Search Consoleでサイトへのメッセージやペナルティーを確認する

Search Consoleは色々便利な機能がありますが、今回は「サイトへのメッセージ」について紹介していきます。

Search Consoleで対象サイトを選択すると左に出現するこの部分です。

メッセージ-7

サイトがペナルティーを受けた時やサイトに関する重要なメッセージを受け取る事ができるのでこまめにチェックしておきましょう。

メッセージの種類

サイトへのメッセージでは色々な種類のメッセージが送られて来ますが、主要なメッセージの一部を紹介しておきます。

「サイトの品質に関する問題」や「実質のないコンテンツ」

まずはペナルティーを受けた時に来るメッセージです。「サイトの品質に関する問題」とか「実質のないコンテンツ」もしくは「低品質のコンテンツ」。

メッセージ-3

メッセージ-5

一部のページで、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反する手法が使用されていると見られる箇所が確認されました。
貴サイトに価値のない質の低いコンテンツが含まれているため、●●に対して手動によるスパム対策を適用いたしました。他にもサイトの一部または全体に対策が適用された可能性があります。

オリジナルコンテンツの量に比べてあまりに広告が多すぎるとか、記事のコンテンツがコピーコンテンツであるとか悪質なスパムなど原因でペナルティーを受ける場合にこのようなメッセージが届く事があります。

外部からの不自然なリンク

Googleのアルゴリズム(検索順位を決める採点基準)の1つが被リンクです。つまりたくさんのサイトから被リンク(リンクしてもらっている)のあるサイトは評価されやすい傾向があります。

ただ、これを悪用して自作自演の被リンクとか有料のリンク購入などで不正に順位を操作しようとするとこのようなメッセージが来る事があります。

メッセージ-6

貴サイトへの人為的または不自然なリンクのパターンが検出されました。PageRank の操作を目的としたリンクの売買やリンク プログラムへの参加は、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反する行為です。
そのため、●●に手動によるスパム対策が適用されました。他にもサイトの一部または全体に対策が適用されている可能性があります。

ペナルティーに関しては他にも色々な種類のメッセージが届く事があるので、マメにチェックしておきましょう。

ペナルティー以外のメッセージ

他にも色々な種類のメッセージが届きます。これも1部紹介していきます。

  • Increase in not found errors:記事を大量に削除した場合に届く
  • Increase in server errors:サーバーエラーが増えている
  • Googlebot can’t access your site:サイトにアクセスできない状態が発生している

こんな感じでSearch Consoleに登録しているとサイトに関するメッセージが届くので原因をチェックして対応する事ができます。

解決したメッセージの削除

メッセージ自体は残しておいてもいいですが、解決済みの問題のメッセージがずっと表示されているのもアレなんで一応メッセージの削除方法も書いておきます。

Search Consoleの管理画面から対象サイトを選択し、「新しい重要メッセージ」の部分の「すべて表示」をクリック。

削除メッセージ-1

削除したいメッセージ、または全部一括でチェックを入れて削除をクリック。

削除メッセージ-2

これでSearch Consoleのメッセージを削除することができます。

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。