WordPress Ping Optimizerの設定とエラーになった時の対処方法

今回は適切にping送信してくれるプラグイン「WordPress Ping Optimizer」の設定方法と使い方、また、エラーが表示された時の対処方法までを解説します。

そもそもping送信って何?という方もいると思いますので簡単に説明すると自分のブログを更新した時に「更新しましたよー」とお知らせしてくれる機能なんです。このping送信の仕組みとping送信先を設定する方法事で色々な場所で更新をお知らせする事ができます。

ping送信をするメリット

ping送信先に設定するのはGoogleのBlog Searchだったり、ヤフーだったり、ラブドアブログ、FC2ブログだったり結構メジャーな所が多いのですよ、そんで「更新しましたよー」ってお知らせする事でたまたまそこのページを見ていた人が見にきてくれたりします。

でも本当に重要なのはYahooやGoogleの検索ロボットも新しい記事を見つけやすくなるという事です。

ブログを始めてしばらくはGoogleやYahooの検索ロボットはなかなか巡回してくれません。そのため、ping送信でこちらからお知らせしてあげる事で検索エンジンに情報を素早く伝達する効果が期待できます。どうせブログ記事書くなら1人でも多くの人に来てもらいたいと思いませんか?

WordPress Ping Optimizerの特徴

WordPressにもこのping送信機能は付いているのですが、現時点ではプラグインの方が優秀です。この「WordPress Ping Optimizer」を利用する事で適切なping送信をする事ができます。

どういう事かというと、WordPressのping送信機能っていうのは当然記事を更新した時にping送信を行います。しかし例えば記事を修正した時等にもping送信をしてしまうのですよ。

そうやって、何度か記事を修正する度にping送信をしてしまうのでこれがスパム行為と勘違いされる事があるのです。

そこで登場したのが「WordPress Ping Optimizer」です。これは記事の更新の時に1回ping送信を行い、その後に修正等をしてもping送信は行いません。ここが大きな違い。

しかもping送信ログを見る事が出来るので、ping送信先が突然無くなってしまった時などにエラーとして確認する事ができます。そのため、送信できなくなったping送信先を新しいping送信先に変更したりする時に非常に便利なんです。

WordPress Ping Optimizerのインストールと有効化

WordPressの管理画面から「プラグイン」⇒「新規追加」と進み、検索窓に「WordPress Ping Optimizer」と入力して検索。「今すぐインストール」をクリックします。

ping送信-3

インストールしたら「有効化」もしておいて下さい。

ping送信の仕組みとping送信先を設定する方法

有効化できたら早速ping送信先を設定しましょう。WordPressの管理画面から「設定」の中に「WordPress Ping Optimizer」という項目があるのでこれをクリック。

ping送信-4

するとping送信の仕組みとping送信先を設定する方法画面になります。

ping送信-5

私は適当に送信先を選んでますので既に使えない送信先もあるかも知れません。検索で自分で調べてみるといいかもしれません。私と同じでよければこれをコピーして貼り付けて下さい。

  • http://rpc.pingomatic.com/
  • http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
  • http://ping.rss.drecom.jp/
  • http://ping.feedburner.com
  • http://ping.blogranking.net/
  • http://ping.fc2.com/
  • http://pingoo.jp/ping/
  • http://rpc.weblogs.com/RPC2

貼り付けるとこのようになると思います。

ping送信-10

貼り付けたら下の「save settings」をクリックして変更を保存しておきます。もしこの時点でエラーが発生して設定の変更が出来ない場合はロリポップのWAF設定を無効にする必要がありますので、WAFを一時的に無効にして下さい。やり方の詳細は記事下に追加してます。

私は「ブログ村」と「ブログランキング」にも登録しているので、自分専用のping送信も追加してます。これで記事更新すると設定した送信先にping送信されます。

設定が完了したら一度実際にping送信をしてみましょう。「save settings」の右に「ping now」というボタンがあるのでこれをクリックするとping送信がされて履歴が表示されます。

ping送信-7

この履歴をクリックして詳細を見ることができます。

ping送信-6

このように表示されると思いますが、一番下に赤い文字の部分がありますよね、これがエラーです。このping送信先は現在は使われていないのかも知れません。記事を更新しながら時々この履歴をチェックしてみて、ずっとエラーがでる送信先は削除して下さいね。

WordPress Ping Optimizerの設定でエラーが出る場合の対処

ロリポップサーバーを使っている方はping送信の仕組みとping送信先を設定する方法とエラーが出てしまう場合があります。これはロリポップのWAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)というセキュリティーシステムが邪魔している状態なんです。そのため、このping送信の仕組みとping送信先を設定する方法前にこのWAFを一時的に無効にしてping送信先を設定します。

設定した後にはまたWAFを有効化するという作業が必要になります。このWAFの設定は変更して反映されるまでに10分程度かかりますので、先にこのWAFを無効化しておきましょう。

ロリポップのWAFを一時的に無効化する

ロリポップにログインしてユーザー専用ページに行きます。管理画面の右のメニューの中に「WEBツール」という項目があります。この中の「WAF設定」というのをクリックします。

ping送信-1

自分のドメインの右に「設定変更」という部分がありますので、「無効にする」をクリックします。

ping送信-2

これでWAFの無効化は完了です。反映されるのが10分後くらいなのでしばらくコーヒーでも飲んでおいて下さい。ここはまたping送信先を設定した後に有効化します。

以上で「WordPress Ping Optimizer」の設定は完了です。

WordPressの始め方
サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

ブログの更新はこちらから

WordPress Ping Optimizerの設定とエラーになった時の対処方法”に7件のコメントがあります。

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. げたんは

    分かりました。インデックス促進の他の手段も提示してくださりありがとうございます。
    やはり地道にやってくしかないって事なんですね。 これからもこちらのブログで勉強していきます。

  2. しげぞう 投稿作成者

    げたんは様

    コメントありがとうございます。ping送信でアクセスが一気に増える事はありません。あくまで新規の記事を書いた時にGoogleに早くインデックスしてもらうための1つの手段と思ってOKと思います。インデックスされないといつまでたっても順位が付きません。

    よって、検索からの流入が期待できませんので、できるだけ早くインデックスしてもらうのが基本です。また、悪質なコピーサイトなどもあり、自分の書いた記事をそちらに先にインデックスされるようだとちょっと困りますよね。

    インデックスの促進はSearch Consoleでもできますし、PuSHPressのようなプラグインでも可能なのでping送信自体はそこまで重要ではなくなってきていますが、プラグイン無しだと記事の編集などでもいちいちping送信をしてしまう場合があり、スパムっぽく見られたらいけないので、WordPress ping Optimizerは必要だと思っております。

  3. げたんは

    はじめまして。こちらのブログで勉強しながらブログ運営をしています。
    質問ですがブログを開設し Jetpack by WordPress.com でアクセス解析導入してからWordPress ping Optimizer でしげそうさんが提示してくれているping一覧をコピペ(URL最後の半角抜き確認)して送信して5時間は経ったのですがアクセスが一つも増えていません。

    「successfully pinged 」表記からして幾らかはサクセス処理になっているはずなのですが、そんなものでしょうか?(アクセスは爆発的に増えないとおっしゃっているので。)

  4. 乃風

    しげぞう様

    そうでしたかぁ~・・・。私はてっきり、その都度こっちから手動で送信しなくちゃいけないのかと思っていました。今、そのpingのプラグインを見に行ってきたのですが、ちゃんとオン(有効化)されていました。全て自動でやってくれるなんて、なんかありがたいです。

  5. しげぞう 投稿作成者

    乃風様

    返信ありがとうございます。ping送信はアドセンスとは関係ないので有効化しておいてOKです。有効化していればping送信はされるハズなので、既に有効化されているならそのままで問題はありません。

  6. 乃風

    しげぞうさんへ

    乃風です。いつもお世話になっております。

    既に2つの記事をアップしたものの、アドセンス審査を控えているので、まだサムネイルとかの画像は載せてないんですね。このping送信するのは、アドセンスの2次審査を突破してからの方がいいのでしょうか? このプラグインの設定・有効化はもう済んでいる状況です。