パンダアップデートやペンギンアップデートとは?

今回は検索順位に影響する「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」って何?とかパンダアップデートやペンギンアップデートの違いについてコメントで質問があったりするので基本的な部分を独断と偏見で書いてみます。

Googleの検索順位を決めるアルゴリズム

基本的にGoogleの採点システムというかルールで検索順位が変動します。この採点システムというかルールはたくさんの審査基準があって、それによって順位が上がったり下がったりします。よくアルゴリズムと言われているのがコレね。

Googleのアルゴリズム(採点基準)は日々進化(変化)しているので、上位表示に効果的と言われる手法も来年には通用しないかも知れないし、今も昔も変わらない基準という物もあります。良質なコンテンツとかね。

これまで検索順位で重視されてきたのは「被リンク」です。これは今でも有効なんですが、簡単に言うとメインサイトに他のサイトからリンクを送る事で評価が上がるという事です。

自然にリンクされたナチュラルなリンクならいいのですが、これを利用して「相互リンク」とかサテライトサイトから「自作自演のリンク」を大量に送るという方法も出現してきました。これって自分でコントロールできる。つまり順位を不正に操作できたりするかもしれないという訳です。

これでは困っちゃうので「ナチュラルなリンク」と「作為的な自演リンク(グレーゾーン)」を区別する必要が出てきました。

それ以外にもコピーコンテンツを量産するツールが出てきたり、膨大なオリジナルな記事を作成するツール(ツールなので日本語ちょっとおかしい)が出てきたりもしました(多少日本語がおかしくてもSEO的には有効だった)。

これも困っちゃうので色々対策が必要になってきた訳です。

このように困った事が色々出てきたので対策が必要になり、登場したのが「パンダアップデート」とか「ペンギンアップデート」。グレーゾーンを無くしてパンダやペンギンのように白黒つけようぜ!というのが名前の由来と言われています。

パンダアップデートとは?

パンダアップデートはGoogleの検索結果をもっと良い物にするために実施しているアルゴリズムのアップデートね。

パンダアップデートの特徴としては次のような点があります。

  • コピーコンテンツや重複コンテンツの順位を下げる
  • オリジナリティーの高いサイトの評価を上げる
  • 意味不明な文章(ツールで作成したようなやつ)を無効化

ペンギンアップデートとは?

記事の冒頭部分でも書きましたが、検索順位を操作しようと被リンクを自分で大量に送ったりするスパム的なサイトに対策するアップデート。「不自然な被リンクの無効化やペナルティー」というのが特徴です。

具体的には次のようなサイトが該当するかも。該当しても必ずペナルティーを受ける訳ではないけど注意。

  • 関連性のないサイトからの不自然な大量の被リンク
  • 自動リンク集・相互リンクからの大量の被リンク
  • 有料購入した被リンク

こんな感じです。

パンダアップデートとペンギンアップデートの違い

ここまで書いたので違いは何となく分かるかと思いますが一応書いておきます。

  • パンダアップデート:コンテンツに関する対策
  • ペンギンアップデート:不自然な被リンクに対する対策

パンダアップデートはコピーコンテンツや、低品質なコンテンツの評価を下げて、オリジナリティーのあるコンテンツの評価を上げる。

ペンギンアップデートは不自然なリンク、有料購入した被リンクがあれば評価を下げる。

以上パンダアップデートとペンギンアップデートの違いや特徴を紹介したので、該当する部分がないかチェックしておきましょう。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。