楽天アフィリエイトの特徴やAmazonアソシエイトとの違い

楽天アフィリエイトの特徴やAmazonアソシエイトとの違い

アフィリエイト初心者にとって報酬が出やすいアフィリエイトが楽天のアフィリエイトです。その特長やAmazonとの違いについて紹介していきます。

MEMO

個人的にAmazonや楽天の商品はASP経由で紹介してます。最近は本家Amazonや楽天を使うメリットがありませんのでASP経由が良いかも。

Amazonや楽天のアフィリエイトはASP経由がおすすめの理由

楽天とAmazonのアフィリエイトは何が違う?

Amazonと楽天のアフィリエイトではクッキーの有効期限が違います。アフィリエイトリンクをクリックするとクリックした方の情報が保存されて一定期間残ります(Cookie)。

Cookieが保存される期限(クッキーの有効期限)がAmazonは24時間、楽天は30日という違いがあります

例えばAmazonのクッキーは24時間なので、Amazonのリンクをクリックした方が24時間以内に購入すれば報酬発生。でも24時間を過ぎてから購入されても報酬にはなりません。

その点楽天のクッキーは30日なので、クリックされてから30日間の間に購入されれば報酬発生です。

しかも一度クリックされて、クッキーが有効な期限中には何を購入しても報酬をもらえます。つまり、記事で紹介した商品以外の物が売れてもOKという事です。

ここまで書くと楽天がいいのでは?と思う方がほとんどかと思うのですが、Amazonと楽天では報酬率が違います。紹介する商品にもよりますが、Amazonの場合は報酬率が大体2~3%です。10%の報酬がもらえる商品もあります。

対して楽天の報酬率は1%なので基本的にAmazonの方が報酬率は高いです。

ちょっとまとめるとこんな感じです。

  • 楽天アフィリエイトはクッキーが長いけど報酬率が低い
  • Amazonはクッキーが短いけど楽天に比べると報酬率が高い

という違いがあります。

楽天アフィリエイトの特徴

最低限理解しておいて欲しいのは次の3点です。

  1. クッキーの長さが30日間有効。
  2. 商品の品揃えがよく、楽天トラベル等のサービスも対象になる。
  3. 報酬はポイントで貰える(現金も可能)。

1番目と2番目は理解できると思いますが、3番目の報酬についてちょっと解説を加えると、月に3000ポイントまではポイントでの報酬になります。3000ポイントを超える分に関しては現金への換金が可能です。

例えば1ヶ月で5000ポイントの報酬がある場合は3000ポイントが「楽天ポイント」で、2000ポイントは「楽天キャッシュ」という名前のポイントになります。この楽天キャッシュが現金に変換できるポイントになります。

楽天アフィリエイト報酬

毎月どれだけ多く売れても3000ポイントは楽天ポイントになります。それ以上の分が楽天キャッシュになりますが、これを換金しようと思うと手数料10%が引かれ、そこからさらに消費税が引かれます。

報酬が現金でもらいたいとか、手数料引かれるのが嫌という場合は「もしもアフィリエイト経由」が良いです。私もAmazon、楽天はもしも経由で紹介してます

報酬が現金で振り込み、しかも手数料はもしもの負担という神対応です。

もしもアフィリエイトの詳細ページを見てみる

以上楽天アフィリエイトの特徴やAmazonアソシエイトとの違いでした。

WordPressの始め方
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

ブログの更新はこちらから

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA