エックスサーバーでWordPressを自動インストールする手順

前回はWordPressに必要になるデータベース(MySQL)の設定を解説しました。
エックスサーバーでMySQLデータベースの設定をする方法

今回はいよいよエックスサーバーの自動インストール機能を使ってWordPressをインストールする手順を解説していきます。

スポンサーリンク

エックスサーバーでWordPressをインストールする手順

エックスサーバーのインフォパネルからサーバーパネルへログインしておきます。直接サーバーパネルへログインしてもOKです。

エックスサーバー独自ドメイン設定-1

エックスサーバーに新規WordPressをインストールしていきます。サーバーパネルの「ホームページ」という項目から「自動インストール」をクリック。

エックスサーバー-6

インストールするドメインを選択。

エックスサーバー-7

まだ新規のドメインには何もインストールしていないと思いますので、「現在、「●●.com」ドメインには自動インストールされたスクリプトはありません。」と表示される事を確認しておきます。

エックスサーバーWordPress自動インストール-4

確認できたら「プログラムのインストール」タブをクリックして「WordPress日本語版」の部分の「インストール設定」をクリック。

エックスサーバー-8

次に「インストールURL」やブログ名を決める画面になります。ドメインの部分とその右の欄は基本的にそのままでOKなので、ブログ名だけ決めておきます。ブログ名も後から変更が可能です。

エックスサーバーWordPress自動インストール-1

次に「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力するのですが、「ユーザー名」と「パスワード」はWordPressへログインする時に必要になりますので、他者から分かりにくいユーザー名とパスワードにしておいて下さい。

WordPressサイトでの投稿者名などの表示はWordPressインストール後に設定できますので、ここはセキュリティー重視でユーザー名とパスワードを設定して下さい。

エックスサーバーWordPress自動インストール-2

次にデータベースの設定項目があります。前回の記事でデータベースの設定をしている方は「作成済みのデータベースを利用する」を選択して作成したデータベース名、ユーザーIDを選択して「インストール(確認)」をクリックして下さい。

エックスサーバーWordPress自動インストール-3

データベースを作成してない方は「自動でデータベースを生成する」を選択してもOKですが、データベース名やパスワードが自動で決められてしまいます。

「インストール(確認)」ボタンをクリックすると確認画面になるので、内容を確認してインストール(確定)をクリック。

エックスサーバーWordPress自動インストール-5

インストールが完了するとログインURLが表示されます。これがログイン画面のURLになりますので、これをクリックして飛び先URLをお気に入り(ブックマーク)追加しておきます。

後はWordPress先ほど決めた「ユーザー名」と「パスワード」でログインして下さい。

エックスサーバーWordPress自動インストール-8

ログインするとようやくWordPressの管理画面です。

エックスサーバーWordPress自動インストール-9

WordPressの管理画面はそのまま使えますが、ドメインの設定などが反映されるまでに少し時間がかかる場合があり、サイト(URL)を表示させてもこんな感じのエラー画面になる場合がたまにあります。

エックスサーバーWordPress自動インストール-7

上記のようなエラー画面になる場合でもしばらく待てばきちんと表示されるようになりますので、その間に別の作業をしておきましょう。また数日待っても解消されない場合にはエラー画面で「Ctrl」と「F5」を一緒に押してリロードしてから確認をしてみて下さい。

以上エックスサーバーでWordPressをインストールする手順と方法の紹介でした。

次回はドメインのSSL化をしていきます。結構重要なのでこちらの記事へ。
エックスサーバーで無料の独自SSLを導入する手順

サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

ブログの更新はこちらから

エックスサーバーでWordPressを自動インストールする手順”に6件のコメントがあります。

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. しげぞう 投稿作成者

    ambrebush様

    コメントありがとうございます。エックスサーバーであればインフォパネル⇒ファイルマネージャー⇒ドメイン名⇒public_html⇒wp-content⇒pluginsでプラグインのファイルまで行けますが、プラグインをインストールした時に付属するというか別のファイルも追加される場合もありますので、それも削除が必要な場合があるかもしれません。

    また本当にプラグインが原因か?というのも実際には分かりませんので、これは一度エックスサーバーの方へ問い合わせしてみるのがベストかと思います。その際にはどのような作業をしていて500エラーが出るようになったのか?どのようなプラグインを入れたのか?などできるだけ詳しく説明してみて下さい。

  2. ambrebush

    こんにちは。とても勉強になりました。この前、xserverの無料レンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得し、wordpressをインストールしてブログをはじめました。しかし、プラグインを追加していく過程で500internal server errorのと表示され、なんの操作もできなくなりました。

    自分なりに調べた結果、wordpressのファイルからプラグインを削除すれば治る場合があるということが分かったのですが、ファイルがどこにあるか分かりません。

    ファイルの場所、及びエラーの解決方法を教えてくれたら幸いです。

  3. そらん

    さきほどコメントしてしまった「そらん」です。インストールもう一度試したらできました。
    返信不要です。失礼いたしました。引き続きがんばります!

  4. そらん

    こんにちは、たいへん勉強になります。
    いま、エックスサーバーにWordPressをインストールする画面で
    MySQLを設定してあるにも関わらず、
    データベースに接続することができません。
    MySQLデータベース名、MySQLユーザ名、MySQLパスワード、ぞれぞれが正しいか確認してください。
    とエラーがでて進むことができません。
    インストール画面で、自動的に「データベース名とデータベースユーザー名」は入っていました。何を確認・修正すればよいかご存知でしたら教えてください
    よろしくおねがいいたします

  5. しげぞう 投稿作成者

    ミズン様

    コメントありがとうございます。独自ドメインとWordPressの反映に少し時間がかかる場合がありますが、次の点を確認してみて下さい。

    1.「サーバーが見つかりません」の画面で「Ctrl」と「F5」を一緒に押してリロード。

    利用されているブラウザでキャッシュ(以前のデータ)が残っている場合があり、それが表示されている場合がありますので、「サーバーが見つかりません」という画面で「Ctrl」と「F5」を一緒に押してリロードして見て下さい。

    2.WordPressにログインして管理画面の左上のサイト名が表示されている部分をクリックして自分のサイトが表示されるか確認。

    上記2点を試しても表示されない場合には一度サーバーへの問い合わせをしてみて下さい。

  6. ミズン

    こんにちは

    WordPressの自動インストールをしたのですが、URLを押すと「サーバーが見つかりません」と出てしまいます。これは数日経てば表示されるでしょうか?