WordPressの一般設定を解説

前回はWordPressを設置できたらまず最初にやっておくべき設定はユーザー設定という記事を書きました。
WordPressのユーザー設定とプラグインでセキュリティー対策

ユーザーの設定が完了したら今度は一般設定をしていきましょう。この一般設定も非常に重要な部分ですので見て行きましょう。途中で幾つか注意点もありますので、その都度解説していきます。

スポンサーリンク

一般設定をしてみる

では最初にWordPressの管理画面のメニューから「設定」⇒「一般」と進んで下さい。

一般設定-1

一般設定の画面になりますので、まずは「サイトタイトル」と「キャッチフレーズ」という項目があります。

サイトタイトルはここから変更できます。「キャッチフレーズ」には初期状態で「Just another WordPress site」となっていますので、これを削除して自分のサイトの説明文を入力します。

一般設定-2

ここで決めた「キャッチフレーズ」は自分のサイトが検索された時に表示されますので重要な部分です。じっくり考えて決めましょう。

次に「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」という項目がありますが、この項目は初心者の方は触らないのが無難です。特にWordPressプレスのアドレスを変更するとログインすらできなくなってしまいますので注意。

この部分の詳しい解説をすると非常にややこしくなるので今は省略。という訳でこの項目を変更しない。

一般設定-3

次に「メンバーシップ」と「新規ユーザーのデフォルト権限グループ」という項目があります。

これは会員制のサイト等を作る時に使いますが、普通の方は初期状態のまま(チェックを外したまま)の状態にしておいて下さい。「新規ユーザーのデフォルト権限グループ」も初期状態の「購読者」のままにしておきます。

一般設定-4

次に「タイムゾーン」「日付のフォーマット」等の項目になります。これは各自お好みの表示方法を設定して下さい。

一般設定-5

最後に忘れずに「変更を保存」をクリックします。

一般設定-6

一応サイトのタイトルとキャッチフレーズを確認しておきましょう。サイトを表示するには管理画面の一番上に自分のサイト名があると思いますのでそこにカーソルを合わせると「サイトを表示」という表示が出てきます。これをクリック。

一般設定-8

するとタイトルとキャッチフレーズが反映されているはずです。これで設定は完了です。次回はURLの設定(パーマリンク設定)について紹介していきます。
パーマリンク設定の基本とおすすめの設定

※入院生活から復活しました!!またできるだけ返信しますのでよろしくお願いします(^^)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。