エックスサーバーでのメールアカウント(メールアドレス)作成と使い方。Gmailで送受信する方法も紹介

エックスサーバーでメールアカウント作成してGmailで送受信する手順エックスサーバーの使い方

エックスサーバーでは独自ドメインを使ったオリジナルのメールアドレスが作成できます。

メールアカウント数は無制限で作成でき、メールボックスの容量は1~5,000MBの範囲で設定することができます。

今回はエックスサーバーでのメールアカウントの作成方法や作成したメールをGmailで送受信できるように設定する方法など紹介していきます。

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーでメールアカウント作成の手順

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログイン。

エックスサーバーへ

サーバーパネルの「メールアカウント設定」をクリック。

エックスサーバーメールアカウント作成方法2

自分のドメインが表示されるので選択。

エックスサーバーメールアカウント作成方法3

「メールアカウント追加」タブを選択して必要事項を入力して「確認画面へ進む」。

エックスサーバーメールアカウント作成方法4

  • メールアカウント名:好きなアドレス名をきめる
  • パスワード:メールアカウントログイン時に必要(後から変更できる
  • 容量:私は300MBにしてます(後から変更できる
  • コメント(特に必要なし)

確認画面になるので間違いなければ「追加する」をクリック。

エックスサーバーメールアカウント作成方法5

以上でメールアカウントの作成は完了です。

作成したメールアカウントの送受信ですが、エックスサーバーのWEBメールを利用して使っても良いですし、Gmailなどで送受信することも可能です(後で解説)

エックスサーバーで作成したメールはどこで操作できる?送受信や新規作成など

まずはエックスサーバーのWEBメール機能を使って送受信するやり方を紹介していきます。

下記ページからWEBメールページへログインできます。

■WEBメール ログインURL
https://www.xserver.ne.jp/login_mail.php

作成したメールアドレスとパスワードでログインできます。

エックスサーバーメールアカウント作成方法6

ログイン後に「WEBメール」をクリック。

エックスサーバーメールアカウント作成方法7

以下ページからメールの送受信や新規作成ができます。

エックスサーバーで作成したメールアカウントをGmail(Gメール)で送受信できるように設定する方法

Gmail

エックスサーバーで作成したメールアカウントはGmailにインポートして送受信や新規作成などができます。

エックスサーバーの「ホスト名」が必要になるので先に調べておきます。

手順1.エックスサーバーのホスト名を調べておく

エックスサーバーのサーバーパネルにログインして「サーバー情報」をクリック。

エックスサーバーメールをGメールにインポートする手順5

ここに書かれている「ホスト名(sv○○○○.xserver.jp)」の部分をコピーしておきます(後で使います)。

エックスサーバーメールをGメールにインポートする手順6

手順2.Gmailの設定でアカウントを追加する

Gmailへ移動します。

Gmailの「設定」⇒「すべての設定」をクリック。

エックスサーバーメールをGメールにインポートする手順1

「アカウントとインポート」⇒他のアカウントのメールを確認の「メール アカウントを追加する」をクリック。

エックスサーバーメールをGメールにインポートする手順2

エックスサーバーで作成したメールアドレスを入力。

エックスサーバーメールをGメールにインポートする手順3

「他のアカウントからメールを読み込む(POP3)」を選択して「次へ」をクリック。

エックスサーバーメールをGメールにインポートする手順4

↓下記画像を参考に入力して「アカウントを追加」をクリック。

エックスサーバーメールをGメールにインポートする手順7

  • ユーザー名:作成したメールアドレス
  • パスワード:メール作成時に決めたパスワード
  • POPサーバー:エックスサーバーで調べたホスト名(sv○○○○.xserver.jp)
  • ポート:995

「メール送信もできるようにしますか?」という画面になるので「はい」を選択して「次へ」。

エックスサーバーメールをGメールにインポートする手順8

名前(任意)の入力し、【エイリアスとして扱います】にはチェックを入れずに【次のステップ】をクリックしてください。

エックスサーバーメールをGメールにインポートする手順9

  • 名前:任意(差出人として受信者に表示される名前になる:後からでも変更可)
  • エイリアスとして扱います:チェックしない(Gmailで送受信をするが、他のメールアドレスとは独立して扱える)

以下画像のように設定して「アカウントを追加」。

  • SMTP サーバー:エックスサーバーで調べたホスト名(sv○○○○.xserver.jp)
  • ポート:465
  • ユーザー名:作成したメールアドレス
  • パスワード:メール作成時に決めたパスワード
  • SSL接続を選択

自分のメールアドレスを追加という画面になります。

エックスサーバーメールをGメールにインポートする手順14

Gmailに確認用のメールが届きます(エックスサーバーのWEBメールにも同じメールが届いてます)。届いたメールには確認用コードが書かれてますのでこれをコピー。

エックスサーバーメールをGメールにインポートする手順12
※Gmailには数分遅れて届くことがあります。

そして認証ページに貼り付けて「確認」をクリック。

エックスサーバーメールをGメールにインポートする手順13

以上で設定は完了です!

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

こちらの記事もおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました