初心者でも簡単にエックスサーバーでWordPressブログを始める全手順【WordPressクイックスタート】

初心者でも簡単にエックスサーバーでWordPressブログを始める全手順【WordPressクイックスタート】WordPressの始め方や使い方まとめ

WordPressを始めるのに定番のレンタルサーバーと言えばエックスサーバー。

今回2020年2月にスペックが増強され国内最速をうたうレンタルサーバーとなったエックスサーバーで「WordPressクイックスタート」機能がスタートしました。

初心者の方でも簡単にWordPressでブログを始める事ができるようになりましたので、エックスサーバーでWordPressブログを作成する全手順について解説していきます。

エックスサーバーとは?

エックスサーバー進化

エックスサーバーは安定した環境と実績で運用サイト数は170万サイト以上、ハイスペックで高速な定番レンタルサーバーです。

魅力1:ハイスペックで国内最速のサーバー

エックスサーバー速度ナンバーワン

エックスサーバーは2020年2月27日よりスペックが増強されAMD EPYC(Rome世代)とオールNVMe SSDを採用した、「国内最速」をうたう高性能レンタルサーバーとなっています。

オールSSDやピュアSSDと呼ばれる従来のサーバー環境と比較し、読み込み速度が最大で14倍以上に向上してます。もちろんサイトの表示速度も高速化。

さらに、搭載メモリを従来の256GBから512GBへ倍増し、プログラムの処理性能も高速化されてます

今回(2020年2月)の増強で以下のようにパワーアップしました。

  • CPU: 24コア→48コア
  • メモリ: 256GB→512GB
  • ストレージ: オールSSD→オールNVMe

これまでも十分速かったエックスサーバーさんが「速い」⇒「めちゃくちゃ速い」になった感じですね

エックスサーバースペック上げ

また、エックスサーバーではサイトの高速化のための機能がいくつか提供されてます。

独自開発のサイト高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」や「ブラウザキャッシュ設定」「mod_pagespeed設定」など設定画面にオンにするだけでサイトの高速化が完了しますので初心者の方でも簡単に高速化できます。

エックスアクセレレーター

魅力2:安定した環境と実績で運用サイト数は170万サイト以上!

エックスサーバーシェアナンバーワン

個人的にレンタルサーバー選びで一番重要視している部分なんですが、安定した環境と実績はホントに大事です

障害が多くてサイトが表示されないトラブル、不正アクセスでデータ改ざん、データ消失など、レンタルサーバーではとても怖いトラブルが発生することがあります。

最近では新しい魅力的なスペックのレンタルサーバーサービスも多数出てきてますが、16年以上積み重ねた豊富なノウハウと確かな技術力という点ではエックスサーバーが安心です

これまで様々な大きなトラブルもなく運営できているエックスサーバーはやはり安心感があります。

魅力3:全自動バックアップ

レンタルサーバー

サイトやブログを運営していると思いもしないトラブルがあります。

新しいサイト作成する時に既存のサイトデータの上から新しいWordPressインストールしちゃうなんて事もありますし、別のサイトと間違えてデータ削除しちゃったなんて事もあったりします。

もちろん自分でもバックアップをしながらサイト運営するのが基本なんですが、そういう時に限ってバックアップとってない!!

エックスサーバーではサーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持する「自動バックアップ」機能にも全プラン標準で対応していますので、万が一のトラブルにも対処できます

※全プラン標準で対応しています。

魅力4:エックスサーバーのサポート体制は素晴らしい!


エックスサーバーのサポートですが、24時間365日メールサポート受付。メールでのお問い合わせには、必ず24時間以内に対応。

もちろん電話サポート(土日祝除く)もあります。

個人的にサポートはよく利用してますが、エックスサーバーのサポートはメールも電話も利用しますがどちらもホントに素晴らしいです!

毎回、知識も経験も豊富なんだろうなって方に当たるので多分そういう方がサポートしている印象です。

難しい内容、専門用語でも難なくスムーズに理解されてる感があるのは毎回ホントの意味でサポートされてるって感じがしますので個人的におすすめです。

魅力5:初心者でも簡単にWordPressブログを始められるクイックスタート機能

初心者でも簡単にエックスサーバーでWordPressを始める手順【WordPressクイックスタート】

2020年4月より初心者でも簡単!わずか1分の手続きで独自ドメイン&SSL対応のWordPressブログを始められる「WordPressクイックスタート」の提供が開始されました

これまでWordPressを始める場合には以下のような手順が必要でした。

  • レンタルサーバーへの申込み
  • ドメインの取得
  • ドメインの設定やDNSの設定
  • WordPressのインストール
  • SSL設定

今回提供開始された「WordPressクイックスタート」であれば上記の5つの工程がほぼ省略する事ができるので、初心者の方でも迷う部分がありません。とっても簡単!

POINT

  • スペックが大幅に増強され国内最速のサーバーに
  • 安心・安全で16年の実績のあるレンタルサーバー
  • 自動バックアップ機能付き(全プラン標準装備)
  • サポートが素晴らしい
  • セキュリティー設定でスパム・不正ログイン対策可能
  • クイックスタート機能で簡単にWordPressがスタートできる

上記も踏まえた上で200GBのハイスペックなサーバーが月額900円~しかも独自SSLが無料というのはコスパ最強です

エックスサーバーの詳細ページを見てみる

プランや料金を比較。個人利用ならX10プランで十分

エックスサーバーでは「X10」「X20」「X30」の3つのプランがありますが、個人利用のWordPressであればX10プランでも十分です。

エックスサーバーは個人利用であれば「X10プラン」で十分です。

基本レンタルサーバーの場合は初回は契約期間の料金を一括払いになるところが多いので料金を確認しておくことをおすすめします。

初回だけの初期費用も計算して料金がどれくらい必要になるか計算しておきます。

注意点

  • 初回だけ初期費用3,000円がかかります
  • 初回だけは「合計金額の一括払い」になります。
契約期間初期費用料金合計
3ヶ月3,000円1,200円×3ヶ月6,600円(税込7,260円)
6ヶ月3,000円1,100円×6ヶ月9,600円(税込10,560円)
12ヶ月3,000円1,000円×12ヶ月15,000円(税込16,500円)
24ヶ月3,000円950円×24ヶ月25,800円(税込28,380円)
36ヶ月3,000円900円×36ヶ月35,400円(税込38,940円)

ちなみに初回は一括払いですが、その後はカードの自動更新設定をしておきます。自動更新なら毎月1,000円(税込1,100円)ずつ支払いしていく形になります。

エックスサーバー更新費用
※自動更新しない場合は手動更新で料金支払いが必要です(料金的にちょっと割高)。

MEMO

WordPressクイックスタートの料金支払いにはクレジットカードが必要になります。

クレジットカード持ってないって方は年会費がずっと無料で簡単につくれる「楽天カード」がおすすめです(私も使ってます)。

入会ポイント5,000ポイントのキャンペーンもやってます。

楽天カードキャンペーンページを見る

WordPressクイックスタートのデメリットを知っておこう

初心者でも簡単にWordPressをスタートできる「WordPressクイックスタート機能」ですが、1つだけデメリットがあります。

通常エックスサーバーでは無料のお試し10日間のお試し期間があるのですが、「WordPressクイックスタート機能」ではお試し期間がありません

そのため、「エックスサーバーに決めた!」という初心者の方に絶対的におすすめですが、無料お試し期間が欲しいという方は通常の申し込みのほうが良いです。

ただ、通常のやり方では前述したように申し込み、ドメインの設定、WordPressのインストールやSSL設定などの設定をする必要があるので注意です。

MEMO

通常の「無料お試しあり」で申し込みしたい方は以下記事で図解で紹介しています。

【通常版】エックスサーバーの申し込みの流れ!登録の手順と注意点

エックスサーバーの申し込みからWordPressクイックスタートでブログ作成までの手順

まずはエックスサーバーの申込みページへ移動。

https://www.xserver.ne.jp/

「10日間お試し 新規申し込み」をクリック。

エックスサーバーWordPressクイックスタートの手順と流れ1

「WordPressクイックスタートで一括申し込み」をクリック。

エックスサーバーWordPressクイックスタートの手順と流れ2

サーバーID、プラン、サーバーの契約期間を決めます。初期費用込みの料金も表示されてます。

エックスサーバーWordPressクイックスタートの手順と流れ3

POINT
サーバーIDは初期ドメインとも言います。

「https://サーバーID.xsrv.jp」というURLとしても使えるので、サーバーID(初期ドメイン)でWordPressを作成することも可能です。

ただしサーバーの契約を解約するとこのドメインは使えず、移管などもできないでの「制限付きのドメイン」というイメージ

あくまでドメインではなくサーバーID(アカウント)と思っておいたらOKです。

ドメイン名を決める

サイトのドメインを決める事ができます。今回は「ドメインずっと0円キャンペーン中」だったので、無料で取得できます(サーバーIDとは別です)。

エックスサーバーWordPressクイックスタートの手順と流れ4

ドメイン名は早い者勝ちなので、すでに取得されているドメインは取得できないようになってます。その場合はドメイン名に数字等を足してみるか、別のドメイン名を探します。

また、末の「.com」とか「.net」等で迷ってしまいますよね!ちなみに個人でよく使われている物を紹介しておきます。

  • .com:Commercialの略で個人でも企業でもよく使われる。
  • .net:Networksの略でこれも個人でも企業でも使えます。
  • .org:Organizationsの略で主に非営利団体という意味合いです。
  • .info:Informationの略で情報通知という意味。
  • .biz:Businessビジネス(商用)の用途。

悩む部分ですが、個人であれば「.com」もしくは「.net」がおすすめです。

WordPress情報を入力

WordPressの初期情報を入力していきます。特にユーザー名とパスワードに関してはログイン情報になるので推測されにくいものがおすすめです。

エックスサーバーWordPressクイックスタートの手順と流れ5

  • ブログ名:ブログ名を入力(後で変更も可能)
  • ユーザー名:ログイン時に必要
  • パスワード:ログイン時に必要
  • メールアドレス:更新時やコメント時にお知らせ

申し込み情報を入力

メールアドレスや名前、住所など基本事項を入力していきます。

エックスサーバーWordPressクイックスタートの手順と流れ6

利用規約の同意にチェックを入れて「お申し込み内容の確認へ進む」をクリック。

エックスサーバーWordPressクイックスタートの手順と流れ7

入力内容の確認画面になるので間違いがないか確認をしておきます。

電話・SNS認証

次に「電話・SNS認証へ進む」をクリック。

エックスサーバーWordPressクイックスタートの手順と流れ8

国を選択して電話番号を入力。「SNS認証(テキスト)」か「音声認証(自動音声)」を選択し、「認証コードを取得する」をクリック。

エックスサーバーWordPressクイックスタートの手順と流れ9

SNSもしくは自動音声で受信した5桁のコードを入力して「認証して申し込みを完了する」をクリック。

エックスサーバーWordPressクイックスタートの手順と流れ10

ここで申し込みとWordPressのセットアップは完了です。

エックスサーバーWordPressクイックスタートの手順と流れ11

エックスサーバーやWordPressにログイン

申し込み完了後にエックスサーバーからいくつか登録したメールアドレスにメールが届いています。

特に重要なのが「【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールです。

申し込み内容やログイン情報など大事な情報が入っている重要なメールになります。

エックスサーバーへのログイン情報でログインしてみる

メール内にエックスサーバーへのログイン情報があります。

エックスサーバーアカウントログイン情報

この情報を元にして実際にエックスサーバーへログインしてみます。

https://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーのログインは「エックスサーバーアカウント(旧インフォパネル)」と「サーバーパネル」がありますが、まずは「エックスサーバーアカウント(旧インフォパネル)」にログイン。

エックスサーバーログイン

メールに書かれているログイン情報でログインできます。

エックスサーバーログイン2

MEMO

■Xserverアカウント(旧インフォパネル)

Xserverアカウントは登録情報の確認・変更、ご利用期限の確認、料金のお支払い等ができます。

■サーバーパネル

サーバーパネルはサーバーの各種設定(メールアカウントの発行・ドメインの設定など)ができます。

※それぞれでログインのパスワードなどが違いますので、メールに書かれているパスワードを間違えないようにしておきましょう。

WordPressの管理画面にログインしてみる

同じメール内にWordPressの管理画面ログイン情報もあります。

WordPressログイン情報

作成したWordPressのサイトのURLとログイン情報ですが、設定したドメインなどが反映されるまで1時間~2時間程度かかります。

WordPressのログイン情報にかかれているURLでWordPressサイトにアクセスしようとしても以下のような画面になってWordPressのサイトも開くことができませんのでしばらく待ってみてください。

↓SSLの設定中。
プライバシーエラー

↓ドメインの反映待ち。
無効なURLです

大体1時間から2時間程度待てばちゃんとログイン画面が出てくるようになります。

WordPressログイン

MEMO

ログインアドレスは

https://◯◯◯◯/wp-admin/

となりますので間違えないように(◯◯◯◯には自分のドメイン名が入ります)。

WordPressにログインしたらとりあえず更新をしておく

ログインできたら更新できるものをすべて更新しておきます(古いバージョンのまま放置するとセキュリティー上よろしくないので)。

更新ボタンは2箇所あります、どっちらからでも更新ページへ行けます。

WordPress更新どっちでも1

WordPressの更新は「-ja」が付くものが日本語版なのでこちらを更新。

WordPress更新ja

更新できたら再度更新ページへ。

プラグインの更新があればすべてチェックを入れて更新ボタンをクリック。

WordPress更新プラグイン

テーマの更新もあれば更新(同じ更新ページ)。

WordPress更新テーマ

以上で更新は完了です。

MEMO

今回キャンペーンでドメインが無料でしたが、キャンペーンは終了・変更するので事前に確認をしておいてください。

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

WordPressのインストールが完了したらテーマを選んで設定などをしていきます。以下記事もどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました