーワードを大量に羅列し、CSSで見えなくするような手法もありました。

現在はGoogleなどの検索エンジンもそれに対策をし、キーワードが不自然に多くなるとペナルティーを受けるようになっています。

それに伴って一時期キーワードの出現率は5%位がいいとか7%までに抑える方が良いという人が多かったのですが、最近ではあまり関係ないという意見が一般的です。もちろん使いすぎはNG。

但し、キーワードを相当詰め込んだサイトでも上位表示できているサイトもあるので、ペナルティーを必ず受けるというよりもペナルティーを受ける可能性があると言った方が正確かも知れません。

ペナルティーを受けたらどうなる?

ペナルティーを受けると順位が大きく下がります。ただ、普通に記事を書いていてこのペナルティーを受ける事はほとんどありません。それから、順位が下がったのが本当にペナルティーが原因なのか?というとそれは判断が非常に難しいのです。

以前も解説した事があると思いますが、検索順位が下がるのは幾つかの原因が複数重なっている場合が多いです。重複コンテンツでフィルターをかけられているのかもしれませんし、単純にGoogleの検索アルゴリズムの変更による物かもしれません。

検索順位の基準というのは日々進化していくので、昨日まで有効だった手法が今日評価されるとは限りませんので、キーワードの使いすぎで順位が落ちたのか?それとも別の要素で順位が落ちたのか?というのは判断はできません。

なので単純に「順位が落ちたからこれはキーワード使いすぎだ!」と判断するのは辞めておきましょう。別の原因で順位が落ちているのに全く見当違いの対策をして余計順位が落ちる可能性があるよね。

ペナルティーの種類

これも以前解説したがペナルティーには2種類あります。

  • 手動のペナルティー
  • 自動(アルゴリズム)によるペナルティー

手動の場合はSearch Consoleにサイトを登録しておけばペナルティーを受けた時にメールが届くようになっています。

やっかいなのが自動のペナルティーの方です。これは何が原因でペナルティーを受けているのか分からりませんし、1つ1つ検証するのにはものすごく時間がかかる作業です。ちなみにキーワードの詰め込みすぎは自動のペナルティーです。

自分の記事を読んで不自然にキーワードを連発しているのであればそれは修正すればいいですし、それで順位が上がらないのであればそれは別のペナルティーを受けているか、そもそもペナルティーを受けていないという事も考えられます。

このようにキーワードの使いすぎで順位が落ちたのか複合的な理由で順位が落ちたのかの判断は非常に難しいです。という訳で、検索順位が落ちた時のチェックポイントと対策をまとめてあります。こちらも参考にして下さい。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。