タスク方式での作業の流れと手順【ランサー編】

今回は依頼主としてではなく、ランサーとしてタスクに挑戦してみたのでその流れを紹介してみます。依頼主編は別記事で書いているので参考に。
ランサーズで記事を外注する方法(タスク編)

タスクは体験談とかアンケートとか簡単な記事作成など単純作業が多いので初心者にも始めやすい仕事なのでタスクからスタートするのがおすすめです。

ランサーズタスクの手順と流れ

まず注意点として、タスクの場合ライティングで作業できる時間には制限時間が設定されています。制限時間は60分なのでその点は注意して仕事を選ぶ必要があります。

1000文字の依頼とかは結構大変なので、最初は300字~600字程度の記事作成とかがおすすめです。

それからランサーズログイン後のトップページの右上、プロフィール画像をクリックして開いたメニューから「クライアント(依頼側)」と「ランサー(仕事を受ける側)」の切り替えができます。

なので依頼主として登録していても「ランサー」に切り替えて仕事をする事もできますよ。

ランサー切り替え-1

タスク案件を探す

まずは自分に出来そうな依頼を探します。ランサーズのトップ画面から「仕事を探す」にカーソルを合わせて「タスク」をクリック。

ランサーズタスク-9

タスク案件の一覧から気に入った案件をクリック。

ランサーズタスク-10

やってみたいタスク案件をクリック。内容が書かれているのでそれをチェック。

ランサーズタスク-1

内容やルールをチェックしたら一番下にある「作業を開始する」をクリック。

ランサーズタスク-2

作業前の確認事項が書かれた画面になるので、一番下の「同意して作業を開始する」をクリック。

ランサーズタスク-3

再度依頼の詳細画面に戻るので一番下の「作業を開始する」をクリック。

ランサーズタスク-4

後は指定された内容で記事を作成していきますが、タスクの場合は作業フォームの右側にタイムリミットがあります。

ランサーズタスク-5

前述したように1つの作業に60分という制限時間があるのでこれは注意しておくべきポイントです。また、時間は非表示にもできます。

作業が完了したら一番下の「内容を確認」をクリック。

ランサーズタスク-6

最終的に確認できたら「作業を完了する」。

ランサーズタスク-7

後は依頼主の承認を待つだけです。ちなみにランサーズのトップページから「仕事管理」⇒「作業」をクリックすると作業した案件と現在の状態を確認する事ができます。今回はすぐに承認されて支払いも確定したようです。

ランサーズタスク-8

ランサーさんの受け取る報酬額の計算方法

さて、気になるのが受け取れる報酬なんですが手数料が引かれます。

ランサーズ手数料-1

例えば1件108円(税込み)のタスクをした場合にそのまま108円を報酬として受け取れる訳ではなく、ここから手数料が引かれます。この場合の計算方法を問い合わせて確認してみたらこんな感じのようです。

1件税込み108円の作業をされた場合、ランサー様のお受け取り額は、税込み報酬より

手数料=108(税込み作業報酬)×0.2=21.6(=小数点以下切り上げ22円)を引いた額となりますので、

108-22=86円(税込)

という計算になるようです。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。