もしもアフィリエイトでのリンク作成方法。Amazonや楽天のリンクも簡単生成

今回はもしもアフィリエイトのリンクの作成方法を図解で解説していきます。

もしもアフィリエイトではAmazonや楽天の商品も紹介できますし、通常のリンク以外にも「どこでもリンク」機能もあります。

それぞれリンクの作成方法やAmazon、楽天商品の紹介方法などまとめて紹介していきます。

もしもアフィリエイトのリンクの種類

もしもアフィリエイトでは大きく分けて2つのリンク作成方法があります。

  • 通常のアフィリエイトリンク(バナーやテキスト)
  • どこでもリンク(バナーやテキスト)

通常のアフィリエイトリンクの場合は「申し込みページ」や「商品購入ページ」へ飛ぶリンクがほとんどですが、「どこでもリンク」の場合はその商品やサービスサイトの中であればどのページでもアフィリエイトリンクにする事ができます

どこでもリンクはクリック率を上げるのには最適のリンク

通常のリンクももちろん便利なんですが、このもしもアフィリエイトで使える「どこでもリンク」はクリック率を上げるための施策が色々できます。

例えば「商品の購入ページ」へ飛ばすよりも、購入前に「もっと商品が紹介されているページ」や「よくある質問ページ」へ飛ばした方が購入してもらえるかも知れません。

とりあえずクリックされない事には成果は発生しませんので、商品やサービスの紹介をしつつ色々なページへのリンクでクリックしてもらうというのは効果的な作戦です。

という事で好きなページをアフィリエイトリンクにできる「どこでもリンク」は非常に便利。

ただ、どの広告でも「どこでもリンク」が使える訳ではなく、使えない広告もあります。これは後でまた説明していきます。

もしもアフィリエイトでのリンク作成方法と手順

前述したようにもしものリンクは「通常のリンク(テキスト・バナー)」と「どこでもリンク」の2種類がありますので順番に紹介していきます。

通常の広告を設置する手順

それでは実際に1つ広告を設置してみます。

もしもアフィリエイトのトップページへ移動して左側のメニューから広告のカテゴリーを選択します。とりあえずどのカテゴリーでもOKです。

もしもアフィリエイトリンク作成の手順1

選択したカテゴリーの案件(プロモーション)がズラリと並ぶ一覧画面になりますので、気になる案件があれば「提携申請」をクリック。

もしもアフィリエイトリンク作成の手順2

広告リンクを作成する場合にはその企業との提携が必要になります。ほとんどの場合すぐに提携が完了しますが、時々提携に時間のかかる場合があります。

提携が完了すると登録しているメールアドレスに提携完了のメールが来ますので、確認をしておいて下さい。

提携が完了したら上部のメニューバーから「プロモーションを探す」をクリックして「提携中プロモーション」を選択します。

もしもアフィリエイトリンク作成の手順3

すると提携しているプロモーションの一覧画面になるので、先ほど提携したプロモーションで「広告リンク取得」をクリック。

もしもアフィリエイトリンク作成の手順4

「原稿取得」という部分で広告の種類と広告を掲載するサイトの選択します。「バナー(画像広告)」もしくは「テキスト」を選択でOKです。

もしもアフィリエイトリンク作成の手順5

下に色々なサイズやテキストの広告が一覧表示されていますので、使ってみたいサイズやテキストの広告を選び、「ソース」という部分のコードをコピーします。

もしもアフィリエイトリンク作成の手順6

後はブログに好きな場所にコピーしたソースコードを貼り付ければ広告の設置は完了です。

どこでもリンクの作成方法

次にどこでもリンクでのリンク作成方法を解説していきますが、前述したように「どこでもリンク」に対応していないプロモーションもありますので注意。

利用したいプロモーションと提携する所までは上記の手順と同じです。「提携中のプロモーション」を選択します。

もしもアフィリエイトリンク作成の手順3

使ってみたいプロモーションを選択して「どこでもリンク」をクリック。

もしもどこでもリンクの作成方法1

どこでもリンク作成ページになるので、「選んだプロモーションを別ウインドウで開く」をクリックします。

もしもどこでもリンクの作成方法2

するとその商品やサービスのサイトへ飛びますので、そのサイト内で好きなページを開きます。それで画面の上の検索窓にそのページのURLが表示されていると思いますので、この検索窓のURLをコピーします。

もしもどこでもリンクの作成方法3

URLをコピーできたら先ほどの「どこでもリンク作成ページ」に戻り、「リンク先URL」の部分に先ほどコピーしたURLを貼り付けて、リンクで表示したいテキストを入力。それで「どこでもリンク作成」をクリック。

もしもどこでもリンクの作成方法4

すると下にソースコードが表示されるので、それをコピーしてブログの貼り付けたい場所に貼り付ければ完成。

もしもどこでもリンクの作成方法5

どこでもリンクを画像リンクにする場合

どこでもリンクを画像リンクにする場合の手順は先程と同じ手順で、リンク先URL(クリックした時の飛び先)を先にコピーして入力し、「リンクの種類」を「画像リンク」に切り替えます。

もしもリンク作成-14

後は画像のURLを調べる必要があります。ネット上の画像であれば画像にカーソルを合わせて「右クリック」⇒「画像のアドレスをコピー」で画像のURLをコピーできます。

もしもどこでもリンクの作成方法6

コピーした画像のアドレス(URL)を「どこでもリンク作成ページ」の「画像のURL」という部分に貼り付けます。

もしもどこでもリンクの作成方法7

これで画像リンクが作成できますが、このページでも書かれているように画像リンクの選択は注意が必要です。

※画像リンク選択時の注意事項
インターネットに公開されている画像は、著作権で保護されている可能性があります。
画像を掲載される際は、その画像の転用・転載が可能かどうかをご自身でお確かめの上、必要に応じて事前に許可を取得してから掲載してください。

なので、どこでもリンクはできればテキストリンクで作成するのが無難かなと思います。

楽天やAmazonの商品をアフィリエイトするには?

もしもアフィリエイトでAmazonや楽天のリンク作成する手順1

冒頭でも書いたようにもしもアフィリエイトではAmazonや楽天のアフィリエイトができます。

先にAmazonや楽天との提携が必要なのでやっておきます。

もしものトップページから「Amazon・楽天かんたんリンク」をクリック。

もしもアフィリエイトでAmazonや楽天のリンク作成する手順2

楽天、Amazonとの提携ができますので、両方クリックして提携しておきます(すでに提携中になっていればOK)。

もしもアフィリエイトでAmazonや楽天のリンク作成する手順3

両方の提携が完了していればAmazonと楽天の商品を一括でリンク作成できる「かんたんリンク」という機能が使えます。

もしもの「かんたんリンク」は便利なんですが、同じ機能でデザインもカスタマイズできる「カエレバ」や「Rinker」という無料ツールがさらに便利です

Amazonや楽天の商品を一緒に紹介できるこんなリンクができます。

■Rinker(リンカー)

Rinker商品リンク画像

■カエレバ

カエレバのリンク

Amazonや楽天の商品を紹介するのであれば、カスタマイズしてデザインも変更できるカエレバやRinkerを使ってみる事をおすすめします。

どっちを使うか?はこちらの記事で紹介してます。

【比較】Rinkerとカエレバの違いは?どっちを使うのがおすすめ?

以上もしもアフィリエイトでのリンク作成方法でした。

もしもアフィリエイトの登録や使い方まとめ

最終更新日:2018/08/04

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。