Search Console登録後に来る「パフォーマンスを改善できます」のメールの意味は?何をすればいい?

Search Consoleの登録や使い方

Search Consoleに登録が済んだらすぐに1件のメッセージがきます。通常は「●●(サイトのURL)検索パフォーマンスを改善できます」もしくは「Improve the search presence of サイトのURL」みたいな感じで表示されているはずです。

今回はこのメッセージに 書かている内容の紹介と何をすればいいの?という部分を紹介していきます。

Search Consoleの初期設定

Search Consoleから来たメールは以下のような感じです。

Consoleの初期設定1

※1番から4番までの項目がありますが、ぶっちゃけ必要なのは3の「サイトマップファイルを送信する」くらいです

一応簡単に全部説明していきます。

1.ウェブサイトの全バージョンを追加する(Add all your website versions)

サイトによっては「http://●●●.com」と「http://www.●●●.com」のように「www有り」と「wwwなし」で両方アクセスできる場合があって、中身は同じですが、サイトの評価が分散しちゃう事があります。

要はwwwあり・なし両方のURLでアクセスできるとブックマークや、被リンクなども分散してしまうのであまりよろしくありませんし、もったいないです。

という事で両方のバージョンをSearch Console登録して優先するバージョンを選択しようという事です。

ただ、以前のSearch Consoleではこの「優先するバージョン」というのが選択できていたのですが、現在は見当たりませんので、全バージョンの登録は必要ないです

サイトで優先したいURLにリダイレクト(転送)の設定しておけばOKです。

2.同僚にアクセス権を付与する(Share access with co-workers)

これは自分の趣味などでブログ書いている人にはあまり関係ないかも。一人でサイト運営されている場合は必要無し。

もし複数のスタッフでサイトを管理している場合に、Search Consoleのデータの共有ができるので、この設定はしておいた方がいいかもです。

ユーザーを追加して権限も制限することができます。

  • 所有権:表示・操作何でもできる
  • フルユーザー:全てのデータが表示できる。一部の操作もできる
  • 制限付き:ほぼ全てのデータが表示できる。操作はできない

参考:Search Consoleヘルプ:権限について

Search Consoleの管理画面からサイトを選択して「ユーザーと権限」の部分をクリック。

WordPressをConsoleの初期設定2

右上の「ユーザーを追加」をクリック。

WordPressをConsoleの初期設定3

「メールアドレス記入欄」と「権限の選択欄」がでてくるので追加したいユーザーのメールアドレスを入力し、権限を設定します。

WordPressをConsoleの初期設定4

3.サイトマップ ファイルを送信する(Submit a sitemap file)

サイトの中にどんな記事やページがあるのかをリストにしたもので、検索エンジンにサイトマップを登録すると、サイトやブログで新規の記事を公開した時に検索に反映されやすくなります。

サイトの中にどのような記事があるのか検索エンジンに把握してもらうために設置します。

ただ、サイトマップに関しては利用しているブログサービスで違う部分が多いので別記事にしてます。

Search Consoleへサイトマップを送信する方法
今回はサイトマップをSearch Console(ウェブマスターツール)に送信する方法を紹介していきます。 利用しているブログサービスで若干違いがある部分...

4.Search Console の操作方法を確認する

最後の項目は大まかなSearch Consoleの使い方に関するリンクになってます。

ウェブサイトで Search Console を使用する

内容的に初心者の方には難しい部分もあるかと思いますが、必要な機能から使いながら覚えていくのがおすすめです。

このサイトでも順番に紹介していきます。

Search Consoleの登録から使い方までのまとめ
Search Consoleは自分のサイトのページのインデックスをお願いしたり、サイトに重大なエラーがないかチェックできたり、サイト内の構造に問題がないか?とい...

コメント

  1. しげぞう より:

    なが様

    コメントありがとうございます。私の場合ですが、以前はサイトマップ送信、国の設定、wwwありwwwなしどっち優先?という設定はやってましたが、最近はサイトマップだけです。本来ならwwwなしwwwあり両方のURLで登録して設定などするように書かれてますが、最近は面倒なので片方のURLだけ登録し、サイトマップ設定するくらいです。特に支障はありません。

    301リダイレクトのついてはどのような記述があるのか分かりませんので、その記述がどのようなものか教えてもらえると助かります。

  2. なが より:

    サイトマップファイルの送信や国の設定などはwwwあり、なしの両方やる必要はありますか?あとグーグルの説明に301リダイレクトについても書いてあったのですが、いまいち理解できませんでした。必要性はあるのでしょうか?
    検索で調べてみても記事がなかったので参考にさせてもらったこのサイトで質問させていただきました。

タイトルとURLをコピーしました