レンタルサーバーのサーバーID(初期ドメイン)とは?どんな決め方をしたらいい?

Q&Aレンタルサーバー比較

レンタルサーバーを契約する時に必要になるのがサーバーID(初期ドメイン)です。

エックスサーバーでもロリポップでもConoHa Wingでもどのレンタルサーバーの契約でも最初に決めるのがサーバーID(初期ドメイン)です。

私もWordPressを始める時にレンタルサーバーの契約をしたのですが、サーバーID(初期ドメイン)って何?どうやって決めたらいいの?ってなりました。

どうしても分からない部分で手が止まってしまうんですよね!

特にサーバーID(初期ドメイン)は後からの変更ができませんので理解してから決めた方が後悔しないと思います。

サーバーID(初期ドメイン)とは?どのような役割がある?

サーバーIDは契約するサーバーの「アカウント名」のようなものです。どのレンタルサーバーでも契約時にこのサーバーIDを決めます。

  • エックスサーバーの場合:〇〇◯.xsrv.jp
  • ConoHa Wingの場合:◯◯◯.conohawing.com
  • ロリポップの場合:〇〇〇.lolipop.jp
  • さくらインターネットの場合:〇〇〇.sakura.ne.jp

「〇〇〇」の部分がサーバーIDの部分になります。

※ロリポップの場合は「lolipop.jp」だけでなく、「lovepop.jp」「pinoko.jp」など色々末尾を選択できます。

前述したようにサーバーID(初期ドメイン)はアカウント名のようなものですが、「〇〇◯.xsrv.jp」のようにURLのようになっているのでわかりにくいですよね。

このサーバーIDは初期ドメインとしても使えるのでこの初期ドメイン(〇〇◯.xsrv.jp)を使ってサイト作成もできます。もちろんWordPressも。

ただ、この初期ドメインはサーバー契約の間だけ使えるもの。つまりサーバーを解約するとこの初期ドメインも使えなくなります。

そのため、通常は初期ドメイン(サーバーID)ではなくて自分で独自ドメインを取得し、その独自ドメインを使ってサイト運用します

なので最初に書いたようにサーバーIDはアカウント名みたいなものと思っておいてOKです

POINT

  • サーバーIDはアカウント名のようなもの
  • レンタルサーバーへのログイン時に利用
  • サーバーID(初期ドメイン)上にサイト作成もできる
  • ただしサーバー契約の間のみ利用できるので注意
  • 通常は独自ドメインを取得してサイト作成する

サーバーID(初期ドメイン)の決め方は?

サーバーID(初期ドメイン)はアカウント名として自由に決めてもOKです。

多数のサイトを持っていて複数のIDを利用する場合は用途別に分かりやすい名前をつけたりもしますが、そういう方も少数派ですね。

また、敢えて独自ドメインではなく、サーバーID(初期ドメイン)を使ってサイト作成する方もいますが、そういう場合はサイトのURLに使いたい文字列にすればOKです。

各レンタルサーバーの申し込み方法は以下図解で紹介してますのでこちらも参考にしてみて下さい。

■エックスサーバー
【図解】エックスサーバーの申し込みの流れ!登録の手順と注意点

■ConoHa Wing
【図解】ConoHa Wingの申込みの流れ!登録の手順と注意点

■ロリポップ
【図解】ロリポップ申し込みの方法と注意点を解説

■ミックスホスト(Mixhost)
【図解】MixHost(ミックスホスト)申し込みの流れと注意点

コメント

タイトルとURLをコピーしました