記事に目次を自動で設置できるプラグインTable of Contents Plusの設定方法と使い方

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法

記事に自動で目次を設置できるプラグイン「Table of Contents Plus(TOC+)」。記事内の見出しがそのまま目次になります。最近はほとんどのサイトで見かける記事内の目次ですね。

↓こんな感じ。

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-15

今回はこの「Table of Contents Plus(TOC+)」の導入と設定方法などを図解で紹介していきます。

Table of Contents Plus(TOC+)の設定

WordPressの管理画面からプラグイン⇒新規追加で「Table of Contents Plus」をインストールして有効化。

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-1

有効化できたら設定⇒TOC+をクリック。

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-2

基本的な設定をしていきます。

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-4

  • 位置:最初の見出しの前
  • 表示条件:2つ以上見出しがある時
  • 以下コンテンツ~:「post(投稿ページ)」「page(固定ページ)」にチェック

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-5

  • 目次に表示するテキスト
  • 表示・非表示のテキスト

最初にどのような状態で目次を表示するか(表示or非表示の状態)?を選択できます。

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-6

見出しの「h2」とか「h3」などを階層にしたり階層に番号を付けるかどうか?という設定。

外観はお好みで。

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-7

トップページ(固定ページ)にも目次を設置したい場合

このサイトもそうですが、固定ページをトップページにしているサイトの場合はトップページにも目次設置できます。

設定の一番下の「上級者向け」という項目を開き、「ホームページ上の条件を満たす項目の目次を表示」にチェックを入れて保存すればOK。

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-8

特定のページだけ目次を表示したくない場合

目次を表示させたくないページ(記事)がある場合はその記事の編集画面を開き、適当な場所に

と記述して保存(テキストエディタ)すればそのページだけ目次が表示されません。

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-9

特定のページだけ目次を表示したい場合

サイト内の全ページではなく、特定のページだけ目次を表示したい場合は設定で「以下のコンテンツタイプを自動挿入」という項目のチェックを外します。

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-10

これでどのページでも目次が表示されなくなりますので、後は目次を表示したいページで適当な場所に

と記述して保存すればOKです。

サイドバーに追尾型の目次を設置する場合

サイドバーでスクロールすると追いかけてくる目次が設置できます(追尾なしでも可)。

サイドバーに簡単に追尾型のコンテンツを設置できるプラグイン「Q2W3 Fixed Widget」をインストールし有効化しておきます。

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-12

WordPressの管理画面から「外観」⇒「ウィジェット」と進み、サイドバーの一番下とかにTOC+をドラッグして、「Fixed widget」にチェックを入れて保存すればOKです。

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-13

サイドバーで追尾してくる目次になります。

Table of Contents Plus(TOC)の設定方法-14

以上記事に目次を自動で設置できるプラグインTable of Contents Plusの設定方法と使い方でした。

WordPressの始め方
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

ブログの更新はこちらから

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA