WordPressでおすすめのプラグインまとめ

WordPressでおすすめのプラグインまとめWordPressおすすめのプラグイン

WordPressでは便利なプラグインが多数用意されていて、足りない機能をこのプラグインで追加して行きます。

プラグインはWordPressのバージョンなどに合わせて常に更新されますが、中には更新が止まっている物もありますので、インストール時には確認しながらインストールされる事をおすすめします。

このページでは実際に私が利用しているプラグインなどを紹介していきますが、現在はプラグインを使わずに自作している物も多いです。

プラグインを使わずに自作する方法も紹介してますが、結構複雑な物が多いので、WordPressに慣れるまでは設置が簡単なプラグインを利用する事をおすすめします。

Edit Author Slug

まず最初にインストールして欲しいプラグインが「Edit Author Slug」です。このプラグインを最初に有効化して簡単な設定でユーザー名がバレてしまう危険を回避します。

「ユーザーの設定」と同時にこのプラグインをインストールして有効化しておく事をおすすめします。「ユーザーの設定」とこのプラグインでユーザー名がバレるのを防ぎます。次の2つの記事を参考にして下さい。

WordPressのユーザー設定とプラグインでセキュリティー対策

Akismet

このプラグインはスパムコメントを防ぐプラグインです。WordPressを始めるとスパムコメント(迷惑コメント)が来るようになります。

ほとんどは英語で書かれたコメントで多数のリンクを貼り付けてある物が多いです。「Akismet」はこのような迷惑なスパムコメントを防いでスパムのファルダに振り分けてくれます。

WordPressに最初からインストールされているプラグインだと思いますが、有効化はされてませんので有効化と設定の仕方を解説しています。

スパムコメントを防ぐプラグイン【Akismet】

PubSubHubbub

「パブサブハバブ」と呼ばれるサービスで、コンテンツの更新を、随時検索エンジンに通知するサービスで、ほぼリアルタイムにコンテンツの更新を通知するプラグインです。

いくら記事を書いても検索エンジンにインデックスされないと検索結果には表示されません。放置しても時間が経てばインデックスされることがほとんどですが、記事をパクられて先にインデックスされると自分の記事が負けてしまう事もあります。

なのでできるだけ早くインデックスされるようにこのプラグインを利用します。

このPubSubHubbubに関しては特に必要な設定はありませんので、プラグインで検索し、インストールして有効化しておきましょう。

BackWPupからUpdraftPlusへ

WordPressのバックアップをとるためのプラグインです。WordPressの不具合やサーバーのトラブル等予期せぬトラブルが発生した時にすぐに復旧する必要があります。

そのために必要なのがバックアップですが、WordPressの復旧には「データベース」と「関連ファイル」の2つが必要です。

「BackWPup」はこの2つを同時に、しかもスケジュールを設定して自動でやってくれるプラグインですが、「BackWPup」よりも簡単で使いやすいバックアッププラグインがありました。「UpdraftPlus」というプラグインで設定なども記事にしてます。

WP Multibyte Patch

日本語版のWordPressには必須のプラグインで、日本語特有の文字化けなどの問題を解決したり、抜粋記事、メール、トラックバック等の不具合を防ぐプラグインです。元々インストールされていると思いますので、忘れずに有効化しておきましょう。

詳しくはこの記事で解説してます。
日本語化に対応するプラグイン 【WP Multibyte Patch】

Category Order and Taxonomy Terms Order

WordPressではカテゴリーの順番を入れ替える事ができませんので、プラグインでカテゴリーの並び替えをしていきます。

カテゴリーを入れ替えるプラグインはいくつかありますが、使っている他のプラグインとの相性や環境によって上手く機能するものと上手く機能しない物がありました。

なので、カテゴリーを入れ替えるプラグインを紹介してます。どちらも使い方はほとんど同じでドラッグ&ドロップだけです。

WordPressでカテゴリーの順番を入れ替えるプラグイン

Rinker

RinkerはAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクが簡単に作成できる便利プラグインです。

これまで「カエレバ」というツールを使わせてもらっていたのですが、管理画面からサクッとリンク作成できるRinkerへの切り替えをしてます。

作成した商品リンクはショートコードで管理できるのでかなり便利です。

Broken Link Checker

ブログを更新して記事が多くなってくると自分のサイト内にリンクを貼ったり、外部のサイトにリンクを貼ったり、動画を埋め込む事もあると思います。

しかしながらこれらのリンクがURLの変更や記事の削除でリンク切れを起こす事があります。リンク切れを放置する事はサイトの評価を下げてしまいますので、リンク切れ対策が必要です。

そこで活躍するのがこの「Broken Link Checker」というプラグインです。リンク切れをお知らせしてくれる機能と簡単に修正できる機能がありますので活用して下さい。
リンク切れをお知らせしてくれるプラグイン【Broken Link Checker】

WordPress Ping Optimizer

ping送信を適切にやってくれるプラグインです。ping送信は「サイトを更新しましたよ」というお知らせを設定先にしてくれます。

これを設定しておく事でYahooやGoogleの検索ロボットも新しい記事を見つけやすくなります。特に新しいサイトでは検索ロボットがなかなか訪問してくれませんのでこの対策は必要と思います。

適切にping送信をしてくれるプラグイン【WordPress Ping Optimizer】

AddQuicktag

「AddQuicktag」は良く使うタグや定型文等を登録しておき、一発で挿入できるようにできるプラグインです。特にテキストエディタ(HTML編集エディタ)をメインに使う方には非常に便利です。

例えばよく使う広告のタグや見出しタグ「h2」「/h2」や「h3」「/h3」のように開始タグと終了タグをセットで登録する事もできますし、よく使うトップページへのリンクや定型文を登録する事もできます。詳しくはこの記事で。

よく使うタグを登録し簡単に挿入できるプラグイン【AddQuicktag】

Table of Contents Plus(TOC+)

記事内に目次を自動で設置できるプラグインです。

↓記事冒頭にこんな感じの目次を設置できます。

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-15

設定方法や使い方などはこちらの記事で紹介してます。

記事に目次を自動で設置できるプラグインTable of Contents Plusの設定方法と使い方

Search Regex

「Search Regex」は全記事から文字列を検索し一括置換する事ができるプラグインです。多数のリンクの貼り替え作業や特定の文字列を全部一括で変換したい時に便利すぎるプラグインです。

例えば全記事で「ワードプレス」と書いていた文字列を「WordPress」と英語に全部置換したい場合や、別のブログから引越ししてきた時のリンクの貼り替え作業等にも使えます。

全記事から文字列を検索し一括置換できるプラグイン【Search Regex】

Yet Another Related Posts Plugin

関連記事を表示させてくれるプラグインです。各記事の記事下等に関連記事へのリンクを貼っておく事でPV(ページビュー)も伸ばす事が可能になります。

特にこのプラグイン通称「YARPP」は関連する「タイトル」「内容」「カテゴリー」「タグ」等から関連度の高い順に表示してくれるので非常に精度が高いので重宝してます。

関連記事を表示させるプラグイン【Yet Another Related Posts Plugin】の設定方法

WordPressやプラグインの更新を自動化するプラグイン

WordPressの本体、プラグイン、テーマなどの更新を自動でやってくれるプラグインが「Advanced Automatic Updates」。しばらくログインすらしてないサイトがある場合などには便利です。

更新しないままだとハッキングなどの危険もあるのでできるだけ最新版に更新するのがおすすめです。
WordPressやプラグインの更新を自動化する「Advanced Automatic Updates」

WordPressの表示速度の高速化をするために利用しているプラグイン

WordPressは自由度の高いブログですが、そのままではちょっと重いので、表示速度の高速化のために利用しているプラグインを紹介していきます。

表示速度はページビューや訪問者の滞在時間などに影響しますが、表示速度まで改善できるのはWordPressのメリットです。

EWWW Image Optimizer

サイト表示の高速化をする場合に欠かせないのが画像の圧縮です。特にWordPressの場合はサムネイル画像をいろいろな場所で利用したりします。

関連記事や人気記事、最近の記事等にもサムネイル使ったりしますよね。それからもちろん記事本文中に使う画像。これらの画像はサイトの表示速度を遅くする原因の1つにもなります。

しかし画像がないとやっぱりさびしいサイトになりますので画像は圧縮して利用しましょう。過去にアップロードした画像、それからこれからアップロードする画像を自動で圧縮してくれるプラグインです。

画像を一括で圧縮できるプラグイン「EWWW Image Optimizer」

Unveil Lazy Load

画像の読み込みを遅らせてくれるプラグインです。

一度に全ての画像を読み込むのではなく、スクロールで見える範囲にきたタイミングで読み込みますのでその分表示速度が早くなります。

このプラグインは特に設定画面もありません。インストールして有効化したらOK。

「WP Fastest Cache」と「Autoptimize」

WP Fastest Cacheはキャシュ系のプラグインですが、HTML、CSS、JSの圧縮、結合させる機能もあります。ただしモバイルページは守備範囲ではないので、圧縮や結合は「Autoptimize」にお任せする作戦です。

WordPressキャッシュプラグイン【WP Fastest Cache】の設定方法。「Autoptimize」との併用で高速化

プラグインに関してはまだこれからも記事更新して追加していく予定です。

現在つかわなくなったプラグイン

以前使っていて、現在も多分使えるけど使ってないプラグインです。

WP Social Bookmarking Light

WordPressにソーシャルボタンを簡単設置できるプラグインです。はてなブックマークやツイッター、フェイスブック等沢山の種類のボタンを組み合わせて表示することができ、ボタンの入れ替え、位置の調整も非常に簡単です。

ただしソーシャルボタンというのは結構重いのが難点ですが、設置の効果は大きいので外せません。

私の場合は現在このプラグインは使わずに自作のソーシャルボタンを設置してますが、ちょっと複雑なのでWordPressに慣れてからでも自作してみると良いと思います。最初はプラグインでもOKです。

Scroll To Top

記事が長くなるとページの先頭にスクロールしてくれる機能が便利です。そのページの先頭にスクロールしてくれる機能を持つのが「Scroll To Top」というプラグインです。

インストールと有効化、それから少し設定と位置調整などが必要です。私の場合はこの「Scroll To Top」というプラグインも現在は使わずに自作してます。

コメント

  1. しげぞう より:

    乃風様

    コメントありがとうございます。表の挿入できてますね!質問の内容ですが、1つ1つ行きますね。

    ■表内の文字の色と罫線の色

    これはスタイルシートへの追加で対応できると思います。

    .entry-content td {
        border-top: 1px solid #000 !important;
    }
    
    .entry-content table {
      border-bottom: 1px solid #000 !important;
      color: #000 !important;
      line-height: 2;
    }

    こんな感じで大丈夫かと思います。表のスタイルって、設定しても反映されない場合があるので、記述内容を優先にさせるための「!important」を入れてみました。文字色は黒(#000)
    線の色も黒にしてます。

    ■文字の大きさの変更

    表内の文字の大きさの変更なんですが、スマホでは今の状態が丁度いい感じになってたので、タブレットやPCの表示だけ文字を大きくするような形が良いかな?と思いました。

    こちらもスタイルシートへの追加です。

    @media screen and (min-width: 600px) {
    .entry-content table {
      font-size: 14px !important;
    }
    }

    通常の7インチのタブレットのサイズが600pxくらいだったと思いますので、それ以上のサイズ(タブレットやPC)では文字の大きさを14pxにするというコードになります。文字の大きさの数値は変更OKです。

    一度上記で試してみてもらえますか?

  2. 乃風 より:

    いつもありがとうございます、しげぞうさん。スマホ用に何かする必要はないのですね。それはよかった。(^^)

    たった今、やっと記事を公開できました。エディタのテキストモードを利用して~タグでも表を挿入できることを知り、それでやってみました。こっちの方が簡単でした。(^^♪ 

    それでですね、しげぞうさん。2つわからないので、教えていただけないでしょうか? ①表の一行内に収まる程度に表内の文字をもう少し大きくしたい。②表内の文字の色と(表の)罫線の色を、記事内と同じ色の黒色にしたい。

    よろしくお願いします。

  3. しげぞう より:

    乃風様

    返信ありがとうございます。「TablePress」の場合はスマホ用に特別何かする必要はなく、ある程度自動で上手く調整してくれます(作成した表にもよりますが)。文字の色や大きさは変更が可能です。なので、表を作成したページを一度公開してそのURLを教えて下さい。

    それでどの辺をどのように変更したいのか一緒に教えてもらえると助かります。どうぞよろしくお願い致します。

  4. 乃風 より:

    乃風です。いつもお世話になっております。

    無事に「TablePress」のプラグインを済ませ、例の表も完成しました。スマフォで表示させる場合、どのような調整が必要になるのでしょうか? 

    それと、普通の記事内の文字と比べると、表の中の文字は小さく、色も薄いのですが、これは変更しない方がいいのでしょうか・・・。

  5. 乃風 より:

    どういたしまして、しげぞうさん。(^^♪

    早々のお返事をありがとうございました。やはり調整が必要になるのですね。「TablePress」というプラグインですね。わかりました。ちょっとやってみます。できるかなぁ~・・・。ともあれありがとうございました。

  6. 小松 より:

     大まかな、プラグインの設定を、させて頂くことが

    出来、大変感謝いたしております。^^

     貴重な情報を頂き、有難うござました!

タイトルとURLをコピーしました