エックスサーバーの申し込みの流れ!登録の手順と注意点【図解】

エックスサーバーの申込み方法

前回はムームードメインでドメインの選び方や取得する手順を紹介しました。初心者でも使いやすいムームードメインがおすすめです。

今回はエックスサーバーの申し込み方法と登録の流れを図解で解説していきます。また、料金の支払い方法と自動更新の設定なども紹介します。

先に、エックスサーバーには「X10」「X20」「X30」の3つのプランが用意されています。

個人利用でWordPressを利用するのであれば「X10」プランで十分です。

MEMO

最新のサーバー料金と初期費用は事前に確認しておいて下さい。時々キャンペーンで初期費用が安くなる場合があります

エックスサーバー詳細ページを見てみる

エックスサーバー申し込みの手順

まずは「エックスサーバーの10日間無料お試しページ」を開きます。このページ。

エックスサーバー10日間無料お試し申し込みページへ

エックスサーバーの申し込みページを開いたら「サーバー無料お試し10日間」という部分の「申し込み」という部分をクリックします。

エックスサーバー登録申し込みの流れ1

「サーバー新規お申し込み」というボタンをクリック。

エックスサーバー登録申し込みの流れ2

「エックスサーバーお申し込みフォーム」というページになり、「サーバーID(初期ドメイン)」などを決める画面になりますので好きなIDとプランを選択。

特に難しく考える必要はなくて、サーバーIDはアカウント名みたいなものと思っておいてOKです

エックスサーバー登録申し込みの流れ3

個人利用でWordPressという方のプランは「X10」で十分です。

MEMO

この初期ドメイン自体にWordPressを入れたりする事は可能ですが、移管などができませんし、サーバーの契約を解約するとこのドメインは使えなくなるので、制限付きのドメインという認識で良いです。

あくまでドメインではなくサーバーID(アカウント)と思っておいたらOKです。

自分で取得した独自ドメインは後から追加できます。

エックスサーバー申し込みフォームの入力

ここから必要事項の入力になります。

メールアドレス、氏名、住所、電話番号など必要事項を入力。

エックスサーバー登録申し込みの流れ4

必要事項を入力できたら一番下の「利用規約」にチェックを入れ、「お申し込み内容の確認」をクリック。

エックスサーバー登録申し込みの流れ5

最後に申し込みの確認画面になるので、間違いがなければ「お申し込みをする」をクリック。

エックスサーバー登録申し込みの流れ6

以上で申し込み登録は完了。

登録したメールアドレスにIDやパスワードが書かれた大事なメールが届きます。大事なメールなので絶対保存

エックスサーバー登録申し込みの流れ7

エックスサーバーの管理画面ログイン時の注意点

エックスサーバーには「インフォパネル」と「サーバーパネル」という2種類の管理画面があります。

■インフォパネル

インフォパネルは登録情報の確認・変更、ご利用期限の確認、料金のお支払い等ができます。

■サーバーパネル

サーバーパネルはサーバーの各種設定(メールアカウントの発行・ドメインの設定など)ができます。

それぞれでログインのパスワードなどが違いますので、メールに書かれているパスワードを間違えないようにしておきましょう

以上でエックスサーバーの申し込みは完了です。

MEMO

時々キャンペーンで初期費用が半額になったりする時もありますので申し込み前に最新の料金やスペックを確認しておいて下さい

エックスサーバー詳細ページ

エックスサーバーでの料金支払いの方法。お試し期間後の払い忘れに注意!

エックスサーバーでは10日間お試し期間があります。このお試し期間10日間の間に料金を支払わなければそのまま自動的に解約になります

この料金の支払いを忘れるとサーバーが使えなくなってしまい、サイトが表示されなったりしますので、忘れない内に料金の支払いをしておきましょう。

また、契約期間が終わるとさらに更新が必要になります。この次回の更新も忘れないように自動引き落としの設定もしておきます。

エックスサーバーの「インフォパネル」へログインします。

エックスサーバー

エックスサーバー料金の支払い方法と流れ1

インフォパネルにログインできたら左のサイドバーから「決済関連」という項目の「料金のお支払い」を選択。

エックスサーバー料金の支払い方法と流れ2

料金を支払うIDにチェックをいれて「更新期間」を選択し、「お支払い方法を選択する」をクリック。

エックスサーバー料金の支払い方法と流れ3

「銀行振込」「クレジット」「コンビニ」「ペイジー」の中からお好きな支払い方法を選択する事ができます。今回はクレジットを選択しました。

エックスサーバー料金の支払い方法と流れ4

料金を確認し、クレジットカードの情報を入力して「カードでのお支払い(確認)」をクリック。

エックスサーバー料金の支払い方法と流れ5
※今回私のは新規ではなくて更新なので初期費用が含まれてません。

最後に確認画面になるので、間違いがなければ「カードでのお支払い(確定)」をクリック。

以上で料金の支払いは完了です。

エックスサーバーへ

エックスサーバーで自動更新設定をしておく

レンタルサーバーの契約終了前にはサーバー側から通知のメールが来るのですが、更新を忘れてしまうと大変なので、できれば自動引落し設定をして自動更新されるように設定をしておくのがおすすめです。

無料お試し期間の場合は上記の手順で一度料金の支払いをしておきます。試用期間サーバーアカウントに対して、自動引き落とし設定はできませんので注意。

インフォパネルにログインして左のメニューから決済関連⇒「カード自動更新設定」で自動更新の設定ができます。

エックスサーバー料金の支払い方法と流れ6

「自動更新」の部分が「○」となっていればOK。

エックスサーバー料金の支払い方法と流れ7

以上でエックスサーバーの申し込みと料金支払い、自動更新(自動引き落し)の設定は完了です。

エックスサーバーへ

次回は取得した独自ドメインの設定をしてWordPressをインストールしていきます。

最終更新日:2018/07/17

コメントの反映には時間がかかる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。