Seesaaブログのトップページの続きを読むを削除して全文表示させる【新システム】

Seesaaブログの新システムではトップページやカテゴリーページなど全てが「続きを読む」となっていているテンプレートが多いので、この「続きを読む」を削除して、ホームページ風?のトップページになるようにするカスタマイズする方法を紹介します。

これによってこのブログの「まとめページ」のような感じにもできます(目次ページみたいな)。また、カテゴリーページなどはそのまま「続きを読む」を設置しておくので、あくまで変更するのはトップページだけという感じです。それでは早速説明していきましょう。

HTMLの編集でトップページだけ全文表示に

まずSeesaaブログの管理画面から「デザイン」⇒「デザイン設定」⇒「適応中のデザインタイトル」をクリックし、「HTML編集」のタブに切り替えます。

新デザインパンくず-2

「HTML編集」タブに切り替えたら表示されたHTMLから次の部分を探します。初期状態なら153行目付近。近くに「続きを読む」という部分があるのでその付近を探すといいかも。

<div class="article article--entry">

上記コードが見つかったらその下に次のコードを追加(まだ保存はしない)。

<% if:page_name eq 'index' -%>
<% article.entire_body | bodyfilter(article_info,blog) | mark_raw -%>
<% /if -%>

<% unless:page_name eq 'index' %>

まだ保存はしないで下さいね。こんな感じになりますよ。

Seesaa続きを読む削除-1

追加できたらその下の方に「続きを読む」という部分があります。そのさらに下に「/div」という部分があるので、その下に次の1行を追加。

<% /unless %>

これでOK。ちなみに追加した部分を全部みておくとこんな感じになるはずです。

Seesaa続きを読む削除-2

追加したコードの意味としては「もしトップページなら」続きを読むではなく「全文表示」。それ以外は元のまま「続きを読む」を設置するという感じです。

ここまでできたら「保存」。保存できたら次にブログの設定でトップページの表示記事数を設定していきましょう。

トップページに表示させる記事数を設定

先ほど追加したコードでトップページだけは「続きを読む」がなくなって全文表示になっていますが、トップページには全文表示の記事が複数並ぶ事になるので、ブログの設定でトップページに表示する記事数を「1」にしておけばホームページ風のトップページになります。

Seesaaブログの管理画面から「設定」⇒「ブログ設定」と進み、「トップページ表示件数」を「1」に変更し「保存」。

Seesaa続きを読む削除-3

これでトップページの表示件数は1件になるので、一番最新の記事がトップページに全文表示されるという事です。

なので、トップページに表示させたい記事(目次ページなど)を作成したのであれば記事の公開日付を一番最新の日付にして公開すればそれがトップページになります。

Seesaaブログのトップページの続きを読むを削除して全文表示させる【新システム】”に63件のコメントがあります。

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. しげぞう 投稿作成者

    みな様

    コメントありがとうございます。ソーシャルボタンが見えないというのはどのような状態でしょうか?消えたのか、それとも表示されているけど一部隠れているような感じでしょうか?それから使っているデザイン名も教えてもらえると助かります。

    使っているデザインによって多少違いがでてくる場合もありますのでよろしくお願いします。

  2. みな

    はじめまして!みなと申します。
    ブログ初心者でしげぞう様の記事を大変参考にさせていただいております。

    続きを読むを消し、最新の記事を全文表示させたらソーシャルボタンが見えなくなりました。
    同じ記事を最近の記事の方から開くとボタンが表示されます。
    トップページでもボタンが表示されるようにする方法を教えていただけると助かります。
    よろしくお願いします。

  3. なべ

    しげぞう様

    ありがとうございます!レスポンシブ表示で画像がきちんと縮小されるようになりました!

    また、サイドバーのアイキャッチ画像の表示もこの設定で改善されました!

    トップページが検索されなくなるのは困る為、index-2,3,4は削除しません。

    本当にありがとうございました。

    なべ