【2021年版】ロリポップとエックスサーバーを比較!レンタルサーバーはどっちがおすすめ?

エックスサーバーとロリポップ比較WordPressブログ

今回はエックスサーバーとロリポップの比較をしていきます。

  • ロリポップとエックスサーバーで迷っている
  • どのように違うのかわからない
  • スペックの見方や比較の仕方がわからない

という方向けの記事にしていきます。

chisa
ロリポップの爆速の新プラン「ハイスピードプラン」と「スタンダードプラン」、エックスサーバーの「X10プラン」を比較していきます!

あくまで「個人利用」で「WordPressを利用する」という前提での紹介です。

結論先に書いておくと以下のようになります。

  • コスパ重視:ロリポップの「ハイスピードプラン」
  • 実績・安定感・安心感重視:エックスサーバーの「X10プラン」
MEMO

ロリポップの「ハイスピードプラン」は2020年8月5に登場した新プランです。

ハイスピードプランは表示速度も爆速なのに初期費用が無料で月額費用も手頃な価格となってます。

安く始めることができるのでこれから新しくロリポップのサーバーをご利用される方はハイスピードプラン一択で問題ありません。

■ロリポップハイスピードプラン詳細ページ
https://lolipop.jp/high-speed/

今すぐ決めたい方向けの比較

エックスサーバーの「X10」プラン、ロリポップの「スタンダード」「ハイスピードプラン」で比較していきますが、早くざっくり知りたいという方向けの表です。

 エックスサーバーロリポップ
ハイスピード
ロリポップ
スタンダード
表示スピードにじゅうまるにじゅうまるまる
初期費用さんかく
3,300円(税込)
にじゅうまる
無料
まる
1,650円(税込)
月額料金(税込)・12ヶ月:1,100円
・24ヶ月:1,045円
・36ヶ月:990円
・12ヶ月:825円
・24ヶ月:693円
・36ヶ月:550円
・12ヶ月:550円
・24ヶ月:550円
・36ヶ月:550円
備考スピード・安定感・安心感◎ロリポップの新定番
コスパ◎
必要十分なプラン
プラン詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る
chisa
初期費用や月額料金を考えたコスパで考えるとロリポップの「ハイスピードプラン」はかなりコスパの良いプランです。

エックスサーバーはレンタルサーバー業界では老舗(2003年~)です。その間大きなトラブルもなく運営できたというのは問題への対処やセキュリティーがしっかりしているという事ですので安心感は抜群です。サポート対応も◎なのもエックスサーバーの強みです。

■ロリポップがおすすめの人

  • 初心者でこれからWordPressを始める方
  • コスパ重視(費用を抑えたい方)

■エックスサーバーがおすすめの人

  • 収益化しているサイトをすでに持っている方
  • 高速・安心・安定の実績を重視する方
  • 長期で継続する自信のある方
MEMO

エックスサーバーもロリポップも現在キャンペーン中で安く始める事ができます。詳細は公式サイトで確認を。

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

■ロリポップ公式
https://lolipop.jp/

ロリポップとエックスサーバーは何を比較したらいい?チェックしておきたいスペック

それでは実際にちょっとスペックを比較してみましょう。

ディスク容量

  • ロリポップ「スタンダード」:200GB(SSD
  • ロリポップ「ハイスピード」:320GB(SSD
  • エックスサーバー「X10プラン」:300GB(SSD

最近はアイキャッチ画像など1記事でもたくさんの画像を使ったり、動画も使ったりするので、複数のサイトを管理する方などは容量は多い方が良いですが、どのプランも100GB以上あるので十分です。

※SSDはHDDに比べて、データを読み込んだり書き込んだりする速度が格段に速いのが特徴です

データベース(MySQL)の数

データベースはWordPressのサイトのを作成する時に必要になります。1つのデータベースでも複数のWordPressを管理できますが、負荷がかかるので、基本的に1つのデータベースに1つのWordPressが推奨です。

  • ロリポップ「スタンダードプラン」:50個
  • ロリポップ「ハイスピード」:無制限
  • エックスサーバー「X10プラン」:無制限

バックアップオプション

  • ロリポップ「スタンダードプラン」:有り(有料)
  • ロリポップ「ハイスピード」:有り(有料)
  • エックスサーバー「X10プラン」:有り(データベース無料)

電話サポート

  • ロリポップ「スタンダードプラン」:有り
  • ロリポップ「ハイスピード」:有り
  • エックスサーバー「X10プラン」:有り

※2016/03/01よりロリポップのスタンダードプランには電話サポートが追加されました。

サーバーの転送量

転送量はサイトを閲覧する時にサーバ側から、送られるデータの量で、サーバーとユーザーとの間に、転送できるデータ量の上限。

要はアクセス数が多いと転送量も多くなるのですが、あまりに集中するとサーバー側に負担がかかるため、転送量の上限が設定されてます。

ただ、レンタルサーバーなどの「共用サーバー」は、1サーバーを複数の運営者が共有することになるので、この数字にそれほど大きな意味はありません

ロリポップもエックスサーバーどちらも十分という感じです。

  • ロリポップ「スタンダードプラン」:700GB/日
  • ロリポップ「ハイスピード」:900GB/日
  • エックスサーバー「X10プラン」:600GB/日

エックスサーバーとロリポップで表示速度はどっちが早い?

サイトの表示速度は非常に重要です。

サイト表示が2秒遅いだけで直帰率は50%増加すると言われてますので、サイトの表示速度はできるだけ早い方が良いです

さて、サーバーのソフトウェアとして有名なのが「Apache」ですが、これを採用しているのがロリポップの「スタンダードプラン」です。

エックスサーバーは「Nginx(エンジンエックス)」というのを採用してます。

そもそもApacheが処理しきれない同時の大量アクセスを処理できるようなWebサーバーを作ろうと開発されたのが「nginx」です。

エックスサーバーエンジンエックス
参考:エックスサーバー

で、Apacheやnginxからさらに進化した「LiteSpeed(ライトスピード)」が第四のWebサーバーと言われてます。

litespeed速度
参考:JETBOY

「LiteSpeed」を採用しているのがmixhost、JETBOY、ロリポップ「ハイスピードプラン」など。

という事でサーバーが高負荷でも一定の速度を保つ、安定性と耐久性、レスポンス的にはApache < nginx < LiteSpeedという感じでイメージしてもらってOKです

ちなみにエックスサーバーの場合は独自開発のサイト高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」や「ブラウザキャッシュ設定」「mod_pagespeed設定」など設定画面にオンにするだけでサイトの高速化が完了しますので初心者でも簡単に高速化できます。

エックスサーバー高速化

という事で表示速度にこだわるのであればロリポップの「ハイスピードプラン」もしくはエックスサーバーの「X10」がおすすめです。

エックスサーバーとロリポップの料金とスペック比較

どちらも料金とは別に最初だけ初期費用がかかります。

初期費用、月額料金、上記紹介したスペックもまとめて表にしてみました。長期契約だと安くなります。

※ロリポップにはさらに複数のプランがあります。

 エックスサーバーロリポップ
ハイスピード
ロリポップ
スタンダード
表示スピードにじゅうまるにじゅうまるまる
初期費用さんかく
3,300円(税込)
にじゅうまる
無料
まる
1,650円(税込)
月額料金(税込)・12ヶ月:1,100円
・24ヶ月:1,045円
・36ヶ月:990円
・12ヶ月:825円
・24ヶ月:693円
・36ヶ月:550円
・12ヶ月:550円
・24ヶ月:550円
・36ヶ月:550円
備考スピード・安定感・安心感◎ロリポップの新定番
コスパ◎
必要十分なプラン
プラン詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

月額でみるとロリポップがエックスサーバーの半額くらいになりますので料金的にはロリポップがかなり安いです

費用や料金を重視ならコスパの良い「ロリポップ」

ロリポップ

利用者実績170万人のロリポップはコスパもよく、マニュアルが充実してるのでこれからWordPressを始める初心者の方には最適。

私自身WordPressはロリポップでスタートしてサイトが大きくなってからエックスサーバーへ引っ越しをしました(当時はハイスピードプランもなかったので)。

最初はブログからの収益もないので、できるだけコスパの良いサーバーは本当に助かります。

ロリポップでスタートすれば料金は初期費用、月額料金ともエックスサーバーの半額以下で運営できます

ロリポップにも色々なプランがありますが、初期費用が無料、爆速で安く始める事ができる「ハイスピードプラン」がコスパ良いです。

エックスサーバーと比べれば費用は半額くらいになりますし、マニュアルも充実してますので初心者の方はまずロリポップで始めるのもおすすめです。

ロリポップは無料のお試し期間が10日間。

■ロリポップ
https://lolipop.jp/

安心・安定感重視なら「エックスサーバー」。クイックスタート機能で初心者でも簡単に始められる

エックスサーバー

サーバー選びで大事なのはトラブルなく使えるサーバーです。

サーバーで恐ろしいのはサーバーの障害でサイトに長時間アクセスできないとか、データの改ざん、乗っ取り、最悪なのはデータの消滅です。

大きな障害もなく、セキュリティー面でも安心できるサーバーがサーバー選びでは重要な条件になります

その点、エックスサーバーは2003年からサービスが開始しており、レンタルサーバー業界では老舗です。

その間大きなトラブルもなく運営できたというのは問題への対処やセキュリティーがしっかりしているという実績になります。

追記:エックスサーバーではクイックスタート機能が提供されてWordPressを簡単に始められるようになった

初心者でも簡単にエックスサーバーでWordPressを始める手順【WordPressクイックスタート】

2020年4月より初心者でも簡単!わずか1分の手続きで独自ドメイン&SSL対応のWordPressブログを始められる「WordPressクイックスタート」の提供が開始されました

これまでWordPressを始める場合には以下のような手順が必要でした。

  • レンタルサーバーへの申込み
  • ドメインの取得
  • ドメインの設定やDNSの設定
  • WordPressのインストール
  • SSL設定

今回提供開始された「WordPressクイックスタート」であれば上記の5つの工程がほぼ省略する事ができるので、初心者の方でも迷う部分がありません。とっても簡単!

という事で

「WordPress始めたいけどドメインの設定とかSSLの設定とか難しいことは分からない!」

という方はエックスサーバーの「クイックスタート機能」がおすすめです。

関連初心者でも簡単にエックスサーバーでWordPressブログを始める全手順【WordPressクイックスタート】

  • 難しい事は飛ばしてすぐにWordPressを始めたい
  • アクセス増大によるサイトダウンを防ぎたい
  • Webサイトの表示速度をもっと速くしたい
  • サポートの返答が早いサービスを利用したい
  • 手軽にサイトセキュリティを向上させたい
  • サーバーの引越しなど気にせずサイト運営に集中したい

という方は最初からエックスサーバーがおすすめです。

プランが「X10」「X20」「X30」とありますが、個人の利用であれば「X10プラン」で十分です。

■エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

最後に再度料金とスペックの比較

 エックスサーバーロリポップ
ハイスピード
ロリポップ
スタンダード
表示スピードにじゅうまるにじゅうまるまる
初期費用さんかく
3,300円(税込)
にじゅうまる
無料
まる
1,650円(税込)
月額料金(税込)・12ヶ月:1,100円
・24ヶ月:1,045円
・36ヶ月:990円
・12ヶ月:825円
・24ヶ月:693円
・36ヶ月:550円
・12ヶ月:550円
・24ヶ月:550円
・36ヶ月:550円
備考スピード・安定感・安心感◎ロリポップの新定番
コスパ◎
必要十分なプラン
プラン詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ロリポップ
https://lolipop.jp/

エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

以上エックスサーバーとロリポップの比較でした。

エックスサーバーやロリポップの使い方まとめページはこちら

コメント

  1. pyon より:

    わかりやすいです。参考になりました。
    ピンポイントで ロリポップ vs XServerで悩んでいました。
    無料版のXFreeServerが使いやすかったのですが、費用的にはロリポップ最強、性能ではXServerといったところですね。

  2. ふる蔵 より:

    感謝感激アメアラレです!

    むちゃくちゃ分かりやすいです!
    助かりました!

    自分は初心者なので、勉強として1年間はロリポップを使います。

    今後もこちらの記事を参考にさせてもらいます!!

  3. しげぞう より:

    らら様

    コメントありがとうございます。1契約で複数のドメインを運営してます。ただ、今後はは手持ちのサイトをエックスサーバーへ移行するつもりです。

  4. らら より:

    しげぞうさま

    たびたびすみません。
    しげぞうさまのおっしゃる「手持ちのいくつかのサイトをスタンダードプランで運用」というのは、1契約でで複数サイトを運用しているということでしょうか?
    それとも、サイトの数だけスタンダードプランを契約しているということでしょうか。

    スタンダードプランを新規に契約しようとしたのですが、もしかして、1契約で複数ドメインを運用していらっしゃるのだろうかと思って質問させていただきました。

  5. らら より:

    しげぞうさま

    早速のお返事ありがとうございました。
    調べてみたところ、アクセスが多かった年末時期でも1.2GBだったので、100GB/日の上限が気になる日は遠そうです。

    現状、3~5万のブログ収入が10万くらいになれば助かるかなぁという程度なので、ロリポップでもよさそうですね。
    サーバー移転が気になるくらい人が多くなれば、それはそれでありがたいことなので、その時にはまた考えてみます。

  6. しげぞう より:

    らら様

    コメントありがとうございます。私も手持ちの幾つかのサイトをスタンダードプラン(旧チカッパ)で運用してます。
    短い時間に一気にアクセスが集中するような場合はちょっと負荷がかかるかもしれませんが、それでもかなり余裕はあると思います。

    というか、私の場合ですが、今後は手持ちのサイトをエックスサーバーへ全て移動しようかと思っております。ロリポップでも特に問題はないんですが、今後全てのサイトのSSL化をしようと思ってます。

    エックスサーバーでSSL化する場合には無料で、しかも簡単で更新の手間などがないのが魅力ですので、多少サーバー料金がアップしてもいいかと思ってます。ただ、サーバーの移転は結構しんどいのでまだ手付かずです(^^)

    一度転送量など調べてみてもいいかも。
    ⇒https://affiliate150.com/transferred-data

  7. らら より:

    しげぞうさん

    こんにちは。
    今、ロリポップの旧チカッパプラン利用で、一日のページビューが2,000程度です。
    このレベルでは、全く不自由を感じないのですが、どのくらいから移転を考えるレベルになるのでしょうか?

    上記は雑記ブログで、もう一つジャンルを絞ったサイトを立ち上げようと思っています。
    3~5倍程度の集客が目標なのですが、ロリポップでスタートするかどうか悩んでいます。

  8. しげぞう より:

    たぬきのままさん様

    コメントありがとうございます。表示速度が遅いのはサーバーのせいだけではありません、「使っているプラグイン」とか、「貼り付けている広告」、それから「表示するページに使っている画像が多い」だけでも結構表示速度が遅くなります。キャッシュ系のプラグインなども外したら速度が上がる場合もあります。

    画像、広告、プラグインなどで無駄な部分を省く事ができれば表示速度が遅く感じる事ってあまりありません。それでもどうしても気になるという場合にエックスサーバーへの移行を考えてみると良いと思います。その間に引っ越しに必要な知識をすこしずつ勉強してみても良いと思います。

    私もロリポップでの期間が結構長かったですし、今でも新規サイトはロリポップから作ってて、ある程度育ったのちに必要であればエックスサーバーへ移行させる感じにしてます。もちろんそのままロリポップに残しているサイトもかなり多いです。サーバーの移行やそのままロリポップでも検索順位などに大きく影響した事も今の所ありません。

  9. たぬきのままさん より:

    はじめまして。

    ロリポップでWordPress作っていたところ、表示が遅く契約更新もあるのでエックスサーバーに切り替えようと奮闘し始めたところ、このページを見つけました。
    引っ越しするのにかかる負担もありますが、勉強がてらにもなるとは思いながら調べているだけで出来るのか不安になっていました。SEO対策なども含めて、、、

    ですが、この記事を読みもう一度確認したらロリポップのプランが「ライト」だったことを知り、スタンダートに次からは移行することにしました。

    まだプランの移行前で何も変わったことはないのですが、この記事でスッキリしています。
    良い記事を掲載して頂きましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました