WordPressの記事投稿の基本的な流れと手順

前回の記事ではWordPressで記事を作成していく時の基礎知識や「ビジュアルエディタ」と「HTML(テキスト)エディタ」があるよという記事を書きました。今回は実際に記事を書くときの画面の説明や記事投稿の流れについて紹介しておきます。

記事投稿基本的な流れ

まずは私の場合の記事投稿の流れを見せておきますね。

  1. 記事を書く前にカテゴリーを作っておく。
  2. 記事を作成する。
  3. カテゴリーを選択。
  4. タグやアイキャッチを設定する。

私が実際に記事を投稿する場合はこのような流れで作成しています。

記事作成の流れ

先にカテゴリーを作っておくというのは前回カテゴリーの作成方法の記事を書きましたが、記事を投稿する時の画面でカテゴリーやタグ等も一緒に設定できますので、私は先にカテゴリーを作成しておいて、記事作成時にこのカテゴリーを選択します。

投稿-1

実際に記事を書いたらこのカテゴリーの中から選択しておきます。それからこのカテゴリーの下にはこのような欄があります。

投稿-2

このように「タグ」とか「アイキャッチ画像」を設定できますので、これも記事投稿の時に設定してます。

「タグ」や「アイキャッチ画像」は設定しなくてもいいですが、私は設定する派です。「アイキャッチ画像」というのは私のこのブログで言うと、記事タイトル下の画像、それからトップページではサムネイルで表示してます。

メディア設定-3

アイキャッチ画像のサイズの変更や記事一覧ページ等で画像を小さくする設定等はすべてカスタマイズでやってますので、同じようにしてみたい方は今後のカスタマイズの記事を参考にしてみて下さい。アイキャッチに設定する画像は画像を探すプラグインも使用してます。

記事を作成すると「下書きとして保存」もしくは「公開」を選ぶ事ができます。「プレビュー」で実際にどのように表示されているのか確認する事もできます。

投稿-3

以上が簡単な記事投稿の流れです。次回の記事で実際にビジュアルエディタの使い方を紹介していきます。
ビジュアルエディタの使い方と記事投稿方法

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。