パーマリンク設定の基本とおすすめの設定

WordPressには「パーマリンク設定」というのがあります。パーマリンクって何?と思う方も多いと思うので先にパーマリンクの説明をしてからおすすめのパーマリンクの紹介、設定の仕方を解説して行きます。

パーマリンクとは?

WordPressでは各記事や各カテゴリー等のURLを自分で設定する事ができます。

自分でURLを決める事ができるのはWordPressの大きな特徴の1つです。パーマリンクの設定というのは各記事やカテゴリーなどのURLの設定です。読んで理解するよりも実際に見てもらった方が早いと思います。

パーマリンク設定-1

詳しい設定方法は後ほど説明しますが、このように「日付」「投稿日」「投稿名」等好きなURLを選ぶ事ができます。

また、カスタム構造というのもあります。例えばこのカスタム構造で「カテゴリー名+記事ID」というURLし、投稿記事を書いたらその記事のURLが「http://●●.com/カテゴリー名/記事ID番号」というURLになる訳です。

パーマリンク設定の注意点

パーマリンクの設定はできれば記事投稿前にしっかり考えておく方がいいです。後から変更するとそれぞれの記事やカテゴリーなどのURLが変わってしまう事になります。

変更した場合は古いURLから新しいURLにきちんと転送されるかをチェックする必要もあります。つまり、古いURLでアクセスした時に新しいURLに自動的に飛ばされるか(リダイレクト)の確認が必要です。

また、URLが変わるという事ははてなブックマークやTwitterのシェア数などもまたゼロになってしまいます。リダイレクトできていればその記事自体の評価は失われませんが、シェア数がゼロという表示に戻るのはちょっともったいない!

そのため、変更する事が少ないパーマリンク構造にしておくのがベストだと思いますが、好みの問題もありますので事前にしっかり考えてからパーマリンク設定をする事をおすすめします。

パーマリンクの具体例とおすすめのパーマリンク

もうちょっと詳しく私のパーマリンク設定を例にして説明していきます。私の場合は以前カテゴリー名と記事ID番号にしていた訳ですが、カテゴリーを新しく作成した時にこのような画面になります。

パーマリンク設定-2

名前というのはカテゴリーの名前ですが、その下に「スラッグ」という項目がありますね。

前述したカテゴリー名を含む設定ではここの「スラッグ」に入力した文字がURLで使われます。えっと、このスラッグは別に英語で入力しなくても日本語でもOKなのですが、日本語でスラッグを設定した場合は注意点が1つあります。

スラッグを日本語にした場合はサイトを表示したときのURLは日本語で表示されます。

パーマリンク設定-3

しかし、このページの実際のURLはこんな形なのですよ。

パーマリンク設定-4

%e6%9c%aa%e5%88%みたいなゴチャゴチャした表示になってるでしょ?これは不具合でも何でもなくて、日本語URLの実際のURLはこんなゴチャゴチャしたURLになるのです。

これでも別に問題はありませんが、日本語スラッグにした時のURLはゴチャゴチャしてます。ゴチャゴチャが嫌いな方はスラッグも英語表記がいいと思います。

多くの人が使っているパーマリンク設定に「postname」つまり 投稿タイトルを使っている方も多いですが、この場合も記事のタイトルがそのままURLになってしまいます(日本語)。

ゴチャゴチャが嫌な場合は記事作成ごとに英語スラッグをつける作業が必要になります。この場合は記事を作成する時にスラッグ(URL)を編集する欄があります(記事タイトルの下)。

パーマリンク設定-5

とこんな感じの作業になります。私は記事ごとに英記スラッグを考えるのが面倒なので、「カテゴリー名+記事ID」というパーマリンク設定にしてカテゴリーのスラッグだけ英語で付けるようにしていましたが、このパーマリンク構造にすると記事のカテゴリーを変更する場合にURLが変わってしまいます。

例えば記事を書いて「A」というカテゴリーに入れてた記事を「B」というカテゴリーに変更すると記事のURLが変わってしまいます。URLが途中で変わるのはあまりよろしくないので、現在はカスタム構造の「/%postname%」つまり 投稿タイトルを使っています。

このカスタム構造の /%postname% はおすすめです。記事に合う英単語をURLにする事で意味のないURLにするよりも有利な場合がありますし、カテゴリーの変更をしてもURLが変わらないので安心です。

パーマリンク設定と種類

それではパーマリンクの設定をやってみましょう。管理画面の左サイドバーのメニューから「設定」⇒「パーマリンク設定」を選択して下さい。

パーマリンク設定-7

すると最初の画像でも見せました画面になります。このようなパーマリンク構造が設定できます。

パーマリンク設定-1

カスタム構造というがありますので自分で組み合わせて設定する事もできます。構成タグを幾つか挙げておきます。

構成タグ一覧
%year% 投稿年
%monthnum% 投稿月
%day% 投稿日
%hour% 投稿時
%minute% 投稿分
%second% 投稿秒
%postname% 投稿スラッグ。
%post_id% 投稿固有の ID 番号
%category% カテゴリースラッグ
%tag% タグスラッグ
%author% 著者名

これらを組み合わせて前後に「/(スラッシュ)」を入れてカスタム構造の欄に入力します。私の場合は現在「/%postname%」という設定にしてます。

パーマリンクの設定

下のほうに「オプション」というのがありますが、これは特に必要はないでしょう。パーマリンクを決めたら最後の「変更を保存」を忘れずに。

パーマリンク設定-8

それでは次回は画像に関する設定(メディア設定)をやって行きましょう。
WordPressのメディア設定の解説

パーマリンク設定の基本とおすすめの設定”に7件のコメントがあります。

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. 乃風

    しげぞう博士様

    いいんです、いいんです、しげぞう博士。
    朝早くから本当にありがとうございました。

    上手くいきました。
    コードが途切れているのに、およそでわかってしまったのですね。
    すごいなーと思いつつ関心し、上手く移動出来て、ホントだー、出来たーと思い、
    そこで大喜びしました(^^♪

  2. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    返信ありがとうございます。やはりスパムコメントの方へ振り分けられていました、前回の分も。。気が付かずすみません!

    で、コメント欄のコードなんですが、こちらも一部消えてしまっていてはっきりわからないのですが、大体こんな感じだろうというのは把握できました。それで、コメント欄の順番の入れ替え方法書きますが、一度今の状態のcomments.phpはメモ帳などにコピペして保存しておいてください。失敗しても元に戻せるように。

    まずcomments.phpから以下の部分を探します。

      < ?php wp_list_comments( array( 'callback' => 'twentytwelve_comment', 'style' => 'ol' ) ); ?>

    という部分があると思うのですが、この辺がもらったコメントを表示させていくコードになります。要はこれよりも前にコメント記入欄を持ってくればOKです。

    コメント記入欄は以下の部分ですので、以下をさきほどのコードの前に移動させればOKです。

    < ?php
    $comments_args = array(
        'fields' => array(
            'author' => '

    ' . ' ' . '

    ', 'email' => '', 'url' => '', ), 'title_reply' => '', 'comment_notes_before' => '', 'comment_notes_after' => '

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

    ', 'label_submit' => 'コメントを送信する', ); comment_form($comments_args); ?>

    これで一度試してみてください。

  3. 乃風

    しげぞう博士様

    たった今、子テーマのcomments.phpのコピーをお送りしました。どうぞよろしくお願いいたします。でも、これを逆にしないと、どうにもならないとか、そういうことではないので、とにかくお返事はゆっくりでいいです。本当にゆっくりでいいですからね、しげぞう博士。

    今回の事で、気づいたのですが、あるお店にURLを貼ってメールをお送りしたのですが、すぐに返信が来ると思ったら、4日過ぎても返信がないんです。スパムと思われて、振り分けられたのかもしれない・・・と、今気づきました。気づけてよかったと思いました。しげぞう博士、ありがとぉー!

  4. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    返信ありがとうございます。comments.phpのコピーの件ですが、コメントに届いていないようです。もしかしたらスパムと判断されてしまったかもしれませんので再度送ってもらってもいいでしょうか?何度もすみません!

  5. 乃風

    しげぞう博士様

    投稿日はパーマリンクとは関係ないのですね。それはよかった! ありがとうございました。

    それと、子テーマのcomments. phpのコピーを先週にお送りしましたが、その件はどうなりましたでしょうか? コメント記入欄を上にして、その下にコメント一覧を設定する・・・という入れ替える方法のことです。どうぞよろしくお願いいたします。

  6. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    コメントありがとうございます。えっと、乃風様の場合はパーマリンク設定が投稿名で1つ1つスラッグ(URL)を自分で入力していると思いますので、投稿日はパーマリンクとは関係ありませんので心配はいりません。パーマリンク設定を投稿日とかにしていると影響あるのかな?と思いますけどやったことないのでちょっと分かりません(^^)

  7. 乃風

    しげぞう博士様

    こんばんは。パーマリンクの事で教えてください。

    例えば、1ヶ月前に書いて一般公開した記事を、再び書き直し、そして更新ボタンをクリックする前に、「管理画面」の「すぐに公開する」の、その直ぐ右にある「編集」をクリックし、そこで日付けを今日の日付けに変更してクリックした場合、パーマリンクも新しいアドレスに変更されてしまうのでしょうか?

    1ヶ月前に書いたその記事には、たくさんのサイト内リンクがついているため、パーマリンクを変更せずに、日付けだけ今日(最新更新日)へと変更できればいいな・・・と気づきました。

    どうぞよろしくお願いいたします。