何を比較すればいい?初心者におすすめのレンタルサーバーと選び方まとめ

今回は個人の方でWordPressを始めたい!という初心者の方向けにレンタルサーバーの選び方やおすすめのレンタルサーバーをいくつか紹介してみようかと思います。

「レンタルサーバーで何を比較したらいいの?」
「スペックってどこをみたらいいの?」
「専門用語全然分からない!」

という方には参考になる部分があるかと思います。

サーバーを選ぶ基準は?何を比較したらいいの?

サーバー

サーバーの比較とは言っても初心者の方には何で比較したら良いのか分からない方も多いかと思いますので、サーバーのスペックの見方を先に簡単に紹介しておきます。

サーバーを比較する時に下記6つについて知っておくとほぼ理解できるかなと思います。

  1. サーバーソフトウェア
  2. ディスク容量
  3. マルチドメイン
  4. データ転送用(目安)
  5. MySQL(データベース)
  6. HTTP/2

難しそうな用語が並んでますができるだけ分かりやすく簡単に解説していきます。

1.サーバーソフトウェア

表示速度やレスポンスに関係してくるのがサーバーソフトウェアです。

サーバーのソフトウェアとして基本的なやつが「Apache」というものです。

Apacheを採用しているのがロリポップ、さくらのレンタルサーバー、バリューサーバーなど。

で、Apacheが処理しきれない同時の大量アクセスを処理できるようなWebサーバーを作ろうと開発されたのが「nginx(エンジンエックス)」です

「nginx(エンジンエックス)」を採用しているのがエックスサーバー、スターサーバーなど。

エックスサーバーエンジンエックス
参考:エックスサーバー様

で、Apacheやnginxからさらに進化した「LiteSpeed(ライトスピード)」が第四のWebサーバーと言われてます。

litespeed
参考:JETBOY様

「LiteSpeed」を採用しているのがMixHost、JETBOYなど。

という事でサーバーの表示速度やレスポンス的にはApache < nginx < LiteSpeedという感じでイメージしてもらってOKです

2.ディスク容量

サーバーに保存できるデータ(文字・画像・動画)などの容量のこと。

HDDとSSDがあってSSDはHDDに比べて、データを読み込んだり書き込んだりする速度が格段に速いのが特徴です

3.マルチドメイン

マルチドメインは1つのサーバーでいくつの独自ドメインを管理できるか?という数です。

どのサーバーもマルチドメインの数は多めだったり無制限という場合も多いので特に気にする必要はないです。

4.データ転送用(目安)

転送量はサイトを閲覧する時にサーバ側から、送られるデータの量で、サーバーとユーザーとの間に、転送できるデータ量の上限。

要はアクセス数が多いと転送量も多くなるのですが、あまりに集中するとサーバー側に負担がかかるため、転送量の上限が設定されてます。

ただ、レンタルサーバーなどの「共用サーバー」は、1サーバーを複数の運営者が共有することになるので、一応目安程度に考えておけばOKです。

5.MySQL(データベース)

WordPressはサイト情報をデータベースで管理しているのでWordPressを動かすためにはMySQL(データーベース)が必要です。

このデータベース1つに複数のWordPressをインストールする事は可能ですが、1つのデータベースに多くのWordPressを入れると結構な負荷がかかりますので、サイトの表示が遅くなったり、エラーが出やすくなります。

という事で基本1つのデータベース(MySQL)に1つのWordPressを入れるというのが推奨されます。

サイトを1つ運営するだけであればMySQLも1つでOK。逆にMySQLがないプランはWordPressサイトの作成はできません

例)ロリポップのエコノミープランはMySQLがないプラン。

ロリポップエコノミープラン

6.HTTP/2対応

HTTP/2はより少ない通信量でより迅速にやり取りを行える仕組みです。

複数のリクエストを並列処理する仕組みなので画像やJavascript、CSSなどを多く使用しているWebサイトで特に効果を発揮します。

実際に比べてみると全然違うのがハッキリ分かります。

http2のスピード
参考:HTTP vs HTTPS Test

初心者におすすめのレンタルサーバーは?何を重視して選ぶべき?

レンタルサーバー選びで一番重視すべきは大きなトラブルや障害がないか?という部分です

過去あった事例で言うと「データ消失」や「長期間のサーバー停止」「ハッキング」など。データセンターが火災って事もありました。

という事でスペックはもちろんですが、安心感のある信頼できるサーバーを選ぶ事が一番大事です

それから最近はSNSで拡散すると短時間にアクセスが集中する事がよくありますので、そんな場合でも安定して表示速度も早いという部分がサーバーに求められる部分です。

もちろん前述したように

  • 料金
  • 表示速度やレスポンス
  • ディスク容量
  • マルチドメインの数
  • MySQL(データベース)
  • HTTP/2対応かどうか?
  • バックアップ機能

なども比較する部分になります。

エックスサーバー

エックスサーバー

エックスサーバーの提供が開始されたのが2003年。表示速度・機能面・安定性それから実績の面でも安心感があるのはやはりエックスサーバーです。

問題への対応が早くて的確、大きなトラブルもなくこれだけ長期に渡って支持されている事を考えるとやはり一番おすすめできるサーバーですし、エックスサーバーのサポートは電話もメールも本当に素晴らしいです。

また、利用している人が多いので、分からない事は検索すればほぼ解決できますし、有名ブロガーさんたちもほとんどの方がおすすめしているサーバーです。

一番安いX10プランでも200GBの容量(しかもSSD)、アクセス集中時も高速・安定の「nginx」で月額980円~。

個人利用であれば「X10プラン」で十分です。

 X10プランX20プランX30プラン
月額料金
(1年契約の場合)
1,000円2,000円4,000円
初期費用3,000円3,000円3,000円
ディスク容量
(SSD)
200GB300GB400GB
MySQL
データベース
50個70個70個
マルチドメイン無制限無制限無制限
サーバーソフトnginxnginxnginx
HTTP/2
転送量の目安70GB/日90GB/日100GB/日
バックアップ毎日、自動で保存され「過去7日間分」保持される仕組。MySQLデータベースのみ「過去14日分」のデータを保持。バックアップデータが必要になった場合は手数用が必要。

※エックスサーバーの無料のお試し期間は10日間です。キャンペーンで初期費用などが安い時もあるので確認を

エックスサーバーの詳細ページ

スポンサーリンク

MixHost(ミックスホスト)

ミックスホスト

Apacheの3倍以上の応答速度「LiteSpeed」を採用しているのがMixHost

WordPressに特化したレンタルサーバーで表示速度が早いだけではなくアクセス集中した時、バズった時など瞬時にプランを変えて対応し、対応後にプランを戻す(ダウングレード)なんて事もできます。

しかも14日間という長期間バックアップに対応していて無料で復元できる自動バックアップ&リストア機能があるのもメリット。

高スペックで高機能なのに料金は安く、初期費用も無料というコスパ抜群のサーバーです

別のサーバーから移転する場合はMixHostの移転代行サービス(有料)あるので、サーバー移転は無理って方でも安心です。

サービスの開始は2016年6月22日と割と最近なのでまだ実績は少ないのがデメリットですが機能面、性能面では文句なし!

個人利用ならスタンダードプランで十分です。

プランスタンダードプレミアムビジネスビジネスプラス
月額料金
(1年契約の場合)
930円1,980円3,980円7,980円
初期費用無料無料無料無料
ディスク容量(SSD)60GB100GB140GB180GB
マルチドメイン無制限無制限無制限無制限
MySOL
データベース
無制限無制限無制限無制限
HTTP/2
サーバーソフトLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeed
転送量の目安2TB/月
(66GB/日)
4TB/月
(133GB/日)
5TB/月
(166GB/日)
7TB/月
(233GB/日)
バックアップ14日間という長期間バックアップに対応。しかも無料で復元できる自動バックアップ&リストア機能有り。

※ミックスホストの無料のお試し期間は10日間です。キャンペーンで初期費用などが安い時もあるので確認を

ミックスホストの詳細ページ

JETBOY

JETBOY2

もっと料金安いのがいいなという方におすすめなのがMixHostと同じく「LiteSpeed」を採用してるJETBOY

最大28コアCPU・最大128GBメモリの圧倒的なサーバースペックなのに月額料金が安いのが特徴です。

ディスク容量、データベース数以外にもCPU、メモリ、ディスクアクセス速度も併せて拡張できるので、小さく始めてサイトを大きく育てることができるのがメリット

ちなみに別サーバーからサーバー移転をするのってすごく大変で知識が必要ですが、JETBOYにサーバー移転する場合は「サイトのお引越し無料代行サービス」があります。初回3サイトまでwordpressのお引越しが無料です

デメリットとしては容量が料金に対して少なめという点と、一度プランをアップグレードした時にダウングレードできないという点、それから2015年12月から提供開始されたレンタルサーバーという事でまだ実績が少ない事。

ただ、高スペックなのに料金はかなりやすく始める事ができるので費用を抑えたい方にはおすすめのサーバーです。

プランミニSSDファーストSSDスタンダードSSDプレミアムSSD
月額料金
(1年契約の場合)
290円/月580円/月980円/月1,980円/月
初期費用
(キャンペン中の場合)
1,000円
(500円)
1,500円
(750円)
3,500円
(1,750円)
5,500円
(2,750円)
ディスク容量(SSD)5GB20GB40GB80GB
マルチドメイン10個無制限無制限無制限
MySQL
データベース
3個20個40個70個
サーバーソフトLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeed
HTTP/2
転送量の目安基本的に転送量は無制限ですが、共有サーバーなので著しく帯域が逼迫される場合には帯域制限をされる場合もあります。
バックアップ自動でバックアップ有り、復元も無料ですが一日前のデータしか復元することができません。

※JETBOYの無料のお試し期間は2週間です。キャンペーンで初期費用などが安い時もあるので確認を

JETBOYの詳細ページ

ロリポップ

ロリポップ

初心者の方に人気のレンタルサーバーがロリポップ

他のレンタルサーバーと比べると価格も安くマニュアルなども充実しているため、これからWordPress始めたいという初心者の方におすすめです

ロリポップのマニュアル
参考:ロリポップのマニュアル一覧ページ

2013年にWordPressの改ざん事件がありましたが、それ以降、セキュリティ面でも表示速度面でも改善されてきています。

表示速度に恩恵のある「モジュール版PHP」や「同時アクセス数の制限値を一時的に緩和できる機能」が使えるのがスタンダードプラン以上なので、コスパ的にはスタンダードプランがおすすめ。

ロリポップの提供開始は2001年!利用している方も多いので分からない事は検索すればだいたい解決します。

プランエコノミーライトスタンダードエンタープライズ
月額料金
(1年契約の場合)
100円250円500円2,000円
初期費用1,500円1,500円1,500円3,000円
ディスク容量10GB50GB120GB400GB
マルチドメイン20個50個100個無制限
MySQL
データベース
なし1個30個100個
サーバーソフトApacheApacheApacheApache
HTTP/2
転送量の目安40GB/日60GB/日100GB/日無制限
バックアップバックアップはオプション(月324円)。データ復元の費用は無料。

エコノミープランはMySQL(データーベース)が使えないのでWordPressは利用できません

※ロリポップの無料のお試し期間は10日間です。キャンペーンで初期費用などが安い時もあるので確認を

ロリポップの詳細ページ

スターサーバー

スターサーバー

元々格安共有レンタルサーバーでお馴染みの「ミニバード」「ファイアバード」「クローバー」などが統合されてできたのが「スターサーバー」です。

十分なディスク容量(しかもSSD)、アクセス集中時も高速・安定の「nginx」採用、HTTP/2対応などハイスペックな機能を安い料金で利用できるのがメリットです

また、サイトへのアクセスが増えたタイミングで簡単にプラン変更ができて即時反映されるのもメリットです。

デメリットとしては、

  • 自動バックアップなどの機能がないので自分でバックアップを取る必要がある
  • 転送量が少なめ(月単位で表示されているが日単位にすると少ない)

という2点です。

プランエコノミーライトスタンダードプラミアム
月額料金
(1年契約の場合)
126円250円500円1,500円
初期費用1,500円1,500円1,500円5,000円
ディスク容量
(SSD)
10GB50GB100GB150GB
MySQL
データベース
なし1個20個50個
マルチドメイン20個50個無制限無制限
サーバーソフトnginxnginxnginxnginx
HTTP/2
転送量の目安50GB/月
(1.6B/日)
150GB/月
(5GB/日)
300GB/月
(10B/日)
1000GB/月
(33GB/日)
バックアップバックアップを自動で取得・保管するサービスはありません。

※エコノミープランではMySQL(データベース)が使えないのでWordPressは利用できません

スターサーバーは2週間の無料お試し期間があります。キャンペーンで初期費用などが安い時もあるので確認を

スターサーバーの詳細ページ

以上初心者におすすめのレンタルサーバー5つ紹介してみました。

無料でWordPressが使えるレンタルサーバーはないの?

無料でWordPressが使えるレンタルサーバーはありますが、無料には無料の理由があります。

ほとんどの場合無料レンタルサーバーでは制限があります。

  • 無料で使える代償として広告が勝手に入る
  • プラグインなどの機能が制限されている場合がある
  • データを移転できない・できても検索エンジンからの評価は引き継げない
  • 容量がかなり少ない
  • アクセスが増えると重くなるもしくはブログを表示できなくなる

勝手に広告が挿入されたり、機能が制限されたり、容量や転送量、強制的に広告が出る、評価を引き継ぐ引越しができないなどのデメリットがあるのは致命的なデメリットと言えます。無料ブログ使っている時と変わりません。

それでですね、多くの無料レンタルサーバーには有料プランが用意されている訳です。

「快適に使いたかったら有料プランへ移行しよう!」という感じですよね。だから敢えて制限や強制広告があるという訳です。

結局有料でないと快適に使う事はできないので、それなら最初から有料のレンタルサーバーを選んだ方が良いです。

それと無料サービスは終了する事がかなり多いのでそれも注意点です

  • CMS Square:サービス終了
  • Press9:サービス終了
  • freeweb:現在受付停止中
  • 未来サーバの無料Wordpressブログ:終了⇒「bloserver」へ
  • WPblog:終了⇒Star Server

以上が無料レンタルサーバーのデメリットになりますので、無料のサーバーはおすすめしてません。

無料でWordPressを使いたいって気持ちはとても理解できますが、長期的な視点でみるとデメリットが多すぎますのでこれらは避けた方が無難です。

以上初心者におすすめのレンタルサーバーと選び方のまとめでした。

初心者でも迷わないWordPressの始め方や使い方を全部図解で解説!

最終更新日:2018/08/08

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。