【比較画像あり】ロリポップのハイスピードプランは何が違う?エックスサーバーよりも早くなる?比較してみた

ロリポップハイスピードプランとエックスサーバーの比較レンタルサーバー比較

ロリポップに新しく「ハイスピードプラン」というものができました。

ハイスピードプランで何が違うのか?どれくらい早いのか?ほんとに早くなるのか?今回色々と実験してみようかと思います。

利用者の多いと思われるエックスサーバーのX10プランと簡単な比較もしてみました。

ロリポップの料金プランとスペック一覧ページはこちら

今回ロリポップのハイスピードプランで採用されたLiteSpeedとは?どれくらい早くなる?

表示速度やレスポンスに関係してくるのがサーバーソフトウェアというやつです。

サーバーのソフトウェアとして基本的なものが「Apache」というものです。

Apacheが処理しきれない同時の大量アクセスを処理できるようなWebサーバーを作ろうと開発されたのが「nginx(エンジンエックス)」です

「nginx(エンジンエックス)」を採用しているのがエックスサーバー。

エックスサーバーエンジンエックス
参考:エックスサーバー

で、Apacheやnginxからさらに進化し、最速・最軽量と言われている「LiteSpeed(ライトスピード)」が第四のWebサーバーと言われてます。

litespeed速度
参考:JETBOY

今回ロリポップのハイスピードプランで採用されたのがこの「LiteSpeed」

サーバーの表示速度やレスポンス的にはApache < nginx < LiteSpeedという感じでイメージしてもらってOKです。

ということでスペック的にはエックスサーバーのX10よりもロリポップのハイスピードプランのほうが良さそうですね。

ロリポップの料金プランとスペック一覧ページはこちら

表示速度継続ツールで比較してみた

ロリポップのハイスピードプランとエックスサーバー(X10プラン)で表示速度計測ツールを使って比較してみました。

ちなみにエックスサーバーは「Xアクセラレータ Ver.2」と「サーバーキャッシュ」をONにしてます。

GTmetrix

GTmetrixでは表示速度の評価をABC評価で表示してくれるので分かりやすいです。

■ロリポップ ハイスピードプラン

ロリポップハイスピードプラン1回目

■エックスサーバー

gtmetrix計測エックスサーバー

■ロリポップのハイスピードプラン

  • PageSpeed Score:B(89%)
  • YSlow Score:A(91%)

■エックスサーバー

  • PageSpeed Score:B(84%)
  • YSlow Score:C(78%)
MEMO

「PageSpeed Score」「YSlow Score」両方ともロリポップのハイスピードプランのほうがスコアが良いという結果になりました。

以下それぞれのLoad Time(ページをロードするのにかかった時間)比較です。

Load Timeはあくまで目安の数値です。

 ロリポップエックスサーバー
1回目1.6s1.6s
2回目1.9s2.1s
3回目1.4s1.9s
4回目1.5s1.6s
5回目1.7s4.7s
6回目1.7s1.6s
7回目2.02.1s
8回目1.5s1.9s
9回目1.7s1.7s
10回目1.3s3.3s
MEMO

Load Time(読み込み時間)もほとんどロリポップのハイスピードプランのほうが良いという結果でした。

TestMySite

■ロリポップ ハイスピードプラン

TestMySite継続ロリポップハイスピード

■エックスサーバー X10プラン

testmysite計測エックスサーバー1

  • ロリポのハイスピード:1.3秒
  • エックスサーバー:1.3秒
MEMO

TestMySiteではロリポップもエックスサーバーも同じ数値がでました。

Google PageSpeed Insights

■ロリポップ ハイスピードプラン

Insight計測ロリポップハイスピード

Insight計測ロリポップハイスピード1

■エックスサーバー X10プラン

Insight計測エックスサーバー

Insight計測エックスサーバー1

 ロリポップ
ハイスピードプラン
エックスサーバー
X10プラン
コンテンツの初回ペイント1.5秒1.6秒
速度インデックス1.5秒1.9秒
インタラクティブになるまでの時間1.5秒1.6秒
意味のあるコンテンツ初回ペイント1.5秒1.6秒
CPUの初回アイドル1.5秒1.6秒
最大推定FID20ミリ秒40ミリ秒
MEMO

Google PageSpeed Insightsでもロリポップハイスピードプランのほうが数値的に良い感じになりました。

ロリポップのハイスピードプランとエックスサーバーのX10プラン比較のまとめ

ロリポップのハイスピードプランとエックスサーバーは初期費用や月額料金がほぼ同じです(キャンペーン中は安くなる場合もあります)。

スペックや実際の表示速度スコアなど比較してみましたが、ロリポップのハイスピードプランのほうが良さそうです。

 ロリポップ
ハイスピードプラン
エックスサーバー
X10プラン
ストレージSSDSSD
WebサーバーLiteSpeednginx
容量200GB200GB
転送量100GB/日70GB/日
独自SSL無料無料
電話サポートありあり
初期費用
(最初だけ)
3,000円3,000円
月額料金
(1年契約の場合)
1,000円1,000円
MEMO

これからWordPressを始めるって方はいきなりハイスペックなサーバーを選ぶ必要はないので、月額500円の「ロリポップのスタンダードプラン」からスタートして必要になった時にハイスピードプランへプラン変更するというのもおすすめです。

ロリポップのハイスピードプランはスペック的には素晴らしいですし、実際に使ってみて管理画面から速さを実感できるレベルでした。

ただ、大きなトラブルもなく長期間運営されているエックスサーバーはやはり安心感がありますので個人的には今後両方を用途別に使ってみようかなと思ってます。

ロリポップは無料お試し期間が10日間あるので実際に比較してみたい方は使って比較してみて下さい。ロリポップはマニュアルも充実してるので初心者でも分かりやすいですよ!

ロリポップの料金プランとスペック一覧ページはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました