シミトリーのハイドロキノン誘導体は効果はある?シミは消える?副作用はない?

シミトリーでシミは消える?

シミ対策として人気のオールインワンにシミトリーがあります。

シミトリーという名前の通りシミが取れるのか?シミを消す事ができるのか?ほんとに効果ある?副作用はない?など質問が多い商品ですが、その理由が「ハイドロキノン誘導体」という成分です。

今回はシミトリーに配合されているハイドロキノン誘導体の効果などについて紹介していきます。

美白の効果がある有効成分ってどんなもの?ハイドロキノンとハイドロキノン誘導体の違い

美白化粧品には、美白の効果がある有効成分が配合されています。

美白効果のある化粧品には、「有効成分」が配合されています。たくさんの美白成分が存在しますが、厚生労働省に認可されている代表的な美白成分が以下。

ビタミンC誘導体、カモミラET、コウジ酸、エラグ酸、トラネキサム酸、プラセンタエキス、ルシノール、リノール酸、アルブチン

肌に安全で長く使われてきている成分で肌への安全性や美白効果が認められている有名な成分と言えば「安定化ビタミンC誘導体」です

この成分は

  1. メラニンの生成を抑制する効果
  2. メラニンの排出を促進する効果
  3. メラニンを還元する効果

があります。

他の美白成分(厚生労働省が認定している成分)は、この3つの効果のどれかに当てはまりますが、安定化ビタミンC誘導体は、この3つの効果を全て兼ね備えています

これらの3つの効果は、シミを予防してくれるということですが、1度できてしまったシミを消す事はできません。

で、上記①②③以外の作用を持つ美白成分があります、それがハイドロキノン。

ハイドロキノンは厚生労働省が認可した成分ではないので、上記には載せていませんが、漂白する作用があります。

従来ビタミンCやプラセンタなどが配合された美白化粧品が色々とありますが、ハイドロキノンの美白効果はそれらの美白成分に比べ、10倍〜100倍の効果があると言われています

現在は、化粧品に配合されている美白成分ですが、以前は医療機関のみで処方されていました。日本では、2001年から化粧品に配合できるようになりましたので、化粧品ではまだ、新しい美白成分になります。

しかし、海外では、シミの治療に昔から使われていた成分です。

ただ、非常に美白効果としては期待ができる反面、肌への刺激も非常に強いため分量を間違えると肌トラブルへ繋がる恐れもありますし、副作用などの心配もあります。

ハイドロキノンとハイドロキノン誘導体は別物?

さて、シミトリーの特徴をみるとシミ対策成分としてはメジャーな「ハイドロキノン誘導体」「ビタミンC誘導体」、それに抗酸化力の高い「フラバンジェノール®」を配合している医薬部外品のオールインワンとなっています。

ハイドロキノン誘導体とはシミを漂白する効果があるが副作用も心配な「ハイドロキノン」に安全性をプラスして、似せて作られたもので、コケモモや梨、ウワウルシなどの天然植物が由来の成分になってます。

もちろんハイドロキノンに比べると効果は穏やかですが、シミだけでなく、肝斑やそばかすなど、シミをトータル的にケアすることができ、安全性も高いため、現在は基礎美白化粧品や市販薬などに多く配合されるようになっています。

シミ対策成分については自分の肌に合う合わないがありますので、一度試してみるのがおすすめです。

ちなみに私はと言いますと、実は長年アルブチン愛用者です。

いろいろな美白成分全てをある一定期間試してみて、お肌に合うなと感じて続けられているのがアルブチンでした。それこそ10年くらい使用していると思いますが、特にトラブルなく続けられています。

美白ケアはオールインワンだとめちゃくちゃ楽に続ける事ができますのでシミトリーで美白ケアは悪くない選択かと思います。

シミトリーは通常価格が4,980円ですが、定期便(うるおい美白コース)だと26%OFFの3,685円で購入できます(定期便の縛りもないのでいつでも解約可能)

また2回目以降も20%OFFで購入できますし、14日間の全額返金保証もついてます

以上シミトリーでシミは消えるのか?ハイドロキノンとハイドロキノン誘導体の違いについてでした。

関連口コミの良かったシミトリーを購入したので使ってみて感じたメリットやデメリットを紹介

最終更新日:2019/08/09

おすすめのASP
サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

ブログの更新はこちらから