エックスサーバーでの料金の支払い方法と自動引き落とし設定

前回はエックスサーバーの申し込み登録の方法を紹介しました。
エックスサーバーの申し込み方法と登録の手順

今回はエックスサーバーでの料金の支払い方法と自動更新(自動引き落とし)設定について解説していきます。エックスサーバーでは10日間お試し期間があります。この10日間の間に料金を支払わなければそのまま自動的に解約になります。

この料金の支払いを忘れるとサーバーが使えなくなってしまい、サイトが表示されなったりしますので、忘れない内に料金の支払いをしておきましょう。また、契約期間が終わるとさらに更新が必要になります。この更新も忘れないように自動引き落としの設定もしておきます。

スポンサーリンク

エックスサーバーの料金

エックスサーバーの場合個人利用の方はほとんど「X10プラン」を選択すると思いますが、「X10」プランの場合の料金は次のようになっています。

エックスサーバー料金-2

支払い方法は後で選択しますが、「銀行振込」「クレジット」「コンビニ」「ペイジー」の中からお好きな支払い方法を選択する事ができます。

月額の費用とは別に最初だけ初期費用3,000円も必要になります。12ヶ月の契約が一番お得な料金になります。料金高い!と躊躇する方は再度ロリポップとの比較をしてみても良いかもしれません。
ロリポップとエックスサーバーを比較!レンタルサーバーはどっちがおすすめ?

エックスサーバーでの料金支払いの方法

エックスサーバーのインフォパネルへログインします。
エックスサーバー

エックスサーバー料金-1

インフォパネルにログインできたら左のサイドバーから「決済関連」という項目の「料金のお支払い」を選択。

エックスサーバー料金-3

料金を支払うIDにチェックをいれて「更新期間」を選択し、「お支払い方法を選択する」をクリック。

エックスサーバー料金-4

前述したように「銀行振込」「クレジット」「コンビニ」「ペイジー」の中からお好きな支払い方法を選択する事ができます。今回はクレジットを選択しました。

エックスサーバー料金-5

キャンペーン中だったようで初期費用が半額になってます。クレジットカードの情報を入力して「カードでのお支払い(確認)」をクリック。

エックスサーバー料金-6

最後に確認画面になるので、間違いがなければ「カードでのお支払い(確定)」をクリック。

エックスサーバー料金-7

以上で料金の支払いは完了です。

エックスサーバーで自動更新設定をしておく

レンタルサーバーの契約終了前にはサーバー側から通知のメールが来るのですが、更新を忘れてしまうと大変なので、できれば自動引落し設定をして自動更新されるように設定をしておくのがおすすめです。

自動更新にはクレジットカードが必要になりますが、私も自動更新のために楽天カードを作成しておきました。年会費は無料ですし、楽天での買い物でポイントが2~4倍になります。学生の方でも持てるクレジットカードですのでおすすめです。

ちなみ入会特典でポイントももらえますし、私も忘れないように記事にしておきましたので参考に。
楽天カードの申し込み手順と流れ【図解】

エックスサーバーでの自動更新設定の方法

無料お試し期間の場合は上記の手順で一度料金の支払いをしておきます。試用期間サーバーアカウントに対して、自動引き落とし設定はできませんので、注意。

インフォパネルにログインして「料金のお支払い」⇒「カード自動引き落し設定」を選択し、クレジットカード情報を入力。

エックスサーバー料金-8

クレジットカードの情報を入力したら下の更新するアカウントにチェクをしれて一番下の「自動引落しの登録(確認)」をクリック。

エックスサーバー料金-9

最後に最終確認画面になるので、間違いがなければ自動引落しの登録(確定)をクリックして完了です。

再度確認のためにインフォパネルにログインして「料金のお支払い」⇒「カード自動引き落し設定」を選択すると「自動引き落し」の部分が「○」となっているはずです。

エックスサーバー自動引落し

以上でエックスサーバーの料金支払いと自動更新(自動引き落し)の設定は完了です。次回は取得した独自ドメインの設定をしていきましょう。

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。