エックスサーバーでMySQLデータベースの設定をする方法

前回はエックスサーバーに独自ドメインを設定する方法を紹介しました。
エックスサーバーでの独自ドメインの設定方法

レンタルサーバーの比較記事などでも書いてますが、WordPressのサイトを作成するにはデータベース(MySQL)が必要になります。

今回はエックスサーバーでWordPressをインストールする時に必要になるMySQLデータベースの設定をする手順を解説していきますが、ぶっちゃけこの作業は必須ではありません。

というのも、WordPressの自動インストールをすると自動でMySQLデータベースが作成されます。ただ、複数のWordPressサイトを管理する場合に、どのデータベースがどのサイトのデータベースなのか?ちょっと管理がしにくいので、個別にデータベース名やパスワードを自分で決めておくという作業です。

サイトは1つだから別にデータベース設定はしなくてもいいやって方はWordPressのインストールへ進んでもOKです。

スポンサーリンク

エックスサーバーでMySQLデータベースの設定をする手順

先に手順を書いておきます。

  • MySQLデータベース名を決める
  • ユーザーの追加とパスワードを決める
  • データベースにユーザーを紐付け

ちょっと難しく見えるかもしれませんが、要はデータベースに名前を付けてユーザーIDとパスワードを決めるという3ステップの作業です。

ステップ1 MySQLデータベースの新規追加とデータベース名の決定

エックスサーバーのインフォパネルにログインしてサーバーパネルにログインします。直接サーバーパネルへログインでも大丈夫です。

エックスサーバー独自ドメイン設定-1

サーバーパネルにログインできたら「データベース」という項目の「MySQL設定」をクリックします。

エックスサーバーデータベース設定-1

「MySQLの追加」というタブに切り替えておきます。ここで、分かりやすいデータベース名を入力して文字コードは「UTF-8」を選択し、「MySQLの追加(確認)」を押します。サイトと関連するようなデータベース名にしておくと分かりやすいです。

エックスサーバーデータベース設定-3

確認画面になるので、「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリック。

エックスサーバーデータベース設定-4

これでデータベースの追加は完了です。続いてユーザーの追加をしていきます。

ステップ2 MySQLユーザーIDとパスワードの決定

今度は上記タブを「MySQLユーザーの追加」に切り替えてユーザーIDとパスワードを設定します。この「MySQLユーザーID」と「パスワード」はデータベースにアクセスする時に必要になります。

エックスサーバーデータベース設定-9

ユーザーIDは最初に決めた「データベース名」と同じにしておくと分かりやすいです。

「MySQLユーザーの追加(確認)」⇒「MySQLユーザーの追加(確定)」とクリックしていきます。

エックスサーバーデータベース設定-6

ステップ3 データベースとユーザーの紐付け

ステップ1でデータベース名を決めてステップ2でユーザーIDとパスワードを決めました。最後にステップ3として作成したデータベースとユーザーを紐付けする作業になります。

上記のタブを「MySQL一覧」に切り替えて作成したデータベース名の部分を確認すると「ユーザーはいません」になっているデータベース名が確認できます。

「アクセス権未所有ユーザ」という項目から先ほど追加した「ユーザーID」を選択し「追加」します。

エックスサーバーデータベース設定-7

追加してから再度「MySQL一覧」を確認すると作成したデータベースにユーザーが追加されています。

エックスサーバーデータベース設定-8

以上でエックスサーバーのデータベースの設定は完了です。データベースの設定ができた所で次回はWordPressをインストールしていきましょう。

サイトのアクセスアップや稼ぐためにおすすめの無料レポート

個人的にアクセスアップや検索上位表示に役立った無料レポートです。登録にメールアドレスが必要ですが、フリーメールでもOKです。

ブログの更新はこちらから

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。